緑のカーテンの結末

我が家では夏は日よけにゴーヤ、キュウリなどの緑のカーテンを毎年つくっていることを以前報告しました。今年はキュウリを中心に、ゴーヤ、ナス、トマトを植えて、ここ数年来の連作障害を乗り越え成長が著しく、実(み)が沢山なりそうで真夏に向けて楽しみだとこのブログで書いたのですが、晩夏の今、その結果を報告したいと思います。

結論から申しますと、今年もまたト、ホ、ホ、という結果になってしまいました。(笑)残念。最初は良かったのです。いつもキュウリやゴーヤを植えている場所にナスとブロッコリーを植えたところ、発育がよく大きく育ち、隣のトマトも実(み)が7月には2つなって今年はいけるんじゃないかと思っていた矢先、そのトマトが何者かにおしっこをかけられるという事件が発生しました。そしてそのトマトもある日もぎ取られて無くなっていたのです!

何という事だ!我が家のトマトにおしっこをかける奴がいるとは。しかも真昼間に!さらにはそのトマトが無くなっているではないか!事件は闇から闇に流れていったのです。こうなるとこのトマトに水を与えても仕方がありません。トマトに水を与えなくなりました。

次にキュウリがどんどん枯れていくのです!最初2本くらい食べたのですが、その後できたキュウリは何か曲がったりして歪(いびつ)な形をしたものばかりで色も薄く、よくよく見ると虫が実(み)や葉っぱにウジャウジャついているではありませんか!もはやこれまで、キュウリはお盆すぎには茎の天辺(てっぺん)まで枯れてしまいました。。

ゴーヤ1本だけが寂し気に屋根の上まで伸びています。しかしそのゴーヤも今年は実は実(み)が一つもなりませんで、毎年ゴーヤチャンプルーつくって食べていたのに、悲しい結果となってしまいました。

ブロッコリーも今年はじめて植えてみたのですが、どこが実(み)になっているのかよくわからなくて・・・(笑)、いまだに大きく育っているのですがもう収拾がつきません。(笑)

最後の頼みの綱がナスなのです。ナスが元気なのです。実(み)をこれまで3~4つ食べました。麻婆ナスをつくってもらいました~!(笑)しかも今現在、新しい実(み)がいくつもできているではないか!多少皮が硬かったりもするのですが、我が家で採れたものはなんでもオイシ~イ。枯葉に囲まれた我が家ですが、ナスが全部収穫されるまでもう少しこの枯葉のカーテンを続けようと思っています。やっぱり

秋ナスの季節だな。

音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA