延々(えんえん)ギターソロのすすめ

先日、とあるところに自分のオリジナルCDを売りに行った。そこで最近の若者はギターソロを飛ばして聴くらしいという話で盛り上がったのだが、昨日の新聞かなんかでもガンズ・アンド・ローゼズのギタリストのスラッシュがそのことについて語っていて、そんなこと気にしてたら何もできないよ、自分はただ単に大音量でがむしゃらに弾くのが気持ちいいからやっているだけだみたいなことを話していた。

ガンズ・アンド・ローゼズか~!なつかしいなと思いつつ、実はそんなにガンズを聴いたことも無くて、自分はもっと古い世代で、確か歪(ひず)んだギターを弾きまくってた90年代に人気のあったバンドだったかな~?程度にしか知らないのであった。

時代はもうロックなんてものは古臭いものだと言わんばかりで、自分ももう何十年も聴いてはいないのだが、自分が若い頃はロックが全盛と言おうか、全盛の割には周りはみんな歌謡曲やフォークソングを聴いていて、エレキギターを持とうなら、やっぱりちょっとコイツ不良なのかもしれないと思われるふしもあったりして、日本にはたしてそんなロックなんていう音楽文化なんてあったのかな?と不思議に思ったりもするのである。(笑)

なんだか知らないうちに、芸能人やアイドルがエレキギター弾きながら歌い始めて、これがロックと言っていいのかどうか?最近ではコロナ禍前の夏のたくさん催されるロックフェスティバルでは若者が何万人も集まるらしいが、これがロックなのか何なのかオジサンにとってみればよくわからないのであった。(笑)

映画やドラマも、今の若い世代は早送りで見てあらすじだけを追ったりするらしいと、CDを買ってくれたお客さん相手に同じような話ネタをふったりして盛り上がったのだが、本心は、スマホでユーチューブやストリーミングサービスで音楽を聴くようになった若者がギターソロを飛ばすのは今に始まった話ではなくて、昔から自分も若い時は長々としたギターソロはよく飛ばしたもので、テープを”きゅるきゅるきゅる~”と早送りするのがすごく面倒臭いのだが、デジタルだとその手間が省けて便利なだけだという話なのではなかろうかと思っている。(笑)

ほとんどの若者はデジタルで今までにないサービスを体験している気でいるのだろうが、オジサンから見ればただの流行りを追っているだけで、今のデジタルサービスはなんでも最初無料にしたがるが、昔の通販なんかも初めは無料のサンプルを配って、気に入ってくれたお客様を相手に商売をしていたわけで、ユーチューブもストリーミングサービスもそのビジネスモデルがデジタルに変わっただけでなにも目新しいとは思えなかったりもする。

ただ、今のヒット曲の傾向と言ったら、そうしたギターソロが入っている曲が無くなって来ているそうで、やはり昔のテープを”きゅるきゅるきゅる~”早送りする時間が無くなった分だけ、時代はせっかちになっているのかもしれない。(笑)

そんな若い内からせっかちに生きてどうするんだ?と思ってしまうのだが、若者もそうした自分たちの感じ方がどこかおかしいと思ったのか、アナログレコードがまた復活しているというのだから不思議なものだ。

だいたいもう流行歌という考え方は、ロックをはじめとしてみんな同じ作り方になってしまっていて面白くない。売れれば天下なのだろうが、今の世の中そんな音楽で天下なんてとれっこない。天下をとろうと考えている奴らはみんなネットビジネスに向かっているので、音楽はもっと自由にやればいいのだ!と思ったりもするのだが、誰か耳を貸す人間もいやしないしな。(笑)

とりあえず、聴く人間のことも考えず、今の音楽マーケティングからは完全に外れてしまっている、歪(ひず)んだエレキギターを延々ギトギトと弾きまくっている曲がある。「太陽」という唄だ。若者からは”かっこわる~”(笑)とギターソロをスキップされてしまうのだろうが、自分の中では自身の傑作の内のひとつだと思っていて、今でも自分で聴いて楽しんでいる。自分の頭の中には、これだけギターソロの時間が必要だった。

この唄を聴いて、気に入ってくれればとても嬉しい。若者よ、寄り道をしろ!人生回り道があるからこそ楽しいのだ。

「太陽」ライヴ

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA