真夏の日本語レゲエ

今日も暑い。若い頃は夏によくレゲエを聴いた。レゲエを聴いたというかボブ・マーレーをよく聴いたと言った方がいいかもしれない。レゲエといえばトロピカルなイメージがあるが、歌詞は政治的な意味合いのものも結構あったりしてそんなビーチで聴くような音楽ではないと昔は評論家の人達は物知(ものし)り顔風に言っていたが、やっぱり暑くなるとレゲエが聴きたくなる。雪が降ってる寒い中では聴きたくない。(笑)

だって暑い国で生まれた音楽なんだから、歌詞がどうあろうと暑い時に聴きたくなるというのが筋(すじ)ってものだ。

レゲエというと若い頃ロックばかり聴いてた時期から黒人音楽にどっぷりとハマっていくちょうど過渡期に聴いた音楽だった。バンドでボブ・マーレーの有名な「ノーウーマンノークライ」という曲をやったりして、全然黒くならないので、真似(まね)るよりも、自分にあった身の丈(たけ)の自身の曲を創って唄った方がいいのだとその時感じて今に至っているような気がする。

ただヒップホップが流行って以来、押され気味でなんだか最近あまり街中でも聴くことがなくなってしまった。ボブ・マーレーのように有名な人が出てこなかったというのもあるのかもしれない。

彼の有名曲をいくらコピーしても全然本物っぽくならないので、自分のオリジナル曲でレゲエ調の曲をなんとか創れないかとずっと思っていてできた曲が「立ちっぱなし」という唄だ。

夏の暑い時期に、通りゆく車に排気ガスをかけられ”バカヤロー!”と叫んだかいもなく、無視され車は行ってしまう。虫っけらのような人生だがこんな人生にも意味があるんだよ!(笑)と、要約するとこんな感じの歌詞で笑ってしまうがちゃんとした立派な日本語のレゲエだと思っている。

今度の金曜日のライブで久しぶりにやってみるか?

夜になっても鳴りやまない蝉(せみ)しぐれが聞こえるビルの片隅(かたすみ)。裸足(はだし)で歩くには火傷(やけど)しそうなほど熱くなってるアスファルト。涼むためだけに意味もなく街をぶらつく若者達。みんなどこか暑さでイ・カ・レ・テ・ル。

真夏の熱帯夜。1曲だけだがレゲエを聴きに来ませんか?

8/9(金)夜8時より 大久保水族館 1ドリンク付き 料金1500円(本来お店の料金は1000円です。500円は私専用のミュージックチャージです。来ていただいた場合は500円、私、YUKIO本人に手渡してください。ご了解の上ご来店ください。)音楽配信

歪(ひず)み系ギタリスト

自分の曲で「太陽」という唄があります。4つ目の作品のタイトルにもしてまして私にとっては非常に重要な曲です。歌詞の内容は8月今の季節の炎天下の太陽の下、”逃げ出すことはできないんだ~!ボクはキミの言うこと従うよ~!一人が嫌なら手をつなげ~!孤独が嫌なら手をつなげ~!”と独白し、(笑)”太陽は昇っていく~すべてを照らし~”と熱唱、(笑)最後、”灼熱の地獄をくぐり抜け、燃えろ~!燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトするもので、(笑)とても熱いものとなっております。

太陽も暑いし、気持ちも熱いというダブルの熱でこんな熱い曲はないんじゃないかと自画自賛(じがじさん)なんかしたりはしませんが、(笑)とてもホットな曲です。

この夏の太陽の暑さを表現するために、”燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトしたあと延々(えんえん)と歪(ひず)み系エフェクターを使ったギターソロが続くことになってます。(笑)

今時(いまどき)ギターを歪(ひず)ませてどうするんだ?時代はクリーントーンだと言ってるのに馬鹿かお前は?と言われてしまいそうですが、いいんです。歪(ひず)みが頭に聞こえてくるのです。時代なんて関係ないんです。歪(ひず)ませたいんです。

この歪(ひず)みを出すために録音した作品では音楽制作ソフトに入っているプラグインを使っているのですが、ライブで演奏するにはパソコンを持って行ってそれをギターのエフェクター代わりにするわけにもいかず、仕方がないので歪(ひず)み系のエフェクターを一つ買うことにしました。その時のお話をしたいと思います。

中野の〇I〇I(丸井)の隣の小さいビルの5階か6階に実は歪(ひず)み系専門のエフェクター屋さんがありまして、そこで今回上の画像のエフェクターを買ったのでした。お店の名前もそのまま「ヒズミ屋」。さすがに東京じゃないとこんな専門店お目にかかれはしないだろうと発見した時は思わず笑ってしまいました。

「ヒズミ屋」さんに入店すると、専門店だけあって所狭しと棚にエフェクターが飾ってあり、ざっとみたところ200~300くらい置いてあるのではなかろうかといった感じで、これすべて試し弾きするのも大変だと思い最初に価格帯を1.5万~3万のものに絞(しぼ)って、ギターを借りて弾いてみました。

それでも50台くらいありまして、50台の中から1台をなかなか選べないだろうと思い、2台ずつ弾き比べ感触の良かった方を残すというトーナメント方式の勝ち抜き戦にして順次試し弾きしていきました。女の子の店員さんも大変だったろうな。(笑)

汗をかきつつ何時間くらい試し弾きしたでしょうか?最後3つ残りまして、どれにしようか迷ったのですが、結局今回のエフェクターにしたのです。ブルーファズという商品らしく、あまり有名なものでもないみたいで、音楽ソフトのプラグインではディストーションを使っていてディストーションを買いに来たはずなのに、なぜか?どういうわけか?ファズになってしまった。

ファズといえばジミ・ヘンドリクッスなのでしょうけど、、、そのジミヘンが使っていたという有名なファズも弾かせてもらったのですが余りにクセが強くてこれは駄目だと思い辞退しました。気づくと外はもう暗くなってて急いで家に帰って夕食をとった思い出があります。

何時間もかけて選んだかいもあって、今も「太陽」を演奏する時は必ずこのエフェクターを使って延々(えんえん)ギターソロをとってます。

私は歪(ひず)み系ギタリストなのです。(笑)

いつもライブの最後に弾きまくるのですが、この「太陽」のイントロがかかり出すと、”ディープパープル~。”とか”パープルだ、パープルだ~、”とかチャチャを入れられたりします。これは馬鹿にされているのでしょうか?それとも誉(ほ)め言葉なのでしょうか?

気にせず今月もライブやります。8/9(金)夜8時より大久保水族館 料金1500円(本来お店の料金は1ドリンク付き1000円です。500円はYUKIO音楽チャージ料金として私本人にお渡しください。ご理解の上ご来店ください。)

ただ今回はこの曲やりません。次回やります。やりませんがおもしろい曲たくさんやってますよ!お待ち申し上げております。音楽配信

ボクの音楽作品

これまで4つ音楽作品をつくって来たのですが、なかなか売れず悔しい思いをしてきました。普通はここまで相手にされないととっくの昔に音楽を止めているのでしょうけれど、なぜか自分の方が世の中の大半よりいい曲をつくっているという気持ちが心の奥底にマグマのように渦巻いていてどうしようもありません。笑ってください。(笑)

たぶんこのまま、どこぞの馬の骨として死んでいくのでしょうけど後悔だけはしたくありません。頭にある音を全部外にはきだして野垂れ死にするのであれば本望だと思ってます。

じつは5つめの作品がもう出来ていてはやく表に出したいのですが、曲以外もすべて自分一人でやっているので前に進みません。今回の作品は前4つの作品からこぼれ落ちた曲と多少齢(とし)をとってからの曲を混ぜたものになっていて、そんなに難しい感じにはなっていません。

前2つは自分では渾身の作品だと思っているのですが、大手CDチェーン店で置いてもらう事すらもできず、であれば別にCDにしなくて配信だけでもいいのではないかと思ったりもして、音楽配信といってもストリーミングだとほとんどお金にならないし・・・、ダウンロードだけにしようかそれとも今の時代やはりストリーミングサービスは無視できないから併用にしようか?とか悩んでます。

ホームページも自分でつくっているので、5つ目の作品のページをあたらしく制作して追加しないといけないのですが、このブログを書いたりユーチューブの動画を作ったりしたりなんかしてなかなかそれすらも思うように進んでいかない。

本当は唄をつくって唄ってたいだけなのに、ミックスやってマスタリングやってジャケットつくらなければいけないし、音楽配信の手配もしなければいけない、ホームページに新しいページをつくって、ブログ更新して、ユーチューブ動画編集して、購買に直結するランディングページをつくらないといけない。そのうちライブの日が近くなってきて多少ギター弾いたりして練習して・・・。

フェイスブックやツイッターにどうでもいいことつぶやかなければいけないし、インスタもそういえば随分投稿していない。本当はこんなことどうでもいいんだ・・・。

唄を唄ってたいだけ。ただ、それだけ。

それだけのためにがんばる!遅々として進んでいかないけど、ひとつひとつ目の前のものをこなすしかないんだ。音楽配信

音楽になりたい

動画を多少、知恵を使って編集するようになりました。前はライブ模様を安い音楽ビデオカメラで撮ってただアップするだけだったのですが、その動画に無料のイメージ動画をダウンロードして挟(はさ)むようにしてみました。しかし全然アクセスが伸びません。(笑)

大体、この安い音楽ビデオカメラが腹が立つ。音は良いのだが画面をズームにできないんです。こんなことありか!ズームにできないので三脚をボーカルマイク直前まで持ってきて撮影する始末。私を観てくれるお客さんにとってみれば邪魔で仕方がないのですが、基本お客さんがいないので勝手に三脚立てて唄ってます。

先日のライブではとうとう”何か三脚が入って来るお客さんの邪魔になりそう?”とかいろいろ言われてしまいました。ただ音は良いんです。音は。こんな感じで試行錯誤してやっております。

「音楽になりたい」というピアノ弾き語りのライブをユーチューブにアップしたのですけれど誰も見てくれないので、今回は自己解説したいと思います。難しい音楽用語が出てきますが、楽器をやっている方は多少参考程度に、やってない方は適当に飛ばしてください。基本、音楽は好きか嫌いかですから。

尖(とん)がった曲さんざん創ってますが、この「音楽になりたい」は私の唄ものの中で一番尖(とん)がり過ぎた曲となっております。この曲をやるとだいたい反応がない。(笑)なにか違う世界の音を聴いているような反応になっちゃって、さんざん私を悩ませて来た曲なのですが、無茶苦茶なことをやろうと思っているわけではなく、ちゃんと私の中では整理がついている曲なのです。それをお話したいと思います。

この曲の最大の特長はリズムで、アクセントが1拍3泊にあります。今のこの世のポピュラー音楽の大部分を占めると思われる2拍4拍のアフタービートではございません。前拍のリズムというのはレゲエもそうだと思いますが、レゲエとは微妙に違っています。なぜかというとこの曲をレゲエにしようと思ったこともあったのですが断念した経緯もありまして、テンションコードがたくさん入っているのでレゲエにはならないのです。もっと日本的な叙情性みたいなものがあります。

キーはEで、前奏EからAへ、そして次からわけのわからないコードが3つ出てきて唄へ、面倒臭いんでここは端折(はしょ)って、唄部分もEからAそしてわけのわからないコードがきます。このわけのわからないコードとは、ルートがD(レ)なのですけど、レ、ソ、シ、ミとなってまして1.4.7.9となります。1.4.7.9といったらなにかといいますと、4度で重なってるとも言えますし、Dsus4 7thの5度を省略して9を入れたものとも考えられます。ここではベースがルートから5度に行ってるのでDsus4 7thの5度省略なのだと思いました。なんでそう弾かないんだと言われれば、そう聞こえて来なかったんだとしかいいようがありません。

ドミナントのB7のsus4に行って、そこからなんと半音キーが上がってFになります。いきなりFに行くのではなくC#、D#、Fmaj7と行きます。Fmaj7とB♭maj7が繰り返されてAm7、D7と行ってそこから間奏Edimに行きまたまた半音上がってFdimに行ってキーEの唄に戻ります。無茶苦茶だな。(笑)

2回繰り返して、最後4和音Emaj7、Amaj7、Dsus4,F#sus4と行って最後なんとBaugに行って全音のスケールを使って終わってます。

呆れるくらい無茶苦茶なんですけど、私の頭の中では綺麗に整理がついていてなんでそんなに白い目で見られるのかがわかりません。

こんな曲もあるのですよ・・・。ちまたに流行っている音楽ばかりが音楽じゃないんですよ・・・。たまには違う唄を聴いてみませんか?なにか新しい発見があるかもしれませんよ・・・。最初の10秒くらいは聴いてみませんか・・・?

だんだん弱気になってきた。せっかく動画作ったのでお時間あれば見てください。自分としては世界のどこにもないいい曲だと思っております。本当はこの曲のバンドバージョンつくりたいのですが、生きてないかもね。(笑)音楽配信