ご無沙汰(ぶさた)しております。1週間以上このブログをほったらかしにして何をしていたかを申し上げなければなりません。

コロナ騒動が始まってからというもの、家でまず録音してあった昔のボツにしたあるいは歳をとってから創った曲のミックス・マスタリング作業をしていました。何十曲かあって結構膨大な作業なのですが、それを終了した後は今度は若い頃ギターとピアノ弾き語りでしか演奏してなかった曲、25~26曲のバンド化作業に取りかかりドラム、ベースのリズム入れを終了し必要な鍵盤の音をmidi接続で入れて録音し、今はギターをああでもないこうでもないとどのように入れるか模索していたのでした。

一方ここ最近の、、、最近といっても10年くらいなのですが、、、アイデアが浮かんだ曲をまとめる作業も毎週末に公民館のピアノ室に通ったりなんかしてかなり進んで来た実感があります。

お金にならない作業をこれだけ時間をかけてやっている大人もなかなかいないだろうと思ってしまうのですが自分にとってはこれでいいのです。悔いはありません。

コロナ禍前の1年前まではここまで作業がはかどるとは思ってもみませんでした。たぶんやり残した作業がたくさんある内に死んでいくのだろうと考えていたのですが、人生とはわからないもので意外に自分が思い描いた音楽をすべて脳ミソから解き放って表(おもて)に出してから死んでいける可能性も出てきたような気がします。(笑)

ライブをやらなくなったり、井の頭公園で唄わなくなったりしたことも大きいのかもしれません。ライブ前何日かは練習で時間をとられたり、井の頭公園で唄えば休日が丸1日つぶれたりする感じだったのですが、今は家の中で唄の創作作業に何も考えずに没頭できるのです。

唄を創作するにはまずアイデアが必要で、アイデアが思い浮かんだ後それに従って肉付け作業に移って行くのですが、アイデアが浮かんだ時点から冷酷にと言うかアッと言う間に時間が過ぎ去っていくのです。アイデアだけが頭の中にあって肉付け作業のどこかが間違っていると頓挫なんかしたりして上手くいかないことなどしょっちゅうでアイデアだけが頭の中に溜まって行ったりして、時間が頭の中でずれてしまっている感覚、、、それがこれまでの自分のような気がします。

できれば唄が思いつけばその時点ですべて創りつくしたいのです。別にたくさんの曲を溜めて後で小出しにするつもりなんかは無くて、そうした状況が整わないので仕方がないと思っていたのですが、コロナ禍の中で思いもよらない自由になる時間ができて自分の唄のアイデアの数分(かずぶん)だけの現実の肉付け作業も追いつき始めた状況になって来ました。

なんとかこの調子で数年の内にすべての曲をまとめ上げたいと思っているのですが、そんな簡単にはいかない。時間はやはりかかる。しかしながら少しは光が見えて来た感じもしないでもありません。頭の中にあるすべての唄を外に解き放ってみたい!現実はどうなるかわかりませんが、何にも無くなった頭の中には次(つぎ)どんな唄が生まれて来るのでしょうか?その唄を生きている間(あいだ)に自分は目にすることができるのでしょうか?

このブログを書いている間も常に時間は過ぎ去って行きます。人間は未来を見ることはできないし過去を懐かしむだけです。今を生きるしかありません。

こう考えると、”今”ほど不思議なものは無いのかもしれませんネ。(笑)

音楽配信 

「今」 月6曲目 聴いてみませんか?

2拍3連のリズム「雨のハイウェイ」

自分は譜面が読めない。今までさんざん偉そうなこと書いて来ておきながら実は譜面が読めないのだ。(笑)ライブで譜面台をいつも立てて唄っているのだが、それは譜面を見ているわけではなくて歌詞が憶えられないからだ。格好つけてるわけではない。(笑)では、どうやって音楽を創って来たんだ~!?と言われるかもしれないが、譜面が読めなくても誰でも音楽は創れる。絶対音感が無くても音楽が聞こえて来れば唄える!こんなこと言ってるから誰にも相手にされないのかもしれない。(笑)音楽を教えられたことがないので譜面は読めないのだが、時間をかけて音譜をたどればなんとなくわかるのだ。それで十分だと思っている。音符がその人の音楽を表すのではない。

ただ、もし自分が細かい譜面が書けるのであれば、自分のオリジナル曲の譜面は意外に難しいものになるかもしれないと思っている。リズムに関しては特に。今回はそのリズムに焦点を当てた曲を紹介しようと思う。

「雨のハイウエイ」という曲でピアノの弾き語りの作品に入っている。他の曲に無い、この曲だけの特長というのは2拍3連のリズムで弾いているということだ。左手のベースを拍でカウントし、右手コードを3連符で叩いている。2と3の最小公倍数6を2拍で割ると1拍3連になり、よくブルースなどであるハネたリズムになるのだが単純でそんなに難しくない。しかし2拍3連となると左手2拍叩く間に右手に3連符を入れなくてはいけなくなる。4や8の偶数を2で割るのは簡単だが、3という奇数だと割り切れないのと一緒で難しいのだ。

自分のこの曲だけではなくて2拍3連の曲というのは他にもいろいろとあって、ネットで検索してみるとビートルズがやっていたり日本ではオフコースの小田さんのヒット曲もそうだという。しかしこうした曲とこの「雨のハイウエィ」という曲には決定的な違いがあって、ビートルズやオフコースの曲の2拍3連は部分的に使われているだけであるのに対して「雨のハイウェイ」は曲全編が2拍3連なのだ。曲のアタマ出しから最後まで・・・ずっと2拍3連が動いて行くだけで、こんな曲は日本ではなかなかお目にかかれないだろうと思っている。(笑)

簡単な動画をユーチューブに部分的に載せたりして意外に観てくれる人もいるのだが、2拍3連に興味を示してくれる人などほとんどいなくて、矢沢の永ちゃんにも同名の曲があるらしくどうやらそこからアクセスが流れて来るらしい。(笑)

現在バンドバージョンを創っていて打ち込みのリズムを挿入(そうにゅう)したのだが、この打ち込みは8ビートになっている。複雑なリズム展開に、乞うご期待!

ということで、自分の曲は譜面には書き表せはしないが結構リズムに関しては複雑になってると思っている。クラシック音楽の譜面のように隅から隅まですべて細かく決めてしまっても音楽はいろいろな解釈ができるような気がするのだが・・・。特にリズムに関しては。

音楽配信中 「雨のハイウェイ」-ピアノ弾き語り「YUKIO PIANO」12曲目です。気に入ったらいかがなものでしょうか?

熱帯夜

今日も暑い・・・、暑い日が続く。最近はもう朝まで一晩中クーラーをつけっぱなしにしていて、こんなことは今まで無かったことのように思う。最近の夏の暑さは昔とは違って何か狂気が混じっていると言おうか、子供の頃の夏も暑かったが田舎に住んでいたせいかどこかのどかだった。大人になってお盆に田舎から戻ってくる時、東京駅で新幹線を降りた途端、湿気を含んだムッとした空気がまとわりついてきて、これが※ヒートアイランド現象なのかな?と思ったりもしているうちに中央線に乗り換えると車内は別世界のようにすごく涼し気なクーラーが効(き)いていて、乗車してくる女性たちの田舎では見ないようなお洒落で色鮮やかな半袖のブラウス姿なんかを眺めていると、あらためて自分が大都会に住んでるのだなと実感するのであった。

※ヒートアイランド現象 都市の気温が周囲よりも高くなる現象のこと

昔はお盆に田舎に帰るとかつてはクーラーが好きか?嫌いか?で会話がはずんだりもしたものだが、最近は田舎、都会あるいは好きも嫌いも関係なく否応が無しにクーラーをつけないと生きていけない暑さになってきているような気がする。現に今日も朝からクーラーをつけっぱなしだ。

しかしながら、こんな私でも田舎から出てきた若い頃はクーラーどころか扇風機も持たない生活を夏に何年も過ごしているのだった。(笑)ついでに言うとストーブすらない冬も何年もあった。(笑)貧乏学生だったのである。(笑)

扇風機もない熱帯夜を安アパートの中どう暮らすのか?窓も開けっぱなしにしても寝れるわけがなくて、涼みに外の公園に行くのであった。真夜中の公園は当然真っ暗で外灯の明りだけが頼りで、明りの周りには蛾(が)やカナブンが飛んでいた。その当時そんな都会に住んでいたわけではなかったので小さな公園にはカップルがイチャイチャしていることもなく巡回してくるお巡りさんに注意されることもなかった。一人ベンチに座って目の前にある暗闇を眺めたのだった。

ある夏の真夜中、そうすると何かそこに生き物の気配が感じられた。目を凝らすと黄色や赤の縞(しま)模様の熱帯魚が現れ始めた・・・。トロピカルな魚だ。目の前をゆっくりと泳いで行く。海やプールで水中に潜り込んだ時に聞こえる”ブク、ブク、ブク・・・”という音が、そう確か夏休み少年の頃、床屋さんで髪を切るのに待たされて漫画を読んでいた時に横にあった水槽の音が聞こえる。

そしてどこからか”チーン”という音がぬるい空気の風に乗って鳴っている。なんだろうこの音?静かな音・・・。仏壇の音だ。仏壇の”チーン”する音だ。闇の先で誰かが”チーン”してる。風鈴の音かもしれない。合わせて唄ってみよう・・・。

水の中でもないのに、よどんだ空気の中を綺麗な魚が泳いでいる。その内消えた。

若い頃の儚(はかな)い夢。真夏の「熱帯夜」。作品「月」1曲目に入ってます。聴いてみませんか?音楽配信中

視覚イメージがちょっと違っていますが・・・、熱帯夜ダイジェスト

温泉

コロナ感染者が最近東京ではまた連日200人を超える数になって来た。このままどんどん増えて行くことになるのだろうか?にもかかわらず政府は今月下旬よりGO TOトラベルキャンペーンを前倒しで実施するという。大丈夫なのだろうか?私が気にかけても仕方がないので今回は旅についてというか温泉について触れてみることにしよう。

やはり旅に温泉は付き物で温泉が嫌いな日本人はいないと思う。私も例外に漏れず温泉大好き人間でもある。最近は温泉に限らずどこに行ってもスーパー銭湯のようなものがあってそこでゆっくりするのもいい。中央線沿いに住んでる私は荻窪の老舗スーパー銭湯”湯とりあむ”の会員でもある。メンバーカードも持っているのだがさすがにこのコロナ禍行きたいとは思わなかった。

”湯とりあむ”以外にも行きたいなと思う東京のスーパー銭湯もたくさんあって、大江戸温泉物語だとか東京ドームの隣にある”ラクーア”とかサウナに入りながら松井(元プロ野球選手)のサイン入りバットをながめるのもいいかなと思ったりもして、コロナ感染の震源地になっている歌舞伎町のゴジラがビルの上で吠えている名前は何て言うのか忘れたが確か元コマ劇だった温泉施設にも1度は行ってみたいなとは思っている。

しかしながら旅に出る場合は、サービスの整ったそうしたスーパー銭湯に行くよりも本格的な温泉がいい。特にさびれた温泉が私の好みなのである。こうした趣向に目覚めたのは若い頃つげ義春の漫画が好きでそこでよくさびれた温泉宿が登場するからであった。そうした温泉宿の漫画ばかりを集めたつげさんの「リアリズムの宿」という漫画集があって、若い頃所有していた私の書物は引っ越し時にすべて売り払われたのだが、この本だけは手元に残して欲しいと家族に懇願し処分を逃れた漫画本でもある。未だに家のどこかに眠っている。(笑)

50年前につげさんがよく旅に出かけて入ったさびれた温泉宿といのは、コロナ禍前までの現代の観光ツーリズムの隆盛で今ではほとんど無くなってしまったと言っていい。秘湯と言ってももはや秘湯の名前がついてるだけの温泉なのだと思う。いざ行ってみると観光客がたくさんいたりなんかする。(笑)つげさんの漫画の中に出て来る地面から湧き上がる湯気の上で寝泊まりする東北のオンドル小屋につげさんになった気分で行ってみたことがある。秋田県の玉川温泉という田沢湖から1~2時間バスに乗ってたどり着く山深いところだ。漫画ではものすごいみすぼらしい施設で温泉の湯気の上にゴザをひいて横になったりしているのだが、現在では玉川温泉の手前に新玉川温泉という施設もできたりしていて意外に観光地のようにも見えた。しかし実際は温泉に来た人たちの会話を聞いているとみなさん病人で観光というよりも湯治に来ている感じであった。

温泉は屋内にある強酸性のヤケドするかも知れないから入り方に注意してくれと書いてあった総ヒバつくりの湯船と屋外に自然に湧き出る湯気の上に簡単な掘立小屋を建て、その下でゴザをひいて横になるオンドル温泉の二つがあって、このオンドル小屋に来たかったんだと思い最初にゴザをひいて周りの人たちと一緒にゴロリと横になってみた。真夏の季節で空が青かった。誰も会話しない。虻(あぶ)が何匹かいて刺されるかもしれないと怯えた記憶がある。1時間くらい横たわっただろうか、宿に戻って今度は総ヒバの湯船に入ってみた。泡が体にまとわりつく。今思えば玉川温泉は最近スーパー銭湯で流行っている岩盤浴や炭酸風呂の先駆けなのかもしれない。ただ温泉というよりはここは湯治場なのである。自分たちで自炊する宿舎と宿が出してくれて料理を食べる宿舎とに分かれていて、私は出された料理を翌朝1回だけ食べて帰って来たのだが1ヶ月くらい自炊でここに寝泊まりすれば知り合いもできるのかなと思ったりもした。お客さんの中には違う温泉で知り合った顔見知りの人が偶然またここで出会った感じで湯上りに気軽に会話している人たちもいた。

また部屋にはテレビがなく、何もすることがないので夜ずっとストレッチをしていた。朝、窓を開けるとそこは新緑の森で庇(ひさし)の下には燕(つばめ)が巣をつくっていた。燕の巣をみるのもいつぶりだろうか?と思ったものである。

このようにつげさんほどではないが自分なりにさびれた温泉を楽しむことができた。”さびれた温泉”という言葉を玉川温泉の人が聞いたら目を引(ひ)ん剝(む)いて怒るかもしれない。(笑)どうやら玉川温泉は知る人ぞ知る湯治場のようだ。病院から治しようのないと言われた重病の人たちが藁(わら)をもすがる感じで訪れるところで私のようなチャラチャラした人間が行くべき場所ではなかったのかもしれない。もう結構時間が経つが何年か前には冬に屋外のオンドル小屋が雪崩(なだれ)に巻き込まれ死人まで出たとニュースでやっていた。山奥の湯治場なのだ。

これとは別に東北の有名な湯治場に連れて行ってもらったことがある。酸ヶ湯というところでよくテレビニュースの冬の天気予報で積雪量が今何メートルに達しているといった話題で必ず出て来る温泉だ。雪中行軍(せっちゅうこうぐん)で軍人がみんな遭難死までしてしまった八甲田山の山深いところにあるのだが、私が連れられて温泉に入ったのはこれも夏だった。

宿舎も木造りのさびれた感じで私好み、何にも知らされずに脱衣所で服を脱いで階段を下りて行った高い天井の下の湯船はなんと混浴になっていて硫黄の臭いが鼻にまでつく。湯の色は黒く濁っていて入ると体が見えなくなってしまう。なるほどこれであれば男女気にすることもないのだろうが、見渡すと湯につかっているのはおばあちゃんばかり(笑)、ひとりだけ若い女の子が前を隠して入って来たと思うと周りの男のギラギラとした視線がその子に集中しているではないか。セクシャルハラスメントのニュースが毎日のように報じられる現代においてまさか優雅にこんな混浴の温泉に入れるとは思ってもいなかった私は酸ヶ湯の異常なくらい硫黄臭い濁った湯と千人風呂といわれるだだっ広い空間がすっかりお気に入りの場所となったのである。(笑)

こんな酸ヶ湯も明治時代は雪山で徒歩で行くのに遭難するくらいだったのだろうが、現代では青森空港からバスで1時間くらいで行けたりする。冬にもバスが出ていると聞いた。私が行ったのはもう10年以上前なのだがその時はもうすでに秘湯ということでもなかった。宿舎の前は大きな駐車場があってお土産売り場には人がたくさん買い物をしていたりしていた。ただなんとなく形だけでもつげさんの気分を味わえたと思っている。

温泉はこの玉川温泉、酸ヶ湯だけでなく他にいろいろ行ったことはあるのだが、やはり私にとってみればこの2つの温泉経験が特別の体験になっている。東北出身のある人に聞いたのだが東北の温泉だけは温泉一つに宿も一つだけで、ほかの地方に行くと一つの温泉の周りに宿がたくさんあるということらしく、そういえば熱海にしろ草津にしろホテルがたくさん建っている。

そう考えると東北の温泉にあともう一か所だけ行きたいところがあって、鶴の湯という温泉に行きたいのだった。秋田の温泉で、鶴の湯も混浴になっているのだが、湯の色が酸ヶ湯と違って白濁色になっている。酸ヶ湯と鶴の湯が昔からある東北地方の人間が畑作業の休閑期に訪れる湯治場なのだと言う。そんな話を聞くとますます行きたくなってしまう。座敷に名人初代高橋竹山(たかはしちくざん)を招き入れて三味線を弾いてもらったりして、、、ありもしない贅沢な妙な妄想をしてしまう。。。(笑)上の話をしてくれた人は竹山(ちくざん)の生演奏を昔、子供の頃じいさまの膝の上で聴いているとのこと、吉幾三(よしいくぞう)もそうらしい。羨(うらや)ましい限りだ。

温泉について語ってしまったが、そうした東北の温泉経験とは違った私の「温泉」という曲がある。こちらは酸ヶ湯、鶴の湯というよりは箱根、草津と言ったイメージであろうか、湯気が立ち上る湯船に一人、旅の疲れを癒(いや)すようにつかり、湯上りにはタオルを首に巻き浴衣(ゆかた)姿で廊下の赤じゅうたんの上をスリッパをペタペタ鳴らして、部屋に帰れば贅沢なご膳が待っているという典型的な日本の温泉宿姿をちょっと洒落た感じで表現しようと企んだ唄だ。ジャズ風になっていて風呂上りのリラックス感を出すために猛烈にリバーブ(浴槽内で唄うとエコーがかかるようなもの)をかけたり、声量を意識的に落として録音したりもした私自身のオリジナルの温泉唄だ。この文章を読んで興味が湧いてくるようであれば是非お聴き願えればと思う。

今後GO TOキャンペーンが盛り上がるのかどうなのかはわからないが、たまには旅に出るのもいい。すべてを忘れて湯につかってのんびりしたいというのが温泉の魅力のひとつような気がする。

音楽配信中 「温泉」作品COCOLO 12曲目です。

出来の悪い「温泉」ライブ