スポティファイで2つプレイリストつくりました。

こんにちは!このブログ、最近はいつも日曜日に書いているのですが、本日は平日、梅雨の末期と言うことで、外は雨が降ってます。

さて、なぜ今回こうした行為に及ぼうと思ったのには訳がありまして、それは音楽ストリーミングサービスのspotify(スポティファイ)上にプレイリストを新しく2つ作ってみたので、その2つをぜひ紹介したいと考えたからでした。

2つとは「ラテンなYUKIO-YUKIO Latin」と「ハードロックなYUKIO-YUKIO Hard Rock」で、私のオリジナルソングの中でラテン系リズムの曲とハードロック系の曲を各々(おのおの)集めてみたプレイリストになります。

今まで音楽ストリーミングサービス対策として、実際のところ結構プレイリストをいくつか作ってみたりしたのですが、何か腑(ふ)に落ちないと言おうか、何のためにプレイリストを作るのかよくわからないと言おうか、とにかくプレイリストを作る動機(どうき)づけが見つからなかったので、わけのわからないものを大量に作って来たのですが(笑)、今回のこの2つはなかなかよろしいのではないか!と思ったのであります。

今までの自分はアルバムを作ってきたので、そのアルバム全体を通して自分の世界観を聴いてもらいたいと思って来ました。今もその思いは変わらないのですが、プレイリストを作ることによって違う聴き方もできるのではないかと気づいたからです。

作品の世界観とは別の世界観…。

それは私のオリジナルソングの中で同じような傾向のある曲を集めてみるということでした。「ラテンなYUKIO-YUKIO Latin」はラテン系のリズムの曲、「ハードロックなYUKIO-YUKIO Hard Rock」はハードロックな曲ということで、この2つのプレイリストは、この思いを体現したものなのであります。アルバムが縦軸(たてじく)なら、プレイリストが横軸(よこじく)と言った感じでしょうか。

spotify「ラテンなYUKIO-YUKIO Latin」プレイリスト

しかしながら、なぜこうしたことに気づいたのでしょう?それはこうしたプレイリストを自分自身が何年も前から聴いて来たからでありました。笑 実際はプレイリストを作っているわけではなくて、自分が朝や昼の休み時間とかにこうした曲をチョイス(選択)して、順番に聴いて、なんだかこの曲順いいなと思っていたものなのです。特にお勧(すす)めなのは、この時期です。「ラテンなYUKIO-YUKIO Latin」は、この夏の暑い時期に、この曲順で聴くと、とても涼し気に感じられます。もう一つの「ハードロックなYUKIO-YUKIO Hard Rock」は、さらにもう一段暑くなった真夏の昼に聴くと、もう体が火照ると言おうか、真夏に汗をかきまくりながら激辛のカレーや麻婆豆腐を食べるような感じで、とても熱く快適に聴こえます。

spotify「ハードロックなYUKIO-YUKIO Hard Rock」プレイリスト

spotify(スポティファイ)は無料のストリーミングサービスなので、みなさんもぜひこのプレイリストを聴いてみませんか?夏にピッタリのプレイリストです。作者の私が言うのですから間違いありません。気に入ってくれるようであればぜひフォロー宜しくお願いします。

spotify 「YUKIO」アーティストページ。

ダウンロードでも販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジット、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotifyだけでなく、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

ボクがキミをみている

今日も暑い。もう9月の中旬というのにまだ暑さが収まらない。部屋ではエアコンのクーラーをかけている。さて、今回語ろうと思っているのは、ギター、ピアノ弾き語りでやって来た曲をバンド化した作品群の最後の第3弾がめでたくジャケットまで完成したという話だ。

作品タイトルを「ボクがキミをみている」という。なかなか意味深なタイトル名だ。(笑)10曲入っていて、最後の曲がこの「ボクがキミをみている」という曲になっている。それと最初にギター、ピアノの弾き語りでもやったことがない曲、2曲が入っていたりする。誰にも聴かせたことのない、いわゆる新曲という奴だ。新曲と言っても、自分が20代そこそこで考えついた曲で、歌詞が無茶苦茶無責任な感じで、大人となってしまった今では、こんな歌詞ありえないだろう!と思ってしまうのだが、当時の切羽詰まった感じが出ていて、そのまま唄っていたりする。1曲目などはラップなのであった。(笑)

その最初の2曲以外はすべてギターかピアノの弾き語りで唄って来た曲で、この「ボクがキミをみている」という作品で、今までの私の曲がすべて一応の完成をみたという形になる。思えば長かった、、、しかしながら、若い頃、自分の頭の中に描いた唄が、現実に存在する曲にできようとは思ってもみなかった。何度、溺れかかって、諦めようとしたか。まあ、これが私のこの世に生まれた運命だと思っている。

こうした私の曲群を客観的に見ると、ほとんど、その時その時の流行歌等とは無縁な感じで、我が道を行くような感じになっているのだが、それもそれで仕方がないと思っている。第一、ヒットチャートを聴いて来ていないのだから、影響そのものを受けないのだ。(笑)

しかし、このままではいけないとも思っている。やはり大変な思いをして創ってきた曲達なので、他の人にも聴いてもらいたいのだ。大勢の他の人たちにも聴いてもらってこそ、私の曲は本当の意味で完成すると思っている。誰にも相手にされない私のオリジナルソングだが、この「ボクがキミをみている」という作品で、一応の創作上の完結なのである。これで若い頃からの私の頭や心の中をすべて外に吐き出したことになる。吐き出したと言おうか、吐き出さざるを得なかったと言ってしまった方がいいのかもしれない。

世の中は常に動いていて、どうなって行くかなどはわからないが、自分を信じて動いて来た結果がこの「ボクがキミをみている」に結びついていると思う。自分の未来がこの後、どうなって行くのかもわからないが、この「ボクがキミをみている」まで創れたということが、なんだか自分自身で安堵できると言おうか、ああ、もういつ死んでもいいかなとも感じられるのである。(笑)それほど長い道のりだったとも言える。

自分の人生の残りの時間があとどのくらい残っているのかはわからないが、次のステップに行かないといけない。まだ見て見ぬ風景や考え方がたくさん世の中にはあるだろうから。

”ボクがキミをみている”ピアノ弾き語り

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

今 

本日も暑い日が続いております。いかがお過ごしでしょうか?ということで今回はまた新しく制作した動画についてお話をしようと思います。前回は”chu!chu!chu!(チュウ!チュウ!チュウ!)”という曲の動画についてでしたが、今回は”今”という曲についてです。ストリーミング配信をはじめた『月』という作品の中の6曲目です。

前にも述べましたが、この『月』という作品をストリーミング配信はじめたことで、中に入っている曲のプロモーションとして動画をなるべく制作しようと考えたのでした。その第一弾が”熱帯夜”という曲で、第二弾が”chu!chu!chu!”、そして今回の”今”が第三弾となります。

”熱帯夜”、”chu!chu!chu!”と試しにがんばって動画を作ってみたのですが、数字上の結果がほとんど得られず・・・(笑)、自暴自棄(じぼうじき)になっているようなところもあるのですが、あまり細かい事まで気にするとやってられないので、第三弾の”今”の動画も制作しちゃいました。(笑)動画を制作するノウハウなど何にもないのに作ってしまうというのは、やはり動画制作という行為自体が自分に合っているのかもしれません。なんだか制作していると楽しいのですよね。(笑)時間さえあれば自分の音楽を抜きにして、ずっとこうした動画の編集作業をしていてもいいかな?と思ったりもしたのでした。

ただし、楽しいと言うのと動画作品のクオリティーはまた別の問題で、クオリティーが低いのでみなさん誰も見てくれないのかもしれませんが、いや、それは動画に限ったことではなく、音楽だってそうなんだろうし、、、そうであれば自分の音楽はクオリティーが低いことになるな、、、ウム、この話は置いておいて、とにかく”今”という曲の動画を時間をかけずにパッと作ったのでした。(笑)まず、その経緯を話さなくてはなりません。

頭の中で朝起きる前に、歌詞に合わせる形で、動画全体がどう流れて行くかを大まかに設計し、具体的なカット割りを歌詞の横に入れて完成させた紙を持って、ロケ先となる善福寺公園に先週日曜日に出かけたのでした。

歌詞はボートに乗った主人公の妄想のような内容になっていて、どうしてもそうしたボートに乗るシチュエーション(状況、場面)が必要だったので、いつも唄っている井の頭公園のボートに乗って撮影しようかなと最初は考えたのですが、今、実は井の頭公園の池は工事中で貸しボートはやっていなくて、どこかで貸しボートをやっているところはないかと探したところ善福寺公園が見つかったのでした。

善福寺公園。

そう!あの善福寺公園。私が毎朝、死ぬほど、飽きもせず散歩した、私のホームタウン。私が大好きな善福寺公園に久しぶり行ける~!と思い、喜々(きき)として西荻窪に出かけたのであります。毎週のように井の頭公園で唄っている私ではありますが、正直、井の頭公園は人でいっぱいで、緑と一緒にくつろぎたい私は、一人でのんびりできる善福寺公園の方が全然いいのであります。

久しぶりの善福寺公園は、真夏の昼下がりのせいか相変わらず人がまばらで、何十年前、ここで我が家のインコの花ちゃんのお墓をアイス棒を突っ立ててつくったよなと思われる近くのベンチも残っていたりして、せっかくだしここで最初のカットを撮るか!と思い、安いカメラをバッグから取り出したのでした。(笑)

カット割りを考えた紙を参照して、公園内を巡り、いろいろと撮影した後、いよいよ善福寺公園のボートに乗り込んだのであります。実は善福寺公園のボートには、あれだけ毎朝、毎夕、周りを散歩していたにもかかわらず、実は乗ったことが無くて、(笑)今回初めてなのでした。

貸しボート乗り場には誰もいなくて、困ったのですが、波止場からやさしそうなお兄さんがやってきて、「オレ、ボートに乗ったこと無いんだけど、大丈夫かな?」と訊くと、「イヤ、そんな誰でもできますよ。」と言われ、簡単なレクチャーを受けて、一人で公園の真ん中の池にむかって漕ぎだしたのであります。ボートの中は炎天下でもう暑くて死にそうで、こんな暑けりゃ誰もボートに乗りはしないよな!と文句をつけて叫ぼうにも誰も聞いてくれないほど池は閑散(かんさん)としていて、池の中で自分のボートだけが浮いているのでした。

池面に反射した日光が痛い感じで顔に突き刺さって来て、こりゃ相当日焼けするなと思いつつ、こういう状況を自分が望んでいたことを再確認し、わざわざ持ってきたカメラの三脚を立てたのでした。最初自分の前にカメラを立てて撮影したのですが、よくよく考えると手漕ぎボートの帆先は自分の背中側にあって、帆先が進んでいる画像が欲しかったので、カメラを背中の後ろに持ってきてボートを漕いだのであります。その時自分の重心がズレちゃって思わずボートが転覆しそうになってしまったのですがなんとかのりきり、やさしそうなお兄さんが待つ乗り場に帰って来たのでした。

ボートから上がると、お兄さんから「漕ぎ方、なかなかのものでしたよ!」と言われ、なんだか喜んでいいのか?悪いのか?微妙な感情が沸き起こったのですが、これもいい経験だと思い、帰り道の途中、昔よく食べたパン屋がいまだに開いていたので、そこのたまごサンドを買って家に帰って来たのでした。

今まで、いくつかの動画をかなり力を入れて作ってきたのですが、制作のために外にロケに行くなんてことは初めてで、撮影ロケって結構楽しいと言おうか、旅行もそうなのですが、目的のない外出ほどつまらないものはないと言おうか、やはり人間は目的があると、それが実現しようがしまいが、それに向かって一生懸命行動するので、その汗かきが楽しいのだろうなと思うのでした。

そして次の日、今度は家の中でメインの唄のカットを撮影したのです。前回から顔を撮る場合は、その前に髪をとかし、無精ひげをそり、鼻毛を切り、リップクリームを塗るように注意を払うようにしています。(笑)いかに普段の自分が外見を何も気をつけていない性格だと白状しているようなものなのですが、やはり自称白髪アイドルなので動画を撮る場合は気をつけないといけない。

今回の唄カット部分はなんと上半身(じょうはんしん)裸(はだか)なのであります。(笑)そんな誰がじいさん手前の裸を見たいかよ!と言われてしまいそうなので乳首は出していません。肩から顔にかけてのアップになっています。微妙に隠すところなどはさすが白髪アイドル!まあ、こんな感じでなかなかセクシーとまでは行きませんが、がんばって唄ってます。

ギターを弾いているアップしたカットでは、よく見たらギターが余りにも手垢(てあか)で汚いので、雑巾で拭(ふ)き直し、あらためて撮影しなおしました。”熱帯夜”の動画を作った時の失敗が、こうした部分で活きていると思います。納得できないカットは、もう面倒くさいけど、がんばって撮り直すべきです。

こうして出来上がったのが今回の、”今”の動画です。

見てみませんか!?そして聴いてみませんか!?肝心の曲について話すの忘れていましたが、時間があれば次回、難しようであればいずれお話することもあるやもしれません。その時をお楽しみに。

「今」動画

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。