YUKIOのカバー曲

ホームページやこのブログでの自分の売り文句は、”世界のどこにもないオリジナルソング唄ってます!”ということなのだが、実は他人のカバー曲もやったりするのだ。どうだ、驚いたかい?(笑)オリジナル曲しか唄えないわけじゃないぞ~!

3曲ほど実は唄える。(笑)

ひとつは坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」、ひとつは美空ひばりの「りんご追分」、そしてもうひとつは鶴田浩二の「街のサンドイッチマン」という曲を唄ったりする。

私の曲調とは違う結構古い曲ばかりだが、なぜこうした曲を唄えるようになったかを今回お話したいと思う。

昔、飲み屋での私のライブで、私より年配のとある紳士が偶然飲んでいて、私の曲を聴いて”なかなか良いよ・・・!ライブまた次やるんだったらまた来るよ。”と言ってくれたのだった。ここまでは誰にでもよくある話なのだが、この紳士次のライブに本当に来てくれたのだった。

音楽をやっていると、”良かった!”、”素晴らしかった!”等、美辞麗句の言葉をウンザリするほどよくかけられる。芸能全般がそうなのかもしれないが、本当にそう思っているのかと言ったら勿論そんなわけはなく、挨拶(あいさつ)程度のものなのだ。そうした言葉をかけてくる人たちはみんな悪い人たちで信用しないなんてことはないのだが、どうも自分自身は余りそうした言葉を額面通り受け取ったりする性格ではないのだ。それだからかもしれないが自分にはミュージシャン仲間がいないのだった。(笑)

”次また行くよ!”と楽しそうにいろいろな所で言われたが、また本当に来てくれたのは今までにこの紳士だけだった。口先だけでなく具体的な行動を取ることが現実だと思っている。だからこの紳士に自分の心を開いたのだった。紳士は大酒飲みで、酒の飲み方をよく知っていた。また音楽を志(こころざ)す者を応援し支えようとするファンの心構えというものもよく理解していた。

紳士が来てくれたライブの飲み代は私の分も含めすべて持ってくれたのだった。さらにライブが終わった後にも2次会、3次会にも連れてってくれ、その遊興代も全部向こうで持ってくれた。紳士はカラオケが好きで、よくカラオケスナックで昔の古い唄を唄った。自称歩くジュークボックス、新宿生まれらしく「新宿育ち」という演歌を十八番にしていて、私は隣でよくその曲に合わせてマラカスを振った。また、以前このブログにも書いたように私は余りカラオケが好きでないと説明するのだが、紳士は気にすることも無く ”YUKIOさんも何か唄ってよ!”と催促されるので渋々、私の知っている古い邦楽「上を向いて歩こう」を唄ったのだった。

ライブに誘うと結構来てくれるので、その内この紳士に楽しんでもらいたいと思い、紳士にライブで私の唄を聴いてもらうだけでなく紳士にも唄ってもらおうと企んだのだった。それで紳士も私も知っている二人共通の「上を向いて歩こう」の譜面を買ってきて練習して、ライブで紳士に唄ってもらったのだった。

二人の生演奏はひどいものだった。(笑)

ピアノバーでやったのだが、私のピアノ演奏も間違いだらけで、紳士の方も紳士が得意なフランク永井の「東京ナイトクラブ」や「有楽町で会いましょう」といった曲に比べて「上を向いて歩こう」はちょっと難しいとのことだった。やはり作曲者の中村八大は只者(ただもの)ではない。

演奏もひどいし、あと譜面通りにピアノを弾くのもどうも楽しくない!譜面通りに弾くのであれば自分より上手いやつは世の中にごまんといる。そう思い、だったらもう自分のアレンジで思いっきり演歌を崩してやれと取り組んだのが、子供の頃なぜか印象に残っていた美空ひばりの「りんご追分」だった。

ただ、この紳士に唄ってもらおうと思ってアレンジしたのだが、ライブで紳士がたまたま用事で来れなくなって自分で唄ったら結構ウケてしまって、それ以来この曲を自分のレパートリーの中に入れてしまった。(笑)

紳士とはウッドベースも交えて、3人で一度だけYUKIO流「りんご追分」を唄ってもらった。紳士が言うには”「りんご追分」も難しいよ~、なんでYUKIOさん難しい曲ばかり選んでくるのよ~。」とのことだったので、よし!ではもうすこし簡単な曲にするべし!と思い、これも若い頃友達の家で聴いていたのか聴いていなかったのかよくわからないが、なぜか知っている鶴田浩二の「街のサンドイッチマン」という古~い曲をアレンジしてやれと取り組んだのだった。

「街のサンドイッチマン」のアレンジは苦難を伴った。(笑)そうこうしてる内に、紳士は病(やまい)を患(わずら)い私のライブにも来れなくなった。たまに連絡するのだが、もうお酒は飲んでないらしい。そうだよな、あれだけ深夜遅くまで酒を飲んでカラオケ唄っているといつかは体もどこかおかしくなるよ。

紳士は深夜カラオケスナックからタクシーを使って家に帰るのだが、私の分も呼んでくれそうになるのでいつも断って一人ぽつりと夜道を歩きながら帰って来た。”YUKIOさんはいつもタクシーだけは断るね。”といつも紳士に笑われた。

紳士が酒を飲まなくなってもう何年も会っていない。「街のサンドイッチマン」 のアレンジ完成しましたよ。ちょっと難しいけど、唄ってみませんか!?素面(しらふ)でも大丈夫ですよ!と今度そう書いて来年の年賀状を送ってみようか。

お酒を飲まない紳士と私、二人で会話できたりするのかな?けど、喫茶店かどこかでお茶をすすりながら、ただ空を眺めているだけでもいいような気がする。音楽配信

ドミナントマイナーは「間違ってない」

台風がやって来て、あっという間に行ってしまった。TVが映すところでは大変な被害が出ているようだ。幸(さいわ)いにも我が家は無事だった。かつてない嵐が来るとのことで当日は朝から雨戸を締め切っていたのだが、蒸し暑いので昼は雨が入らない程度に開けた。何にもすることがないので午前中にビールを買っておいた。

風がだんだん強くなって来た夜の8時過ぎからそのビールを飲み始め台風のピークが過ぎるのを待った。誰も聴いてくれない次の作品があって、暫(しばら)く自分自身が聴いてなかったのでこの機会に久しぶりに聴いてみようと思いちょうど一番風が強かった9時くらいにパソコンから音を出した。しかしながら外の風がピューピューいってよく聞き取れずチェックの仕様もなかった。今更チェックしても何かを変える力も残ってはいないのだが・・・。

今回語ろうと思っているのは台風の話ではなくて、その新しい作品に入っている「間違ってない」という曲だ。基(もと)は前からある曲なのだが、自信がなくて延ばし延ばしにしておいた唄である。

なにが問題になっていたかと言えば、この曲の構造がドミナントマイナーになっていることだった。前回の話がドミナントのmaj7化の話をしたので、ついこの曲を思い出してしまい今回この話をしたいと思った次第である。楽器を弾かない人ごめんなさいもう1回だけ音楽分析の話をします。

ドミナントというのは基本♭7th(短7度)でなければいけない(キーがCあるいはCmの場合ドミナントはG7でなくてはいけない)が実は例外もあると前回話をした。前回はmaj7thで、今回は更におかしくなってドミナントがマイナーになってしまうという話だ。

もうずっと、この「間違ってない」という曲、どう考えてもこのメロディーにドミナント♭7thは合わない、ドミナントマイナーになってしまうということだった。ただドミナントというのは上に述べたように教科書では♭7th(短7度)なのである。しかし自分は間違ってないと思っていて、それで曲名を「間違ってない」としたのである。(笑)

心の片隅にそんな悶々(もんもん)とした気持ちが渦巻いていた日々を過ごしていたのだが(そういう曲がいっぱいあって困ってしまうのだが)、ある日、本屋でアメリカでジャズギタリストとして成功した名前は忘れたのだが、「モダンジャズの真実」とかいう本のタイトルのその人の体験記が出ていて、読んだ中にアメリカや世界の他の国でもドミナントマイナーは当たり前で、駄目だと言っているのは日本だけだと書いてあったのだ。

勇気千倍!拍手喝采!

なんだこんなつまらないことでクヨクヨ悩んでいるのはオレだけなのかと思ってしまった。ドミナントマイナーだってありなんだよ!オレは間違ってないんだ。間違ってない。この本に勇気をもらい「間違ってない」を創り上げたのだった。

まだギターの弾き語りでしか人前でやったことはないが、いつかバンドバージョンでやってみたいと思っている。またその時は白い目で見られるのだろうな。もう慣れたけど、いつか見返してやりたい。(笑)しかしこんな曲ばかりやっていると

ホント、教科書でユーミンの隣に載るのはいつになってしまうのだろう?

音楽配信

ドミナントmaj7とビル・エヴァンス

眠い・・・。体がだるい・・・。やらなきゃいけないことあるんだけど・・・、やりたくない。もうこのブログ書こう。こうなったら現実逃避(げんじつとうひ)だ。月に何度かこういう日もあるってもんだ。(笑)

さて、何書こう?最近は生活のよもやま話が多かったので久しぶりに自分の曲の解説でもしてみるか。音楽用語使って、オレはわかってるぞ~といった感じで今回は進めてみよう。(笑)

ピアノの弾き語り作品に入っている「雪」という唄を今回は取り上げてみたいと思います。寒い曲です。ただ、本日も10月に入ったのにまだ凄く暑くて、シャツとパンツ1枚で仕事もせずこのブログ書いてま~す。(笑)

この曲の基(もと)が閃(ひらめ)いたのは随分昔で、確かギターを弾いてる時でした。その当時音楽的な理論もよくわかってなくて、ドミナントモーションのところに6度の音が入って頭に聞こえて来たのでした。

ドミナントモーションとは何かと言いますと、主和音(トニックコード)に解決していく和音で西洋音楽で最も基本になっている和音進行です。楽器をやらない方は無視しちゃってください。興味ある方はウィキペデイアでどうぞ。

ドミナントモーションというのは必ず短7度(♭7th)でないといけないのですが、なぜかその時6度の音が頭に入ってきたのです。自分でもおかしいと思うのですがただこの6度の音を外すと唄は成立しないのです。

ある時バンドで、この曲をやろうとしたらやはりピアノを弾いてくれる人間からドミナントに6度をくっつけるのはおかしい、ドミナントは♭7thなのだからできないと言われてしまったのでした。今、思うと可笑しいのですが、要はこの音は6度でなくて13度(13th)なのですね。

それに気づいたのかそれとも頭が悪くて気づかなかったのかよくわかりませんが、その後自然とこのドミナントモーションのところを必ず入れなければいけない♭7thを入れて、その隣に唄にとってどうしても必要な音の6度あるいは13度(13th)の音を入れて弾いていたのですが、どうもしっくり来なくてあまり人前ではやっていませんでした。

ところがまたある日、(笑)また違う鍵盤を弾く人にこの曲を聴いてもらう機会があり上の悩みを訊いてみると、まず隣同士になっている♭7thと13thを広げた方がいいと言われ、もうひとつここが肝心なところなのですが♭7th(短7度)でなくてmaj7th(長7度)という使い方があると教わったのでした。

なるほど~♪

この弾き方をすると気持ち良く、「雪」はピアノ弾き語りできるようになったのでした。

ドミナントモーションは♭7th(短7度)でなくてもいいんだ。音楽の教科書には載ってないけれど・・・。(笑)やっぱり世の中こうでなくちゃいけないなんてものはないんだとその時は思いました。

その人が言うには、こうした使い方はビル・エヴァンス(モダンジャズの巨人。名ピアニスト。今年か去年生誕100年の何か記念祭やっていたような気が・・・)なんかがやってるとのことで、私自身は血が白くて余りビル・エヴァンスは聴かないのですが、日本にもエヴァンス狂のジャズ好きのおじさん達もいっぱいいて、こういう所が人気のある秘密なのかもしれません。

この「雪」聴いてみませんか?音楽の教科書には絶対に載らない唄ですよ。(笑)

ユーミンの隣に載るのは夢のまた夢だな・・・

音楽配信

メロディーが先か、言葉が先か

誰にも相手にされず、これまでに4つの作品をつくって来た。古い順に並べて「YUKIO」、「YUKIO PIANO」、「COCOLO」、「太陽」。前2つは最もシンプルにギターとピアノの弾き語り、あとの2つはリズムも入れて楽器演奏からミックス、マスタリングまですべて自分でやった複雑な一人バンド形態になっている。

対照的なのだが、それだけではなくて実はこの最初2つと後2つの作品群では決定的な違いが自分の中ではあったりする。

それは唄の創り方がメロディーが最初に閃(ひらめ)いたのか、言葉が最初にあったのかの違いである。メロディーが先か、言葉が先かで決定的に唄の本質が違ってくるのだ。

「YUKIO」、「YUKIO PIANO」の弾き語り作品の方は言葉が先にあって、「COCOLO」、「太陽」のバンド形態2つはメロディーが先になっている。

弾き語り2つは言葉がやはり最初に聴こえて来る。バンド形態の方は歌詞にも気をつかっているのだが、よく聴かないと何を唄っているのかよくわからない。メロディーが先にあって後から言葉を足したからだ。

なぜこのような違いがあるかと言うと自分でもわからない。ただ「cocolo」という曲のメロディーが閃(ひらめ)いて以来ずっと私の唄はメロディーが先にできて来て歌詞を後からつける形になっている。

弾き語り2つは日本語でしか唄えない、あるいは成立しない唄で、バンド形態2つは日本語で唄ってはいるが、別に日本語でなく英語で唄ってもおかしくないような気もする。

どちらが良いのかわからないが、これらすべての作品は私の中から流れ落ちてきたものなのですべてを引き受るしか説明がつかない。

誰も聴いてくれない自分の作品を分析しても仕方がなのだが、メロディーが先か、言葉が先かで自分の中ではここにもの凄い断層があるのだ。ライブではなるべく交ぜないように気を使ったりもするのだが、たくさん唄ったりしなければいけない場合など致し方なく交ぜたりしたりもする。

自分の気持ちの中では昔のように先に言葉が出てきてもらいたいと実は思っていて何とかならないかと考えるのだが、考えて唄ができるものでもなんでもなく今、現在もこのような状態なのである。しかしながら、私の想いとしては自分が普段使っている日本語という言葉のイントネーションがやはりその曲のメロディーに影響を及ぼすのが自然のような気がするのだ。

欧米の音楽ばかりを聴き過ぎたのかもしれない。確かに日本語で唄われた曲なんて大人になってほとんど聴いて来ていない。しかし実は自分は日本の民謡でしか踊れないということも知っている。

欧米の音楽ばかりが情報として入ってきて価値のあるものだと思われがちだが、中国の音楽も聴いてみたい。特に中国の結婚式でみなさんお酒を飲みながらどんな唄を唄っているのだろうか?10億人もいるのだから人それぞれ色々な唄を酔っぱらいながら唄っているのだろうと想像すると楽しくてしようがない。日本にさえ地方地方に様々な民謡があるのだから、中国行くともっと百花繚乱の民謡が聴けるような気がするのだ。

話がそれたが、私のこの4つの作品試しに聴いてみませんか?行きつく所はここなのです。(笑)音楽配信