YUKIO音楽理論

久しぶりにこのブログに向かっている。前に書いたのは3月の中旬なので1ヶ月半空いてしまった。この間、ブログも書かずに何をやっていたかと言うと、ジャズの音楽理論書をずっと読んでいたのだった。

最近月に2,3回行く公民館のピアノ室の予約を4時間とるようにしている。前は2時間だったのがだんだん増えて来てしまって、4時間何をやるかと言うと、最初の1時間を自分のオリジナル曲をああでもない、こうでもないと創るようにしていて、次の1時間を次にまとめようと思っているカバー曲ばかりを練習、3時間目を今まで創って来た自分の過去のオリジナル曲を思い出すために弾いて(いわゆる復習と言うやつ)、最後の1時間を若い頃買って、さっと目を通しただけで、ほったらかしにしてあった音楽理論書をじっくりと自分で理解できるまで、読みながら鍵盤を弾くと言う時間にあてている。

この4時間目の音楽理論の時間は、別にピアノ室に行った時だけに限らず、ピアノ室の予約から外れてしまった週末の土曜日午前中とかに、家の電子ピアノに向かって理論書を見ながら弾けるではないかと気づいてしまって、最初はそうした土曜日だけ時間を割いていたのだが、だんだんこれでは時間が足りないと感じてしまい、平日の空いている時間、いわゆるこのブログを書くような時間もすべてその音楽理論書を理解する時間にとって代わってしまったのであった。

なぜこうした時間が出来たかと言うと、理由は簡単で自分のオリジナル曲をほとんどすべて制作してしまって、自分の人生の残りの時間を、いままでほったらかしにしていた音楽理論書を読む時間にあててみたいと思ったのである。

本棚の隅っこでホコリのかぶっていた、何十年ぶりかに読むジャズの音楽理論書は相変わらず難しいのだが、若い頃は理解できなくて、すっ飛ばして読んでいた部分も今は自分が理解できない内は次のページに行かないようにして読んでいる。いずれはこうしたジャズ理論書だけでなく、死ぬまでどれくらいこうした時間が取れるかわからないのだが、現代音楽の理論書も読んでみたいと願っている。

こうした音楽理論書を読んでいると、自分の曲が如何(いか)に理論から外れたことをやっているかということをまざまざと教えられるのである。自分の曲は確かに変(へん)だ。そう思うのだが、しかし、理論書通りのことはやらないのであった。笑 やはり、こうした音楽理論書は興味はもの凄くあるのだが、西洋音楽の理屈で、西洋音楽は科学の理屈でもあるのだが、自分は東洋人で、どこか感じ方が違うのである。ギターやピアノという西洋の楽器を使ってはいるのだが、自分の曲はどこか日本の民謡に近い。こう思うのであった。笑

やはり唄は感じたままが一番いい。理論は理論で知っておいて損は無いのだが、学校に通ってオリジナル曲に点数をつけられるものでも無いだろうし、基本、発想が自由でなくちゃ面白くない。自分が音楽に夢中になるのはこうした点で、理論を戦わせるのは科学者や数学者でいいだけの話だ。いくら学校で満点をとるような曲でも、その曲がすべての人に魅力的に映るとは思えないし、唄にはそういう一番人間の変てこな部分があると思っている。

そうした音楽の不思議を感じる、ゴールデンウイーク後半初日の休日、今日午前中なのであった。笑

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

エラーメッセージ

久しぶりにブログに向かおうと思い、ログインすると更新されてないプラグインがたくさんあって、書く前に更新ボタンを押すと途中でうまくいかなかったらしく、ページが開かなくなってしまった。このブログ、ワードプレスというものを使っていて、始めた時は結構こういったトラブルに何度もみまわれたのだが、最近はページの更新もしないので、久しぶりにイライラ感におそわれた。

前は、こういった場合は自然に復活して、再ログインできるようになったのだが、今回エラーメッセージを見ると致命的エラーだとかなんとかで、いつものエラーメッセージと違う、、、なにか嫌な予感がして、なおし方を検索なんかで調べてなんかしたりしている内に、知らない間になおっていた。そのおかげでこうして今、テキストを打っているわけだ。笑

このワードプレスのエラーメッセージだけでなく、ネット上のエラーメッセージはわかりずらいものが多い。もうほとんどが英語で何が書いてあるのかわからないのだ。この自分の音楽のウエブぺージを自身で管理し、制作までやるようになり、何度こうしたデジタルのイライラ感を経験したかわからない。イライラが嫌で前は結構自分でHTMLなりCSS、さらにはプログラミング言語のJAVA スクリプト等を独学で勉強していたのだが、最近はもうそうした熱も冷めてしまい、自分の音楽の方に、音楽の方に、と頭が行き、どう次の作品をまとめ上げようかとばかり考えていたのだが、久しぶりにイラついてしまった。

日本はデジタル後進国だとよくニュースでやっていたりするが、エラーメッセージがこれだけわけのわからない英語で書かれていると、それは当然というか、自分たちの言語じゃない文化になじめないのは当たり前のような気がして、なんで日本語で説明がないんだよ!と思ってしまうのであるが、プログラミング言語もすべて英語だしな、仕方がないといえば仕方がないのかもしれない。

冷静な目で見ると、もはや小学校でプログラミングの授業がおこなわれているくらいなのだから、今の子供たちが大人になった時にはみんなそれなりにプログラミングが使えるようになっているわけで、末恐ろしい世の中がやって来ても不思議ではない。笑 このホームページを運営するにあたって、こうした危機感を抱いて懸命に勉強しようとしていたのだが、疲れた。

なんだかもういいのだ。自分がやりたいことはネット操作では無くて、やっぱり音楽なのである。デジタル操作はそう言うのが好きな人に任せよう。自分にはまだやるべきことがある!日曜昼間、こう思うのであった。笑

人間好きなことをやる方がいいよ。世の中、その時々の流行りを追いかけていると何かを見誤っちゃう。後悔先に立たず。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

無料ストリーミング配信はじめました

ご無沙汰しております。このブログに向かうのも久しぶりで書き方を忘れてしまいそうなのですが、日曜お昼久しぶりに時間を持て余してしまい、このブログに向かってしまいました。笑

何を書こうかと思いを巡(めぐ)らすと、これしかないだろうという話題が一つだけあって、それは年末より、これまで私が創って来たオリジナル曲すべてをネットで無料配信するようにしちゃった事です。

なんと無料。

今までさんざんネットに無料配信はイヤだ!イヤだ!と主張してきたのですが、とうとう時代の流れに負けてしまいました。負けてしまったと言おうか、こうせざるを得なかったというのが実情で、ここからはなぜこのような行為に及んでしまったかということを説明しなければなりません。

今までは、ギター、ピアノの弾き語り作品だけをストリーミングの無料配信で、その他のバンド化された完成曲は有料のダウンロードだけにしていたのですが、このバンド化された完成曲もすべてストリーミングで無料で聴けるようにしちゃったのです。

最大の理由は、なんと言っても簡単な話でダウンロードしてくれる人がほとんどいないということであります。笑 配信するにはたいした金額ではありませんが、多少お金がかかっていたりもして、ギター、ピアノの弾き語り作品はストリーミング共々ダウンロードもできるようになっていて、この3年間の収入の合計金額をみると、なんだかんだ言って、ストリーミングの方がダウンロードよりも多くて、それであれば、ダウンロードだけに絞っていた他の作品もすべて無料ストリーミング配信した方がよろしいのではなかろうか?と考えたのであります。しかしながら、こうなることは最初からわかっていて、それでも、あえて完成化されたバンド作品を無料ストリーミング配信しなかったのですが、今回思い切ってすべてを無料にしちゃいました。

経済的な金額の問題だけでは無くて、自分の心の中の考え方の変化もあります。自分の音楽にとって、この世の世界は合わないとずっと薄々(うすうす)感じながら唄をうたってきたのですが、自分の人生のこの先はそんなに長くないと思うので、こうした世の中からの疎外感を受けた感じで、ずっと残りの人生を過ごすのはよそうと思ったのでした。

自分の音楽がこの世に合わないのではなくて、この世の世界が自分の音楽を必要としていないという現実があるだけで、それ以外の深い意味などどこにもないということなのですから。妄想はもう終わりにしよう。自分が死んだら、自分の音楽もすべて消えて行くのだから、有料も無料も関係ない、せめて無料にするのでできるだけたくさんの他人(ひと)に聴いてもらいたいと思ったのでありました。

聴いていただけるようであれば、全部ネット上で無料で聴けるようにしたので、ぜひ、聴いて下さい。

宜しくお願いします。

「仕事帰りの道すがら」ピアノ弾き語り

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。