昭和のなおし方

ここ10日間ほどこのブログを更新していなかった。していなかったと言おうか、できなかったと言った方がいいかもしれない。ワードプレスというソフトウエアを使って更新しているのだが、アドレスの末尾にwpとついたり、ページの下にワードプレスと表示されるのでそれを消したりしたところ、いろいろな不都合が起こってしまい、その対応にものすごい時間がかかってしまったのだ。

別に表示されるままにしておけばよかったんじゃないのと言われれば、おっしゃる通り、それでも全然構わなかったのだが、ネット上にアップされてるサイトを見ていると誰もwpをつけていたりもしないので自分も消しました。

オリジナルの曲を主張する割には、周りの視線を気にする自分が恥ずかしい~!

だいたいもう少しこのブログを始める最初からwpを消しておけばよかったじゃないか。そうなのだがやり方がわからなかったのだ。どんどんページが溜まってから変更すると多大な不都合が生じる。もう嫌だ。

けどネットに関して全くわからなかった自分がよくここまで来たなと感心するところもまたあるのも事実。他人(ひと)に作ってもらったホームページがスマホ対応になっていないため、自分でなんとかしようとあれこれ試行錯誤し始めたのが最初だった。

どうにかこうにかスマホで見れるようにしたついでにこの日本語のブログと話せもしない英語、フランス語、スペイン語の各ブログまで開設してしまった。アクセスも何となく増えてきて、調子に乗り始めるとこの体(てい)たらく。私の人生そのものじゃないか。調子に乗っちゃいかん。調子に乗っちゃ、、、。

ただ未(いま)だに、ネットあるいはパソコンに関してはわからないことが多過ぎる。わかないことを解決しないまま、このまま進んでいいのだろうか?いずれまた同じ疑問点にぶつかるのだ。まあ、ぶつかったらぶつかった時にまた考えればいいよ。その時はその時だ。

パソコンがトラブった時も、結局自分でパソコンをバラバラにしてハードディスクをはずしてSSDを入れたりしたりしたこともあった。そのおかげで結構パソコンにも詳しくなった気がする。何事も痛い目に合わないと覚えやしないのだから自分は。

お恥ずかしい話だが、まだ奥行きのあるブラウン管TVが主流だった頃、我が家ではTVが映らなくなって故障した時などは、TVの横をドン!と叩けば直ったりして、調子が悪くなる度(たび)にTVの横を叩いて、とうとう映らなくなってしまい電気屋さんに修理に来てもらったところ、中を開くと機械そのものが下にくずれ落ちてしまっていて直しようが無い、こんな無残(むざん)に壊されたTVを見たのは初めてだと言われてしまったことがある。(笑)

パソコンにしてもワードプレスにしても?。昔のTVのようにドン!と叩けば直ってくれないかな?自分が生まれてこの方、世の中なにが変わったかと言えば何も変わってはいない。ただ変わったと言えるのはパソコンとか携帯やスマホを使うようになってインターネットで何でも調べられるようになったことだ。こんなもの昔は無かった。ただ契約もそうなのだが、操作も複雑でそれなりに勉強しないとなかなか使い勝手が良くならない。だからみんな下を向いてスマホと睨(にら)めっこしているのかもしれない。

今さら昔に戻れるわけでもないのだが、ちゃぶ台の前でTVを見ながら家族みんなで食事をしていた頃の方が人間は幸せだったのではないか?複雑なパソコンやスマホ、ネットプラグインの操作を時間をかけて目を悪くしてまで勉強し、一人の世界に没頭して実際なにかいいことがあるのだろうか?

今、見てるパソコンのモニターの横をドン!と叩くと、グーグルからなんでこんなエラーメッセージが来たりするのか?このブログのファイルがどこにバックアップされているのか?今の私のわからないことを瞬時になおしてくれたりすると助かるのだが。

単純な昭和なパソコンやスマホが欲しい…

音楽配信

白髪アイドルへの道 カスタマー・ジャーニー・マップ作成

白髪アイドルになる記事をしばらく書いてませんでしたが、その道を諦(あきら)めたわけではございませんで、ただ色々なことをやらなければいけなかったのでなかなか前に進めなかったのです。

これまでの話を整理すると、自分の音楽をいかに売り込んでいくかをマーケティングの方法で分析を始めてみようという第1話「音楽マーケティングYUKIOの場合」、白髪アイドルを思いつき、そうなるためのまず市場分析をした第2話「白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析」、次に白髪アイドルYUKIOのファンになって音楽を買ってくれる仮想人物=ペルソナを作成した第3話「白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 ペルソナ作成編」、まで話は進んでいました。※マーケティングと検索すれば関連の記事が読めます。

そして、 29才 女性 職業 翻訳家 音楽好き 邦楽というよりはどちらかといえば洋楽好き 東京在住 たまに着物を着て和装して外にでかける趣味がある バツイチ 子なし 最近白髪が多少でてきて気になりはじめ、髪を染めようか染めまいか悩んでいるペルソナが出来上がり、名前をルナと名付けました。

ペルソナ、ルナを表で手書きしたもの

前回だとこの次の段階で ウェブ上でのまず最初の成約に持っていくためのページ 、いわゆるランディングページの作成を予定していたのですが、その先にそのランディングページにルナが誘われていく具体的な行程を考え出さないと繋(つな)がっていかないので、その工程、いわゆるカスタマー・ジャーニー・マップを作ることにしました。

ペルソナ作成ではツイッター上でつぶやきながら考えたのですが、カスタマー・ジャーニー・マップは文字だけを羅列して想像すると、様々なパターンが考えられるため整理がつかなくなるので、思い切って表に手書きしてみました。その方が可視化されてよくわかるのです。その表を今回、掻(か)い摘(つま)んで説明しようと思います。※参考にしたのは”はじめてのカスタマージャーニーマップ ワークショップ”という本です。

まず顧客行動を洗い出すというところから始めました。ルナの行動を洗い出すのです。音楽好きのルナはSNS(インスタ、ツイッター)無料音楽サイト(spotify)などで常に新しい音楽をチェックしている。気に入った音楽を調べ、気に入るとダウンロードかCDで購入。友達にも知らせたりします。次にその行動をステージ分けして、出会い、リサーチ、購入、ゴールとしました。

ルナの行動とそのステージ分けの表

参考にした本の指示通り、ルナとの接点がどこにあるのか、そしてルナが各ステージでどのような感情起伏があるのかを分析。

ステージ別ルナとの接点、ルナの感情起伏

そして最後にそうしたルナの感情や行動に対する自分なりの対応策を考えてみました。

ルナの行動に対する対応策

こうして、ようやくルナが白髪アイドルYUKIOのファンになって音楽を買ってくれるカスタマージャーニーマップが完成しました。一番肝心なのはこの計画に期限を区切ることです。ここでは半年としました。ではどの段階をはじまりとするかなのですが、すべての下準備が揃ってからの半年ということにしました。まだ準備が整ってないのです。整い次第始めようと思います。乞うご期待。音楽配信

音楽の習慣

人というか動物というか、地球上の生命体は習慣で基本毎日を暮らしていると思っている。ご飯は何で朝、昼、晩で食べなきゃいけないのか?昼働いて、夜寝るのか?

朝ご飯を抜いてる人とか、夜働いて昼寝る人とか人によって千差万別(せんさばんべつ)なのだが、その人達も要は習慣漬けされていて、その習慣に従って生きている。習慣が大切なのだ。

しかし習慣といっても良い習慣と悪い習慣がある。学生さんであれば夜遅くまで勉強する習慣があればいろいろ勉強できて有名な大学や大きい倒産しない企業とかに入れるので良い習慣だが、毎晩お酒を飲んで愚痴(ぐち)を垂れている私のような大人の習慣は悪い習慣だ。どれだけ良い習慣を頭と体に覚えさせることがその人の運命を決定づけているような気がする。

先日アメリカのメジャーリーグまで行って活躍して引退したイチロー選手も毎日が習慣づけされた生活を送っていたらしい。スポーツ選手は体が衰えることによって引退するのかもしれないが、脳ミソだってたぶん衰えてくる。

スポーツ選手に限らず、今まで通用していた自分の考え方が通用しない。10年前あれだけもてはやされたのに今じゃ誰も見向きもしない。それは当たり前のことなのだと思う。常に時代は動いていて、昔じゃ考えられないことも今では普通に受けとめられることとかもざらにある。

昔の自分の姿が懐かしいが、それを懐かしがっていたら駄目だ。新しい良い習慣をつけないと駄目なような気がする。このブログも私の中のひとつのチャレンジなのだが、なるべく続けられるようにしようと思っている。

なにせ昔の考え方が通用しない。いままで上手く行っていた考え方が通用しないのだ。これが一番困る。当たり前だと思っていたことが、実は全然当たり前ではなかった。今までの自分の考え方が元から崩れ去っていく。こんな困ったことはない。

ただ言えることは諦めちゃいけないっていう事。諦めなければ何かが動くはずだ。それを見定めて行くしかない。諦めてはいけない。諦めるということはすべてが無くなるということだから。人生、無にしてはいけない。音楽配信

音楽になりたい

動画を多少、知恵を使って編集するようになりました。前はライブ模様を安い音楽ビデオカメラで撮ってただアップするだけだったのですが、その動画に無料のイメージ動画をダウンロードして挟(はさ)むようにしてみました。しかし全然アクセスが伸びません。(笑)

大体、この安い音楽ビデオカメラが腹が立つ。音は良いのだが画面をズームにできないんです。こんなことありか!ズームにできないので三脚をボーカルマイク直前まで持ってきて撮影する始末。私を観てくれるお客さんにとってみれば邪魔で仕方がないのですが、基本お客さんがいないので勝手に三脚立てて唄ってます。

先日のライブではとうとう”何か三脚が入って来るお客さんの邪魔になりそう?”とかいろいろ言われてしまいました。ただ音は良いんです。音は。こんな感じで試行錯誤してやっております。

「音楽になりたい」というピアノ弾き語りのライブをユーチューブにアップしたのですけれど誰も見てくれないので、今回は自己解説したいと思います。難しい音楽用語が出てきますが、楽器をやっている方は多少参考程度に、やってない方は適当に飛ばしてください。基本、音楽は好きか嫌いかですから。

尖(とん)がった曲さんざん創ってますが、この「音楽になりたい」は私の唄ものの中で一番尖(とん)がり過ぎた曲となっております。この曲をやるとだいたい反応がない。(笑)なにか違う世界の音を聴いているような反応になっちゃって、さんざん私を悩ませて来た曲なのですが、無茶苦茶なことをやろうと思っているわけではなく、ちゃんと私の中では整理がついている曲なのです。それをお話したいと思います。

この曲の最大の特長はリズムで、アクセントが1拍3泊にあります。今のこの世のポピュラー音楽の大部分を占めると思われる2拍4拍のアフタービートではございません。前拍のリズムというのはレゲエもそうだと思いますが、レゲエとは微妙に違っています。なぜかというとこの曲をレゲエにしようと思ったこともあったのですが断念した経緯もありまして、テンションコードがたくさん入っているのでレゲエにはならないのです。もっと日本的な叙情性みたいなものがあります。

キーはEで、前奏EからAへ、そして次からわけのわからないコードが3つ出てきて唄へ、面倒臭いんでここは端折(はしょ)って、唄部分もEからAそしてわけのわからないコードがきます。このわけのわからないコードとは、ルートがD(レ)なのですけど、レ、ソ、シ、ミとなってまして1.4.7.9となります。1.4.7.9といったらなにかといいますと、4度で重なってるとも言えますし、Dsus4の5度を省略して9を入れたものとも考えられます。ここではベースがルートから5度に行ってるのでDsus4の5度省略なのだと思いました。なんでそう弾かないんだと言われれば、そう聞こえて来なかったんだとしかいいようがありません。

ドミナントのB7のsus4に行って、そこからなんと半音キーが上がってFになります。いきなりFに行くのではなくC#、D#、Fmaj7と行きます。Fmaj7とB♭maj7が繰り返されてAm7、D7と行ってそこから間奏Edimに行きまたまた半音上がってFdimに行ってキーEの唄に戻ります。無茶苦茶だな。(笑)

2回繰り返して、最後4和音Emaj7、Amaj7、Dsus4,F#sus4と行って最後なんとBaugに行って全音のスケールを使って終わってます。

呆れるくらい無茶苦茶なんですけど、私の頭の中では綺麗に整理がついていてなんでそんなに白い目で見られるのかがわかりません。

こんな曲もあるのですよ・・・。ちまたに流行っている音楽ばかりが音楽じゃないんですよ・・・。たまには違う唄を聴いてみませんか?なにか新しい発見があるかもしれませんよ・・・。最初の10秒くらいは聴いてみませんか・・・?

だんだん弱気になってきた。せっかく動画作ったのでお時間あれば見てください。自分としては世界のどこにもないいい曲だと思っております。本当はこの曲のバンドバージョンつくりたいのですが、生きてないかもね。(笑)音楽配信