ペルソナ”ルナ”

さて何書こう?SNSについて書くしかないかな?何も思い浮かばないし、、、。年末からインスタグラムの方で結構投稿するようにしている。どうでもいいようなものばかりなのだがそれでいいのだ。ほとんど興味は無かったのだが、みなさんみんな見てるようなので、これを利用するしか手は無いと思い、がんばって投稿しているのだ、がんばってと言おうか、なるべくがんばらないようにしている。(笑)

がんばってやると、ネットのこうしたブログも含め最初の内だけ熱中してあとが続かなくなるからだ。できるだけ実生活に影響がない程度にやろうとするのだが、やはり時間がとられてしまって、ウーム辛(つら)い!ということになって来る。

毎日、朝散歩するのだが、その散歩の風景を適当にスマホで撮ってお昼ごはんのあとにアップしている。通り沿いの風景や、公園の緑、池なんかの画像を自分の曲をBGMにして投稿するのだ。自分の曲が使えないようであればこんなにインスタグラムを使うことは無かっただろう。(笑)なんでみなさん、そんなにSNSが楽しいのだろうか?(笑)

インスタを再開するにあたって、何をアップすればいいのだろう?と最初考えた時に、なるべく負担にならないような毎日おこなっている自分の習慣をアップするしかないと朝散歩を思い立ったのだった。

ただ朝散歩は本来自分にとって、その日何をするのか考えながら無目的に散歩するのであって、インスタの画像を撮るという目的が出て来てしまったために、妙に頭(あたま)が凝るとういう表現は変かもしれないが、なんだかちょっと疲れたりするのである。

散歩しているあいだくらいは、もっと自由が欲しい~!

と思ったりもするのだが、SNSを継続するためには仕方がないと思い、がんばって時間を割(さ)かないように撮影するのであった。(笑)

インスタの自分のアカウントのコンセプトはこのように朝散歩に決まったのだが、次は誰に向けて表現するかと言うペルソナ像の設定に、ずっと最近は頭を悩ませている。ペルソナとはウエブマーケティング上の対象にする人物像で、できるだけ具体的な人物像を設定するのが良いとされている。

コロナ流行前には、「月」という作品をプロモーションしようと、このブログでも書いたが、ペルソナ”ルナ”を作成したことがある。”ルナ”とはどういう人物像なのか?

29才 女性 職業 翻訳家 音楽好き 邦楽というよりはどちらかといえば洋楽好き 東京在住 たまに着物を着て和装して外にでかける趣味がある バツイチ 子なし 最近白髪が多少でてきて気になりはじめ、髪を染めようか染めまいか悩んでいる。

あらためて思い浮かべてみると、なかなかすごい人物像なのだが、(笑)この”ルナ”、実際にいたのであった。いたと言うのはちょっと大げさなのだが、この”ルナ”に近い人物が実際にいた。

どうしてわかったかと言うと、noteというサイトで作品「月」の中の「友だちが欲しいよ」という曲をプロモーションしようと思い、かつての友だちとの思い出話を七つ書いたところ、その内の一話で”いいね”してくれる人がいて、自分の話に”いいね”してくれるなんて珍しい奴がいるなと思い、どんな奴だ?とその”いいね”先のプロフィールページを見ると、ロンドン在住の日本人女性で普段は着物を着て街中を出歩いていると言う、翻訳家なのか?そこらへんはよくわからなかったのだが英語がペラペラで、ロンドンに住んでいるみたいだ。年齢も画像が小さくてよくわからなかったのだが、20代か30前半に見える。

まるで”ルナ”じゃないか!!

と、その時は思ったのであった。どうだ!自分のマーケティング戦略は馬鹿な絵空事(えそらごと)ではないことが証明されたのだが、残念なことに”ルナ”とは微妙に違っている点もあり、音楽というよりはどうやら絵画鑑賞が好きらしいと言うのと、一番違和感を感じたのは、彼女がそのnoteというサイトの中で何千人というフォロワーを持つインフルエンサーだったのであった。なんだフォロワー欲しさに適当に”いいね”を送っている内のたぶん、自分のアカウントは、その一つなのだろうなと予測できた。

その後、この彼女を”ルナ”に見立て、note上でいくつかの具体的な施策をほどこしてみたのだが、反応は無く、「そりゃあ、そうだろう、インフルエンサーが無名のソングライターの曲を買ってくれるはずなど無いよな。」と、諦めたのであった。(笑)

ただ、自分のペルソナ設定は当時こんな人間いるはずは無いじゃないか!と自身でも半信半疑(はんしんはんぎ)だったのだが、あながち間違っていない、理屈はちゃんと通っていると確信を持ったのである。

※マーケティングに興味ある方はこちらを読んでいただくか、このブログの”ウエブマーケティング”というタグをクリックしていただくと、当時、このペルソナ”ルナ”にたどり着くまでの私の理論構成がすべて読めるようになってます。

今回、インスタグラムのアカウントを運営するにあたり、やはりペルソナ作成は必要だと思っていて、この”ルナ”ほどまで、落とし込むところには行ってないのだが、散歩の画像を見るついでに自分のオリジナル曲がかかるようになっているので、散歩好きの人が対象になると思っている。そこまでで、どのような人物が像(ペルソナ)となるのか?まだ想像できないのだが、街を歩いている(散歩している?)若者を注意深く見ていると、結構みんなワイヤレス・イヤホンで音楽を聴いているのがわかる。そこらへんがヒントになると思っていて、あるいは、ペルソナ”ルナ”をもう少し落とし込んで、具体的なインスタグラムのプロフィールや投稿を”ルナ”向けに考えてもいいのかもしれない。。。

まだ頭の中がグニャグニャして、整理がついてないのだが、今回もペルソナ設定は必要だと考えていて、いずれまたこのブログで報告できるようにしてみたいと思っている。乞うご期待!

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!(セキュリティー強化!!ご安心ください。)

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

自分にとっての新曲

イライラしている。どこに電話をかけてもやっていないか、年始の営業で忙しそうで出てくれない。昨年の末から頭に描いていたスケジュール通りにまったく進まなくて困ってしまっている。今年いったいどうなっちゃうのだろう?心配ばかりしていても気が重たくなるばかりなので、このブログに向かってしまった。

最近は音楽の聴き方が変わった。もう何年も音楽を買うということが無くなってしまって、昔のものを聴くはめになっている。自分の若い頃、聴いていたミュージックテープが捨てずに残っていて、その後のCDと合わせてミュージシャン別に整理がしてあって、何年か前はずっとマイルス・デイヴィスを、昨年は忌野清志郎を聴いていた。最近はスティービー・ワンダーを聴いている。

ストリーミングサービスのspotifyでも聴くことは聴いていて、黒人ブルースのプレイリストを作って聴いたりしていたのだが、なんだか飽きた。20代後半になる姪っ子がピカピカの新車の中でADOの”新時代の~♪”とか歌っている曲をspotifyでガンガンに流しながら一緒に口ずさんでいたので、若い子は今こういう曲が好きなんだ?と思い、”新時代のおろかもの~♪”というフレーズが思いつき、いつか公開してやろうとたくらんでいたのだが、この”新時代の~♪”という曲が昨年一番ヒットした曲らしく、紅白歌合戦にも出ていたようで、真似(まね)た曲を作ってもね~?と思い、どうしよう?破棄しようかな?と思案中なのであった。笑

最近の新聞で読んだところ、音楽ストリーミングサービスは全盛なのだが、聴かれている曲の内訳を見ると最近の曲が3割で、残りの7割は過去の曲らしく、やはり時間に淘汰(とうた)されずにしぶとく残ってきた曲は強いみたいだ。もちろん、すでに知っている曲だからこそ安心してストリーミングサービスで聴くという面もあるのだろう。

こうした曲を相手に、自分のギター弾き語りとピアノ弾き語りの名もなき曲は勝負を挑んでいる。3~4年配信し続けていて、もう誰も相手にしてくれないよと言われてしまいそうだが、止(や)める気は更々(さらさら)なく、世界中でこの曲を聴いていない人たちはまだ何十億もいる、この人たちにとっては自分の曲はまだ新曲なんだ!と思ってしまうのだった。

間隔をあけて、新曲を作って宣伝し商売をするというのは、もう若者向けだけでいいような気がする。若者は格好良さを求めて流行歌を求めるのかもしれないが、自分のようなジャンル区別なく、ただの音楽好きの人間にとってみれば、昔の曲も今の曲も、はじめて聴く曲は新曲なのである。毎週土曜日にコーヒーを飲みに行くクラシック喫茶でかかる何百年前に創られたモーツァルトやベートーベンの曲もはじめて聴く曲は何曲もある。その曲たちはすべて自分にとって新曲なのだ。新鮮で古い曲で片づけられない魅力がある。ADOの”新時代の~♪”という曲と同じ地平線上にあったりする。

本当にレコード会社かミュージシャン側が新作を出すと聞いて買ったのは、たぶんもう20年以上前になると思う。プリンスがプリンスという名前では無くて、なにか記号のようなマークでやっていた頃だ。それ以降はもう自分にとってみれば、古かろうが新しかろうが、はじめて聴く曲はジャンル関係なく、なんでも新曲なのであった。笑

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!(セキュリティー強化!!ご安心ください。)

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

YUKIO音楽2023

お正月3日目、テレビでは箱根駅伝がやっている。今住んでいる家は西日が強くて、なるべくカーテンを閉めるようにしているのだが、この2日間昼間は開けっ放しにしてしまった。陽(ひ)の光がお昼の1時から2時くらいのあいだに部屋に注がれて、冬の乾燥した空気が少し緩(ゆる)まって、お酒を飲むのにちょうどいい気分になるのであった。窓から注ぐ陽(ひ)に

これがご来光(らいこう)だな~。わざわざ富士山に登らなくてもいいな~。

と、ご満悦し飲むお酒は格別で、すっかりお正月気分なのだが、あまり悠長(ゆうちょう)に構えている場合ではなく、今の自分の置かれている立場は、この歳(とし)になっても不安定で、特に今年はいろいろなものが変わって行く始まりの年になると思っていて、今後一体自分はどうなってしまうのだろう?という不安感だけが頭の中をうずまいていて、身が引き締まる思いをしているのであった。

同じ齢(とし)だった頃の父親の姿を思い出しても、もっとこんな浮ついた感じでは無く落ち着いたものだったような気がして、やはり職業柄が人間の性格だとか外見にも影響を及ぼすものなのかなとも思ったりもする。

ただ、自分を卑下(ひげ)してばかりいても楽しくないので、自分らしく、自分の特長を生かして、がんばるしかない。経験上、やはり守りに入ってしまっては駄目で、攻めないといけない。どんなにビビるような環境に陥(おちい)っても、攻めるところは攻めるべし!そのためには前もった周到な準備が必要で、その準備を怠(おこた)ってはいけない。なんだか自分に言い聞かせる新年の抱負(ほうふ)みたいな感じになって来ちゃったな。

まあ、こんな感じで、そのはじめとして、今年は少しSNSに力を入れようと思っているのだ。今まで一応は登録はしているのだが、ほとんど見ることもなく、活用して来なかったのだが、このhttps://yukio.asia/のホームページの方が見栄えは悪いが自分のやりたかったことをすべて完成させることができたので、次はSNSの方をおもしろくできればいいかなと考えているのだった。

手始めとして、年末からインスタグラムの方でちょくちょく投稿するようにしている。正直ほとんど興味はなかったのだが、自分のオリジナル音楽を聴かせられるという機能が付いていることを発見してしまったので、投稿だけでなく、リールやストーリーズと呼ばれる数十秒の動画にオリジナル曲をくっつけて発信しているのだ。

ギター弾き語りとピアノ弾き語り以外の曲はダウンロードしかできない形にしていたのだが、すべて解除、フェイスブック・インスタグラムで自由に曲をBGMとして使えるようにしたので、自分の投稿の中で好きなように曲を選んでアップしているのであった。

このブログを読んでいる人がいるとは思えないのだが、もしこの記事が目にとまったのであれば、ぜひ私のオリジナル曲の中でお気に入りの曲を、自分のフェイスブック・インスタグラムの中で使ってみよう!実は使用されることで多少お金が入ったりするからだ。

微々(びび)たるものだけどね。笑

YUKIOオリジナル音楽インスタグラム

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!(セキュリティー強化!!ご安心ください。)

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。