仁義無用のデジタル世界

知らない内に、私の曲をダウンロードするページすべてが消えてしまっていた。笑わずにはいられない。ワハハ。あれだけ苦労して作り上げたページが大量に消えているのだ。前々回のこのブログを書く前にプラグインの更新をした時にエラーが出て、致命的とか書いてあったが、自然とログインできるようになったので、気にしていなかったのだが、こういうことか。まあ、仕方がないと言おうか、デジタルって必ずこういう所がある。どうしよう?

デジタルって便利なようで、便利じゃない。一旦、システムが止まると、原因をつきとめない限りは永遠に止まってしまうのだ。今回の問題は、たぶんもう解決できないと思っている。それなりにこのウエブページの運営、作成に関しては勉強はしてきているのだが、本当の専門家では無いので、この私の曲のダウンロードページを復元するのは不可能だ。

なぜこうなってしまったのかと、いろいろと推測するのだが、ダウンロードシステムを組んだプラグイン、アメリカのeasy download system社からお金を払ってこの拡張システムを更新してくれと散々メールで連絡が来たのだが、もうこれ以上お金をかけるつもりも無くて、断ってしまったのが原因のような気がする。たぶんeasy download system社にお金を払うと復元できるはずだ。ただもうeasy download system社のお世話にはなりたくないと思っていて、理由はこのダウンロード決済の拡張システム買った時に、毎年更新でお金がかかるとは書いてなかったような気がして、今さら更新料がかかるとか、話がちょっと違うのではないかと思ってしまったからだ。あるいはすべて英語のページなのでそういう風に書いてあったのかもしれないが、そこまで詳しく英語のページが読めないので自分の方で見落としていたのかもしれない。

ただ、まさかこんな強制的な感じでページを消されてしまうとは・・・、思ってもみなかったのであった。アメリカから、こんな簡単にページを消せるものなのか?いやはや胴元(どうもと)に逆らうと、こういう目にあってしまうのか?デジタルの世界はやっぱりシステムの元を握っている人間が支配しているのである。こうしたデジタル世界を牛耳っているのはほとんどがアメリカの企業なので、いったんこうしたアメリカ企業が怒って、もうお前たちとは取引きしないよと言ってしまえば、日本の政府や大企業だってほとんど無力だ。その割にはみんなのんきに外国大手のSNSを使っていたりする。笑

愚痴を書いてしまったが、これからどうしよう?頭の中で考えていることがあって、ワードプレスの別の無料ダウンロードプラグインがあって、そちらを使って私の曲のダウンロードページをあらためて作ってみようとは思っているのであった。しかしながら、もう面倒くさくて、面倒くさくて、また、ああでもない、こうでもないと、デジタル作業を進めないといけないのである。もう、いいよ、自分の音楽に集中させてくれ!と思うのだが、現実は自分の思ったように動いてはいかない。誰にも認められない歌手は常に、歌うことだけではなく、その周りのいろいろなことをやらないといけないのである。自嘲気味(じちょうぎみ)に笑うしかないな。今までもそうして来たし、これからも変わらないだろう。死ぬまでいろんなことをやらざるを得ないんだ。

今回は仁義無用のデジタル世界の小さな内幕を書いてみました。おそまつ。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

エラーメッセージ

久しぶりにブログに向かおうと思い、ログインすると更新されてないプラグインがたくさんあって、書く前に更新ボタンを押すと途中でうまくいかなかったらしく、ページが開かなくなってしまった。このブログ、ワードプレスというものを使っていて、始めた時は結構こういったトラブルに何度もみまわれたのだが、最近はページの更新もしないので、久しぶりにイライラ感におそわれた。

前は、こういった場合は自然に復活して、再ログインできるようになったのだが、今回エラーメッセージを見ると致命的エラーだとかなんとかで、いつものエラーメッセージと違う、、、なにか嫌な予感がして、なおし方を検索なんかで調べてなんかしたりしている内に、知らない間になおっていた。そのおかげでこうして今、テキストを打っているわけだ。笑

このワードプレスのエラーメッセージだけでなく、ネット上のエラーメッセージはわかりずらいものが多い。もうほとんどが英語で何が書いてあるのかわからないのだ。この自分の音楽のウエブぺージを自身で管理し、制作までやるようになり、何度こうしたデジタルのイライラ感を経験したかわからない。イライラが嫌で前は結構自分でHTMLなりCSS、さらにはプログラミング言語のJAVA スクリプト等を独学で勉強していたのだが、最近はもうそうした熱も冷めてしまい、自分の音楽の方に、音楽の方に、と頭が行き、どう次の作品をまとめ上げようかとばかり考えていたのだが、久しぶりにイラついてしまった。

日本はデジタル後進国だとよくニュースでやっていたりするが、エラーメッセージがこれだけわけのわからない英語で書かれていると、それは当然というか、自分たちの言語じゃない文化になじめないのは当たり前のような気がして、なんで日本語で説明がないんだよ!と思ってしまうのであるが、プログラミング言語もすべて英語だしな、仕方がないといえば仕方がないのかもしれない。

冷静な目で見ると、もはや小学校でプログラミングの授業がおこなわれているくらいなのだから、今の子供たちが大人になった時にはみんなそれなりにプログラミングが使えるようになっているわけで、末恐ろしい世の中がやって来ても不思議ではない。笑 このホームページを運営するにあたって、こうした危機感を抱いて懸命に勉強しようとしていたのだが、疲れた。

なんだかもういいのだ。自分がやりたいことはネット操作では無くて、やっぱり音楽なのである。デジタル操作はそう言うのが好きな人に任せよう。自分にはまだやるべきことがある!日曜昼間、こう思うのであった。笑

人間好きなことをやる方がいいよ。世の中、その時々の流行りを追いかけていると何かを見誤っちゃう。後悔先に立たず。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

YUKIO根性論

窓から陽の光が入って、とても気持ちのいい午前中だ。本来は今日、井の頭公園に唄いに行く予定にしていたのだが止(や)めにした。膝(ひざ)が調子悪いのだ。昨年1年間できるだけ公園で唄うようにしたのだが、予想以上に自分の体に負担がかかっているみたいで、唄を外でうたうということは肉体労働であり、ものすごい重労働なのだなと実感している最近なのである。

膝だけでなく、喉(のど)も、かれ気味で、どうも気持ち良く唄えない。昨日土曜日に公民館のピアノ室でピアノに合わせて唄っていたのだが、盛り上がるところで声が多少かれていたりする。家族にそれは発声が悪いのよ、もっと腹から声をださないと!と檄(げき)を飛ばされたりもするのだが、確かに発声法を誰かに教わったこともないし、すべてが自己流なので、何が正しくて正しくないかはわからないのだが、たとえ正規の発声法を教わっていたにしても、唄をうたい過ぎれば誰だって喉はかれるわ!と思ってしまうのである。膝も喉も有限であって(限りがあって)、そんな根性論でそれを超越(ちょうえつ)して行け!と言われても、困るのであった。

土曜日に公民館のピアノ室でうたい、日曜日に井の頭公園で半日立って、続けてうたうことは、今の自分にとっては重労働過ぎるのかもしれない。土曜日にピアノ室に予約の入っている日の次の日曜日(今日のような日)は井の頭公園に唄いにいかなければいいだけの話なのだが、そうするとなんだかまた寂しい気がするのであった。笑 

どうせ井の頭公園で唄ったにしても、たいしたお金が落ちるわけでもないのに、なぜここまで自分は外で唄をうたうことにこだわるのか?自分でもよくわからないのである。この齢(とし)になると、周りはたぶん社会的に地位のある、いわゆる分別のある大人としてみなさん振る舞っているのだと思うのだが、幸いにしてというか、不幸にしてというか、(笑)そうした友達も誰もいないので、影響を受けないと言おうか、そういう悟った大人になりたくないと言おうか、とにかく自分の唄をわからせるまでどれだけ馬鹿にされても唄ってやるのである。

なぜだかって?それは自分の創った曲がとてもいい唄だと思っているから。

今日は休んでしまったが、来週どうしようか?来週も土曜日ピアノ室の予約が入っていて、日曜日井の頭公園で唄う予定になっているのだが、膝の調子があと1週間で治るようなものでもないと思うし、体を壊してまで唄い続けるのか?どうなのか?どこかで判断しないといけない。唄い続けるしか無いのだが。

結局は最後、根性しか無いのかもしれないな。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、paypal決済でお買い上げできます。

音楽配信やってます。spotify、アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック、アマゾンミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。