真夏の日本語レゲエ

今日も暑い。若い頃は夏によくレゲエを聴いた。レゲエを聴いたというかボブ・マーレーをよく聴いたと言った方がいいかもしれない。レゲエといえばトロピカルなイメージがあるが、歌詞は政治的な意味合いのものも結構あったりしてそんなビーチで聴くような音楽ではないと昔は評論家の人達は物知(ものし)り顔風に言っていたが、やっぱり暑くなるとレゲエが聴きたくなる。雪が降ってる寒い中では聴きたくない。(笑)

だって暑い国で生まれた音楽なんだから、歌詞がどうあろうと暑い時に聴きたくなるというのが筋(すじ)ってものだ。

レゲエというと若い頃ロックばかり聴いてた時期から黒人音楽にどっぷりとハマっていくちょうど過渡期に聴いた音楽だった。バンドでボブ・マーレーの有名な「ノーウーマンノークライ」という曲をやったりして、全然黒くならないので、真似(まね)るよりも、自分にあった身の丈(たけ)の自身の曲を創って唄った方がいいのだとその時感じて今に至っているような気がする。

ただヒップホップが流行って以来、押され気味でなんだか最近あまり街中でも聴くことがなくなってしまった。ボブ・マーレーのように有名な人が出てこなかったというのもあるのかもしれない。

彼の有名曲をいくらコピーしても全然本物っぽくならないので、自分のオリジナル曲でレゲエ調の曲をなんとか創れないかとずっと思っていてできた曲が「立ちっぱなし」という唄だ。

夏の暑い時期に、通りゆく車に排気ガスをかけられ”バカヤロー!”と叫んだかいもなく、無視され車は行ってしまう。虫っけらのような人生だがこんな人生にも意味があるんだよ!(笑)と、要約するとこんな感じの歌詞で笑ってしまうがちゃんとした立派な日本語のレゲエだと思っている。

今度の金曜日のライブで久しぶりにやってみるか?

夜になっても鳴りやまない蝉(せみ)しぐれが聞こえるビルの片隅(かたすみ)。裸足(はだし)で歩くには火傷(やけど)しそうなほど熱くなってるアスファルト。涼むためだけに意味もなく街をぶらつく若者達。みんなどこか暑さでイ・カ・レ・テ・ル。

真夏の熱帯夜。1曲だけだがレゲエを聴きに来ませんか?

8/9(金)夜8時より 大久保水族館 1ドリンク付き 料金1500円(本来お店の料金は1000円です。500円は私専用のミュージックチャージです。来ていただいた場合は500円、私、YUKIO本人に手渡してください。ご了解の上ご来店ください。)音楽配信

我輩は猫である

自分の住んでる街には野良猫が結構いるように思う。近所の散歩道には気づけば猫に餌(えさ)を与えている人か、スマホをじっと見て突っ立ってる人、たぶんポケモンGOをやっている人がウジャウジャいる。(笑)

そんな野良猫が家の周りで糞(フン)や尿を垂れるので臭(くさ)くて困ってたりもした。見てる分には犬も猫も嫌いじゃないのだが臭(にお)いを残されると、獣(けもの)の臭(にお)いというか人間と違っているのでどうも嫌(いや)になってくるのだ。

道路を挟んだ向こう側のご近所さんも二匹猫を飼っていて、ただその猫たちは外には出てこない家の中で飼われている。前は外で飼われていた猫もいたのだが死んでしまったみたいだ。随分と可愛がられていた猫で毛艶(けづや)も良く、人間を見ても怖がらず、我が家の周りでいつも昼寝をしていた。

その猫が死んだあと、よく似た野良猫がご近所さんの家の前で餌乞(えさご)いを始めた。去年の冬か一昨年(おととし)の冬だったと思う。哀れに思ったのかご近所さんは駐車場に段ボールの掘立小屋を建て、その野良猫を飼い始めたのだが半年ほどしたある寒い朝、その野良猫も死んでしまったらしく掘立小屋も無くなっていた。

なんでこんな話をしたかというと、その野良猫は非常に目つきの悪い猫で、そこまで睨(にら)まなくてもいいだろうというほど、睨(にら)んできて、人間の私がビビるくらいであった非常にインパクトの強い猫だったのである。

明かに飼い猫ではない野生の目つきで、”誰も信じちゃいね~よ!”といった感じがとても他人事(ひとごと)、いや他猫事(ねこごと)とは思えず(笑)、よくぞ頑張って生きて来たなと褒(ほ)めてあげたくなるくらい荒(すさ)み切った雰囲気を漂わせていた。今から思えばご近所さんに餌乞(えさご)いをし始めた時にはもう病気だったのかもしれない。

あまりに面白そうな猫だったので、毎月送っている私のライブ勧誘メールの中にエッセイと言おうか小説と言おうかこの猫を主人公にした文章を連載して書いてみた。その名も「我輩は猫である」。(笑)ご存じ文豪、夏目漱石の有名な小説「吾輩は猫である」をパロディーにしたもので、どうせ誰も読んではいないだろうと思い、過激に好き勝手書いたものだった。

その野良猫も死んでしまって、私の「我輩は猫である」も終わっている。せっかくがんばって書いたのでまとめたものをnoteというサイトにアップしてある。不意に思い出したので今回紹介してみた。読んでみませんか?猫ブームと言うが、人間が勝手に思ってるだけで、野良猫達は人間の入り込めない猫社会で毎日生死をかけて必死に生きているのかもしれない。

ただ、それはもの凄く残酷(ざんこく)な世界なのかもしれないが美しい世界でもある。今回そんな気がした。自分もそんな世界の中の一員なのである。音楽配信

歪(ひず)み系ギタリスト

自分の曲で「太陽」という唄があります。4つ目の作品のタイトルにもしてまして私にとっては非常に重要な曲です。歌詞の内容は8月今の季節の炎天下の太陽の下、”逃げ出すことはできないんだ~!ボクはキミの言うこと従うよ~!一人が嫌なら手をつなげ~!孤独が嫌なら手をつなげ~!”と独白し、(笑)”太陽は昇っていく~すべてを照らし~”と熱唱、(笑)最後、”灼熱の地獄をくぐり抜け、燃えろ~!燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトするもので、(笑)とても熱いものとなっております。

太陽も暑いし、気持ちも熱いというダブルの熱でこんな熱い曲はないんじゃないかと自画自賛(じがじさん)なんかしたりはしませんが、(笑)とてもホットな曲です。

この夏の太陽の暑さを表現するために、”燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトしたあと延々(えんえん)と歪(ひず)み系エフェクターを使ったギターソロが続くことになってます。(笑)

今時(いまどき)ギターを歪(ひず)ませてどうするんだ?時代はクリーントーンだと言ってるのに馬鹿かお前は?と言われてしまいそうですが、いいんです。歪(ひず)みが頭に聞こえてくるのです。時代なんて関係ないんです。歪(ひず)ませたいんです。

この歪(ひず)みを出すために録音した作品では音楽制作ソフトに入っているプラグインを使っているのですが、ライブで演奏するにはパソコンを持って行ってそれをギターのエフェクター代わりにするわけにもいかず、仕方がないので歪(ひず)み系のエフェクターを一つ買うことにしました。その時のお話をしたいと思います。

中野の〇I〇I(丸井)の隣の小さいビルの5階か6階に実は歪(ひず)み系専門のエフェクター屋さんがありまして、そこで今回上の画像のエフェクターを買ったのでした。お店の名前もそのまま「ヒズミ屋」。さすがに東京じゃないとこんな専門店お目にかかれはしないだろうと発見した時は思わず笑ってしまいました。

「ヒズミ屋」さんに入店すると、専門店だけあって所狭しと棚にエフェクターが飾ってあり、ざっとみたところ200~300くらい置いてあるのではなかろうかといった感じで、これすべて試し弾きするのも大変だと思い最初に価格帯を1.5万~3万のものに絞(しぼ)って、ギターを借りて弾いてみました。

それでも50台くらいありまして、50台の中から1台をなかなか選べないだろうと思い、2台ずつ弾き比べ感触の良かった方を残すというトーナメント方式の勝ち抜き戦にして順次試し弾きしていきました。女の子の店員さんも大変だったろうな。(笑)

汗をかきつつ何時間くらい試し弾きしたでしょうか?最後3つ残りまして、どれにしようか迷ったのですが、結局今回のエフェクターにしたのです。ブルーファズという商品らしく、あまり有名なものでもないみたいで、音楽ソフトのプラグインではディストーションを使っていてディストーションを買いに来たはずなのに、なぜか?どういうわけか?ファズになってしまった。

ファズといえばジミ・ヘンドリクッスなのでしょうけど、、、そのジミヘンが使っていたという有名なファズも弾かせてもらったのですが余りにクセが強くてこれは駄目だと思い辞退しました。気づくと外はもう暗くなってて急いで家に帰って夕食をとった思い出があります。

何時間もかけて選んだかいもあって、今も「太陽」を演奏する時は必ずこのエフェクターを使って延々(えんえん)ギターソロをとってます。

私は歪(ひず)み系ギタリストなのです。(笑)

いつもライブの最後に弾きまくるのですが、この「太陽」のイントロがかかり出すと、”ディープパープル~。”とか”パープルだ、パープルだ~、”とかチャチャを入れられたりします。これは馬鹿にされているのでしょうか?それとも誉(ほ)め言葉なのでしょうか?

気にせず今月もライブやります。8/9(金)夜8時より大久保水族館 料金1500円(本来お店の料金は1ドリンク付き1000円です。500円はYUKIO音楽チャージ料金として私本人にお渡しください。ご理解の上ご来店ください。)

ただ今回はこの曲やりません。次回やります。やりませんがおもしろい曲たくさんやってますよ!お待ち申し上げております。音楽配信

チェッカーボードの帰り道

チェッカーボードからの帰り道 JR中央線高架下

昨夜はチェッカーボード(阿佐ヶ谷のブルースライブバー)でライブだった。今回は4組の出演で1番目ということで夜7時30分から40分ほど唄ってきた。他の3組は有名な黒人ブルースやジャズのカバーをやっている人達で前に何度か一緒になったような気がするが、ほとんど会話もしないのでどうだったかは定かでない。

お客さんは相変わらずいない。忌野清志郎が自分の音楽を人気がとれないマイナーなブルース音楽と言っていたがその通りなのかもしれない。しかし清志郎が死んだ時、あれほど葬儀場の前にファンが列を成して悲しんだのも事実。ブルースはマイナーな音楽かもしれないが音楽の力(ちから)はすごいものだと未(いま)だに信じて唄ってる。

今回はいつもと違ってギターソロを入れてみることだった。大久保水族館というライブバーで演奏する時はカラオケをバックに唄って間奏にギターソロを入れているのだが、今回は間奏にカラオケが無いのでギターソロ1本でお客さんに聴いてもらうことになる。心配だったがやってみた。結果は、まぁ良くもあるし悪くもある。

バックにハーモニーが流れてないので、他人(ひと)が聴いてくれるかな?と心配したが録音したものを聴いてみると意外に普通に聴ける。ただチェッカーボードで演奏するようになって創った”アーモンド”というブルース調の曲の間奏がギターソロだけだと小節が数えられなくなって一体どこ弾いているのかわからなくなってしまうという前からの疑問点が解決されていない。ここをなんとかしないと。

今回の演奏メニューは1.アーモンド、2.タクシードライバーはAチューニング、3.ボクはモグラ、4.答え、5.間違ってない、6.太陽、というもので、動画も撮ったのだが照明の光が自分の後ろから出たり入ったりしてどうも気になって仕方がない、演奏も結構タイミングがずれていたりなんかしてよくない。”間違ってない”という曲は前回上手く唄えなくて今回あらためて唄ってみたのだが4回繰り返すところ5回繰り返してしまったりしている。色々(いろいろ)あるが、後日まとめてyoutubeにアップしてみようと思う。

ライブ=生きてる、ことに間違いなんてないと思っている。自分の行動には何か意味があるのだ。行動には無駄なものは無い。遠回りには遠回りの意味がある。明日を信じてまた唄うだけだ。ライブ聴きに来ませんか。

あなたに出会えることを夢みて。

音楽配信