本屋とYUKIO音楽

本屋が好きだ。スマホやパソコンを眺(なが)めているより本や新聞を読んでいる方が正直落ち着く。そう思うのは私だけなのだろうか?もはや紙の時代では無くなったと随分前から言われて久しいがいよいよ危なくなって来ている気もする。気はするのだが電子書籍で小説を読みたいとは思わないし、電車の中でニュースや漫画をスマホで読んでる若者を見てるとどうもついて行けない気がして、これが齢(とし)をとったということなのかなとも思ったりもする。

このブログをつくったのもそうした焦りからやったもので、自分が気づかない内に時代が進んでいて、それを取り戻そうとウェブのやり方やインターネットの業界のことを勉強したのだが、結局それも大筋(おおすじ)は本屋で立ち読みしたものだった。

本の中ではわからない具体的にさらに細かいところはグーグルか何かで検索して解決するというやり方なのだ自分は。

本の方が目に優しい。

それに整理もされているので理解するのも早い。なんだか優しいのだ。ネット社会は情報が溢れていて疲れてしまう。一日検索なんかしたりしてパソコンやスマホを見ているとなにか光源を睨(にら)んでいるような気がして本当に息苦しくなる。

ネット業界の勉強をしようと、ネット通販で成功した読書好きの社長さんのメールマガジンをとってみた。ただその社長さんももはや読書は本ではなくてアマゾンのキンドルでするらしく、周りもそれが当たり前のような書き方をしていた。読書をアマゾンのキンドルでか・・・。キンドルが目に優しい設計になっていることは知ってはいるのだが・・・。

その社長さんあたらしい商売をいろいろ考えたり社長としての心構えとかマーケティング方法とかいろいろ手を変え品を変え毎日メールが送られて来て、よくぞ毎日これだけ内容を変えて送って来るなと感心する点も多々あったのだが、アマゾンでセドリをすると儲かるとかの話になってきてちょっと怪しいなと思い始めて、ついには読書の速読会をやっているので参加してみないかと勧誘されとうとうそのメールマガジンを解約してしまった。

その社長さんにとっては読書とは自分の役に立つ情報収集する場なのだ。情報を大量に仕入れるには、効率よく速読した方がお得であるという考え方にネット検索と同じ臭(にお)いを私は感じとってしまい解約したのだった。

情報を仕入れるための読書なんて要(い)らない。

自分にとって本を読むということは何と言おうか心を落ち着かせたいと言おうか・・・、新しい発見や感動が欲しいと言おうか・・・上手く言えないのだが・・・確かに言えることは情報が欲しくて本など読んだことがないということだ。そんな貧乏くさい読書法はご免なのである。

これは読書に限らず自分の音楽もそうで、情報を得て右から左に流すというものではなく、もっとなんと言おうか文化の匂いと言おうか・・・芸術の匂いと言おうか・・・まあ、そんな大げさなものでもないのだが、そんな感じなのである。

なんだ”そんな感じ”とは!?と突っ込まれそうだが上手く説明できないので今回はここまで。(笑)本屋無くならないで欲しいな。自分の仕事にも影響あるし・・・。音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA