令和のSWEET SOUL MUSIC

何年か前に小説の芥川賞に選ばれた作品にコンビニでアルバイトしているストーリーのものがありました。読んではいないのですがテーマとすればすごく面白いなと感心したことを思い出し、今回ここに取り上げようかなと思いました。

やはり今の時代の最先端はコンビニの店員ではないかなとずっと思ってまして、特に最近はどこのコンビニに入っても外国人の店員さんが流暢(りゅうちょう)な日本語を操(あやつ)ってまるで日本人のように対応してくれる姿に出くわすと、ここが一体どこなのか一瞬わからなくなるくらいです。

公共料金の支払いには素早く対応してくれますし、領収書をくれと言うとちゃんとレシートとは別の領収書にハンコを押して渡してくれます。切手をくれと言うと82円のでいいですか?と確認され、なんとかのタバコ2箱とか頼むと50種類くらいあるタバコの棚の中から迷わずすぐに取り出して来てくれます。最後はポイントカードを両手で持って返してきて、”ありがとうございました~。”と多少イントネーションがずれた日本語で挨拶されますが悪い気持ちはしない。(笑)

日本人でもなかなか覚えられないような雑用をすべて覚えてるかの感じで、この人たちスーパーマンかと思ってしまうのは私だけでしょうか?

たぶんこの外国人の人たち、みっちりとお客の接待の仕方を教え込まれお店に派遣されてくるのでしょうが、それにしてもすごい人たちだ。外国語をこれだけ話せて、しかも様々な雑用もこなしてしまう、その国特有の習慣だとかもあるだろうに・・・、それを乗り越えてコンビニのレジに立つわけです。この人たちにとってみれば日本人はみんな外国人なんだろうし、ホームシックにかかって一人アパートで泣いたりする夜もあるのだろうなと思うと大したものだと感心するのです。

やっぱりアウェイで闘ってる人たちをみると人種関係なくつい応援したくなってしまいます。この若者たちが将来自分の国に帰って、日本でのコンビニ経験を活かして活躍するのだろうなと思うと大河ドラマを見ているようでロマンを感じちゃうのは言い過ぎでしょうね。(笑)

こんな外国の彼氏や彼女と一緒に働いてみようかなと私特有の一抹(いちまつ)のあぶない考えが一瞬頭をよぎったりするのですが、自分の能力じゃ絶対に無理と思いとどまっております。めっそうもございません。

そんなコンビニエンスストアですが、最近気づいたのはレジに並ぶお客さんの列の横の棚にはだいたい流行りのスイーツが置かれてあるということです。一番大手のコンビニチェーン店が先日近くにオープンしたので行ってみたところどうも寂し気に感じて、その原因がなんだろう?と思い起こすとスイーツがお店の端(はし)っこに置いてあって目立たないのです。レジに並ぶお客の目に入るところに並べないと駄目だ!と、このお店の店長さんでもないのに思ってしまったのでした。

賑(にぎ)わっているコンビニに入るとなんだかチョコレートの匂いが微(かす)かに漂ってきてついレジの前で余計にスイーツを手に取ってしまうのですが、この匂いも絶対にコンビニ側で計算していると思ってます。コンビニで働く外国人からスイーツの話になっちゃいました。(笑)

昔、学生の頃、RCサクセションの「スイートソウルミュージック」という曲があってよく口ずさんでいました。”SWEET SOUL MUSIC ベッドにしみこんでる お前の匂い(チャ、チャ、チャ、チャ)他の女とは区別がつくさ~”と。ところがある日、それを聴いた同級生に”ベッドにしみこんでるわけないだろ、シーツだ、シーツ。そんなエロい歌詞に勝手に解釈するな!”と突っ込まれた思い出があります。

スイーツが端(はし)っこに置いてあったコンビニでお酒を買ったついでに余計なスイーツも買い込んでしまった帰り道、夜空の下でこの「スイートソウルミュージック」を不思議と口ずさんでました。

”SWEET SOUL MUSIC ♪”

この唄を今夜もがんばる”ありがとうございました~。”と多少イントネーションがずれた日本語で話すコンビニで働いている夢多き外国人のみなさんに捧げたいと思います。

音楽配信

パンク少年だった頃

もうロックを聴かなくなって久しいが実は音楽を聴き始めた若い頃はパンク音楽が大好きだった。タイヤのパンク音ではなくてパンク音楽だ。(笑)今の時代、知らない人もいそうなので簡単に説明しておくと、大人の社会に反逆しようと髪の毛を逆立てボロ衣をまといエレキギターで3コードをかき鳴らすイギリス発祥の若者の音楽だ。

代表的なところで海外ではセックスピストルズやクラッシュ、ジャムといったバンドがあって、日本でもアナーキーというバンドがあったりした。アナーキーのヒット曲で”シティサーファー”というものがあって、”シティサーファー”と歌っているところがよく聴きとれず”チーチーパーパー”と真似たものだった。

生まれてはじめてコンサートに行ったのもパンクバンドのスターリンというバンドだった。(笑)オールスタンディングで髪の毛を逆立てたパンクス達がステージ前で飛び跳ね、ボーカルで歌を歌っている遠藤ミチロウになぜだか唾(つば)を吐きかけ、しまいには後ろで喧嘩(けんか)がはじまっていた。(笑)今となってみれば笑ってしまうが若い頃はこれがロックだと思い、少し大人になったと思えた瞬間だった。(笑)

自分の音楽の始まりも学園祭でパンクバンド風に唄をうたったことだった。当時まだ作曲することに興味がなく作詞だけだったのだが「パンクの詩(うた)」という唄をみなさんの前で披露したのである。歌詞は”パン屋がロックをやるよりも~、米屋がロックをやるよりも~、パンクがロックをやるのが最高だ!”というたわいのないもので、この安直な韻(いん)の踏み方は今でも結構気に入っている。(笑)

反逆の証(あかし)として髪の毛をデップで固めて逆立て、髪染めの知識もなかったので金色のポスターカラーを塗りたくってステージに立って熱唱したのだった。熱唱したのか、がなり立てただけだったのか今となってはわからないが、(笑)あの時の興奮が自分の音楽のすべての始まりのような気がする。

時がたち遠藤ミチロウさんもスターリンを解散して何十年も地道にライブハウスで歌ってこられたが、先日新聞か何かで癌でしばらく休養するとか出ていた。今となってはあのパンクムーブメントは一体何だったのかと不思議に思ったりもする。

最近の風潮として余り世の中を否定するような表現が無くなったような気がする。表に出ないだけなのかもしれないが、肯定的な表現ばかりじゃ息がつまってしかたがない。何を本心を隠して格好のいいことばかりを言ってるんだと思ってしまうのは私だけだろうか?たぶんSNSで除け者(のけもの)扱いをされまいとみなさん気を使っているのだろうと容易に想像できるのだが、テレビのコメンテーターでもあるまいしもっと自由に言いたいこと言おうぜと私が言っても今さらどうしようもない。

若者よ立ち上がれ~と言ったところで立ち上がるはずもなく、今風の流行りとすればもっとお洒落にフェスに行ってキャンプを張ることなのだろうな。(笑)

実は近所にパンクスがモヒカンだとか髪のセットに通う床屋がある。パンクスだけではなく一般の人もカットしてくれるので、料金も安いし2度ほど行ったことがあるのだ。女の社長さんで一人で切り盛りしているらしくパンクスに交じって普通にカットしてもらった。(笑)

カットしながら話しかけられて自分もオリジナルの音楽をやっていると言ったら、どんな音楽なの?と根掘り葉掘り訊かれて曖昧に応えていると、”なんだかボサノバやってる感じがする・・・。”とか言われてしまって、”まぁそんな曲も無きにしも非(あら)ずかな・・・。”とかまたお茶を濁すと、それっきり会話が弾まなくなり気まずい思いをして帰って来た。

余り楽しくなかったのでもう何年もその床屋さんには行かなかったのだが、先日もう私のことを忘れてしまっているだろうと思い久しぶりに行ってみた。しかし会話は一切なし、無言だった。これで初めて気づいたのだ、

パンクスはボサノバが嫌いだってことを・・・。音楽配信

ピカソの音

ピカソは無茶苦茶な絵を描いているわけじゃないでしょうが、なぜだかオークションでもの凄い金額でその絵が落札されたりします。最近はニュースで名前は思い出せませんが海外の正体不明の絵描きさんの落書きが突然日本にあったりしてこれが本物か偽物かで話題になっていました。

この落書きが本物であればみなさん喜んで保存するのでしょうけど、偽物であった場合は誰がこんなところにいたずらの落書きをするんだ!ということですぐに消されることになるはずです。本物であれば何億の価値があり、偽物であればごみ箱行き・・・。オリジナルの音楽を創っていると自負する私としてはこういうニュースを聞くと恐ろしいといいましょうか切ないといいましょうか、何とも言えない気持ちになります。

絵でも音楽でもいいのですが、作品の価値とは一体何なんでしょうか?それは鑑賞した人が基本、自分自身でいいと思って買ったり集めたりするものではないかと私は思ってたりします。有名であれば素晴らしい、無名だと価値が無いと言われているようで、私なんか世の中からとうの昔に抹殺(まっさつ)されそうで怖い。(笑)

有名であることはその作品の質をある程度保証してくれるのかもしれませんが、作品を見ずに有名ということだけで評価をする、特に歳をとってからは私も含めて人間はそうなりがちのような気がします。既存の価値観で物事を評価するからです。

しかし評価される側の、当のピカソや名前を忘れた海外の正体不明の落書きアーティスト本人はそうした既存の価値観を壊したいがために絵を描いて来たのではないでしょうか?私にはそんな気がします。本物はいずれわかるものという言葉で締めくくる頭の良さげな人は大勢いますが、そうしたこと言う人たちは外から責任のない好きなことを言える経済や芸術の評論家や学校の先生たちなのだと思います。

ピカソの名前を知らせずに、ピカソの個展を開くと一体何人集まるというのでしょうか?レッドツェッペリンがツェッペリンをまったく知らない人たちばかりいる街で街頭ライブをやっても人はたぶん集まって来ないでしょう。しかしピカソも正体不明の落書きアーティストもたぶんその0(ゼロ)の地点から這い上がって来ているはずです。

0(ゼロ)の地点から這い上がる権利は誰にでもある。

無名のお前が何にもわかっちゃいないくせに好き勝手ほざくなと、後ろ指差されるのでしょうけど、世の中そういう風に動いていると私は思ってます。音楽配信

オリジナル音楽の売り方

最近は時間がないものだから何も考えず好き勝手このブログを書いている。これじゃいけない、もうすこし他人(ひと)にもわかりやすいネタでと思うのだがそのネタを考える暇も無い。(笑)自分のことばかり主張しているような気がしてどうもよろしくない。もう少し冷静に考えてみよう。

自分はオリジナルの唄をやっている。そしてそのオリジナルの唄を売りたいと考えているがなかなか上手くいかない。商売として音楽制作を考えるならばもっと他人(ひと)が今何を求めているのかとか、何が流行っているとかそこら辺を取り入れたりしなければいけないのだが自分はやってない。(笑)

なぜやってないかと言われれば、それはやはり自分はスタジオミュージシャンではないのだ。どんな曲でもこなせて誰とでもセッションできるミュージシャンを端(はな)から目指していない。基本自分の曲をやりたいだけである。

自分の気持ちを届けたいのだ。楽器の上手い下手はほとんど興味がなく曲の構造に関心が惹きつけられる。

グーグル検索して最初のページに出て来るのはほとんどがその検索した人の役に立つハウツーものだったり、ユーチューブで閲覧回数が多いのもやはりギターの弾き方や料理の仕方といったもので、そうしたやり方をしないといけないのだろうが自分はできないのである。

他人(ひと)の役に立つ情報をアップするのではなく、自分の主観をアップしている。(笑)こんなことをして商売成り立たせているのは有名な芸能人だけだ。(笑)

しかしなにか方法があるはず。まだ気づいてないやり方が。どこかにきっとある。音楽配信