パンツを買わない男

このブログでここ何回か、自分が着の身着のまま人間であることを白状してしまった。ミュージシャンの姿としては、あってはならないことなのだが実はそうなのだ。笑 自分の洋服を買ったことは、学生の頃は友達にそうしたファッション関連の仕事をしたいという奴がいて多少あったのだが、世の中に出てからは数えるほどしかない。情けない。笑 

友達にそうした奴がいたので、洋服関連の知識もそれなりにあったりして、森英恵のビルでプレタポルテだったかオートクチュールだったかファッションショーも生で見たこともある。ジャン・ポール・ゴルチェくらいは知っている。古いか?笑 阿佐ヶ谷駅に入っているユニクロの店内をいつも通るのだが、ユニクロで買い物したことすら無い。笑

毎週散歩に行く、中野ブロードウエィの中に入っている時計屋さんに飾ってある高級時計を眺めても、大きい時計だな~、腕にはめて重たくないのかな~?みんな金持ってるな~、と感心するのだが、不思議と欲しいとは思わない。笑

確か洋服を一番最後に買ったのは、数年前「藤の花」という動画を創ろうとした時に、紫色の砂を使って”藤”という一文字を作るのに合わせて、動画のイメージを統一しようと紫色のシャツをアマゾンで買ったのが最後だったように思う。その先を思い出すと・・・、何十年前になるのか、展示会か何かで、縫い目がどこかほつれたりした商品にならない、いわゆる、いわくつきのトレーナーを千円くらいで安く買ったはずだ。。。そのトレーナー、いまだに着たりしている。笑

十年以上前になるが、その当時よく飲みに行っていた取引先の人に飲み屋で、自分はほとんど洋服に興味が無くて、自身の着る服すら買ったことが無いということを今回と同じように告白すると、ものすごく驚かれた記憶がある。

”エッ、マジっすか?そんな人はじめて見た。”と驚愕(きょうがく)の表情を顔に浮かべられ、”じゃあ、自分のパンツすら買わないの!?”と問い詰められてしまった。笑 ”下着のパンツのこと?そんな下着のパンツを買ったのは、もう子供の頃以来覚えが無いですよ・・・。”と答えると、相当こいつは変わり者だな~という軽蔑のまなざしを投げかけて来る。笑 ”じゃあ、誰にパンツを買ってもらっているのよ~?”と、どうやら芋焼酎の飲み過ぎで酒が体に回っ来た、ほろ酔い気分の相手からさらに突っ込まれたのだった。

その晩、素直にその相手には答えたのだが。今回はこのブログの読者の想像にまかせてみることにしよう。笑 読者なんていないのにねぇ。そう私は、

自分のパンツを買わない男なのである。

「藤の花」バージョン2

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴できます。

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA