答えは自分の心の中にある-食事をしようセレナーデ-

ここ3回ほど、自分が何を考え、感じたりしてオリジナルの音楽を制作して来たか、本格的に語ってしまった。(笑)こうなれば、もう1回くらい書いてもいいかと思い、次、どの曲にしよう?と頭の中を整理して、そうか!「食事をしようセレナーデ」という曲の構造を紹介しようと企んだのだったが、あらためて鍵盤の前に座ってこの曲を検証してみると、前から思っていたのだが自分自身もよくわからない点が多々あることに気づいた。(笑)

違う、もっと簡単な曲の説明をしようかなとも思ったのだが、音楽というのは、学校の成績というものでは無いと言おうか、理屈ではなく、そこに正解は無い!悩んでいる自分がいるだけで、そうした自分の正直な姿をさらすことが、やっぱり一番、自分の曲を聴いてもらう動機(どうき)づけになるのではなかろうかと思い至ったのであった。

前回語ったように、ローリングストーンズのキースリチャードのように100%自分が理解できる音楽しかやらないのと同じように、美空ひばりが昔、唄った「リンゴ追分」の曲の途中でいきなりわけのわからない奇数小節が飛び出して来るのも、また同じ音楽なのだから。

頭の中で、まず最初にこの「食事をしようセレナーデ」を音楽的に説明しようと考えた要因はツーファイブ・ツーファイブだった。ツーファイブをまず説明しなければいけないと思う。ツーファイブとは、調性音楽の西洋音楽で一般的な進行であり、最も原点になっている進行、Ⅳ(サブドミナント)→Ⅴ7(ドミナント)→Ⅰ(トニック)のⅣ(サブドミナント)にベースのⅡの音を追加した進行で、Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰで、このⅡとⅤを取り、ツーファイブと呼ばれるジャズの最も基本進行となっている。

(楽器を演奏しない人や、ジャズに興味ない人ゴメンナサイ!今回もちょっと難しい話になってしまいました。これを最後に、しばらくはもう少し楽しい話をしようと思ってます。笑)

黒人にとってみれば、Ⅳ→Ⅴ7→Ⅰと行くよりもⅡm7→Ⅴ7→Ⅰと行った方が、自分の耳には自然に聞こえたのかもしれない。(笑)このⅡm7→Ⅴ7がジャズの基本だ。

そんなツーファイブジャズに革命を起こす人間も、ジャズは歴史があるので、出て来たりもする。それがジャズの大作曲家デュークエリントンなのか、その下で働いていた名前を忘れたが下請けの作曲家さんだったのかは詳しくないのでわからないが、どちらかがツーファイブ・ツーファイブという、それまで考えつかないコード進行での曲を創ったのであった。

ツーファイブ・ツーファイブとは名前の通り、ツーファイブとツーファイブを連続して続けるコード進行だ。なんだ!別に並べるだけなら誰でも考えつくじゃないか!と思われるかもしれないが、ツーファイブ・ツーファイブの本質は移調にある。曲の途中で調(スケール)が変わるのだ。こんな発想なかなかできない!頭の中でツーファイブ・ツーファイブと並べることは簡単だが、調(スケール)が移っているのに、さりげに唄うことができる!というのは音楽的には奇跡に近い!!なんで日本人はこういう発想ができないんだ!?とも凡人の私なんかは思ってしまうのだが、(笑)これが音楽というものである。(笑)

「食事をしようセレナーデ」は、このツーファイブ・ツーファイブを真似(まね)したつもりはなかったのだが、コード進行がDm7→G7→Em7→A7(DがⅡ、GがⅤ。EがⅡ、AがⅤ。のツーファイブ・ツーファイブ)になっていて、そこにテンションをかけた形になっている。知人のピアニストに”この曲、ツーファイブ・ツーファイブか!?”と指摘され初めて気づいたのであった。

気づいたのは良かったのだが、このDm7→G7→Em7→A7を自身で分析すると、上記で述べたようなデュークエリントンの曲(サテンドール)のように、調(スケール)が完全に移っていないのだ。どういうことなんだ!?自分が間違えていると思い、サテンドールと同じツーファイブ・ツーファイブの完全な移調で弾いたのだが、どこか違うのである。違う・・・・。この曲で自分が表現したいものではない。こう思ってしまったのであった。

そういえば、この「食事をしようセレナーデ」という曲はどこにキー(調)があるのかもわからないのである。おかしなもので、創った自分がわからないのだ。100%自分が理解できない曲はやらないとおぼしき世界のギタリスト、キースリチャードからは愛想をつかされそうだし、そんな曲を売ってるんじゃない!と、みなさんに怒られてしまいそうだが、自分の中では絶対にいい曲だという確信がある。ただ音楽的に説明できないだけだ。

「食事をしようセレナーデ」本文で音楽的解説をしているので、ここでは歌詞の内容を簡単に説明すると、男の一人暮らし、夜、寂しく窓の外の月をながめながら晩飯を食べ、元彼女との楽しい記憶を思い出すのであった。”なんでこうなってしまったんだ~!?”と、後悔先に立たず!(笑)ただ一人で気ままに食事をするのも楽しいもので、こうしたニュアンスも多少入れてたりします。(笑)

この曲だけでなく、音楽理論(自分が今まで読んで来た理論上のことを言っているだけで、自分が知らないだけなのかもしれないが)上、説明できない自分の曲は多々ある。(笑)いや、たぶん音楽学校に行くと、先生からまず”そこは違っている!正解はこうだ!!”と、手直しされることになるに違いないと思っている。ただ、そんな手直しされた曲を、創った自分が聞いても”この曲はもう死んでいる・・・。”と思うに違いない。

「食事をしようセレナーデ」は頭の中でどうしてもテンションが要ると言っているので、ここまで複雑なテンションを表現するにはピアノで表現するしかないと弾き語りで唄っていたのだが、先日、リズムも入れて、ギターの伴奏も添えたバンドバージョンを完成させたのであった。そのバンドバージョンのギターではサテンドールと同じツーファイブ・ツーファイブの移調スケールで弾いているのだが、ピアノの方は相変わらず微妙にずれたテンションコードの方を弾いていることに今日気づいてしまった。

ただ鍵盤の前で検証してみると、両方重なっていても自分の頭の中では全然おかしくないのである。こちらの方が正しいと信じるしかもう道はないのだ。自分の人生にとって、生きる指標は、考える自分がいて、そんな先生や師匠と呼ばれる人たちから教えを乞うことでは無いのだ。ただ自分の考えが正しいということを客観的に証明できないだけだ。(笑)

そういえば、この「食事をしようセレナーデ」を自分で聴くと、セロニアス・モンクを思い出すのである。世界のジャズピアニストと自分の曲を一緒にしてはいけないのだろうが、モンクは有名になった後でも、音楽学校に通っていたということを本屋で立ち読みして知った。それだけ自分の曲でまだわけがわからないと思っていたところがあったから通っていたに違いない!と想像したのだが、私が大好きな「ラウンドミッドナイト」(モンクの代表曲)という曲は、たぶん彼がそんな音楽学校に行く前にすでに作曲されていたに違いないと信じるのであった。

音楽配信中。「食事をしようセレナ―デ」聴いてみませんか!?「YUKIO PIANO」4曲目です。いい曲です!!気に入ったらお買い上げいかがなものでしょうか?ぜひ!!聴いて下さい。

「食事をしようセレナーデ」ライブ。確か、緊張のため、かなり間違えてピアノを弾いていたと思うのですが、そんなミス・トーンもこの曲の魅力です。相変わらず、下手くそなピアノです。(笑)

キミは#11thを聞けるか!?-ブラボー運命曲-

ローリングストーンズというバンドにキースリチャードというギタリストがいる。もはやこの時代、ローリングストーンズを知らないという人もたくさんいると思うので、簡単に説明すると、50年前ビートルズと人気を2分したライバルバンドで、ビートルズは人気絶頂の中、あっと言う間に解散したのに対して、ローリングストーンズはいまだに現役で走り続ける世界のトップバンドに君臨している。メンバーはみんな80歳ちかいのだろうが、ボーカルのミックジャガーなんかは、新しい奥さんとの間に子供をもうけたというニュースも流れたりして、夜の生活も盛んのようで、衰えを知らないバンドなのだ。(笑)

このストーンズの何百もある曲を、ミックと共に創ってきたのがキースリチャードなのである。私も小さい頃からビートルズというよりも、黒人音楽のノリに近いローリングストーンズの曲の方を好んで聴いていたりして、キースは子供の頃から憧(あこが)れの存在だ。ただ、バンド初期から中期の頃の曲をよく聴いたのだが、それ以降あまり聴かなくなってしまった。なんだかワンパターンだからだ。

このワンパターンの黒いロックンロールが良いんじゃないか!と、巷(ちまた)にたくさんいるストーンズ・ファンに怒られてしまいそうだが、やはりストーンズの音楽を愉(たの)しむには、ヒット曲をまとめたベスト盤を聴くのが、私にとっては一番よろしい。(笑)

そんなストーンズに対してというか、キースリチャードに対して前からずっと疑問に思っていたことがある。上の感想と同じなのだが、なんでこんなワンパターンの曲ばかりをやるのだろうか?と。何十年も同じことをやって来て、自分たちは飽きないのかな?と思ったりもして、ミックジャガーの方はストーンズで出来ないことを、ソロの方で発散しているみたいだが、キースの方はソロの方でも一貫してシンプルなブルースやレゲエに影響を受けた曲をやり続けている。ブルースマンと呼ばれる人達は、みんなそうなのかもしれないが・・・。

ただ、もう50年間も世界のトップを走り続けて来たギタリストである。ローリングストーンズがツアーを組めば、世界でどれくらいのお金が動くのか想像すらできない、ものすごいプレッシャーの中で生きて来た人なので、頭が悪いはずがない!もっと今風の派手な曲をやってもいいのに!と、思うのだが、やらない。(笑)add9thなんかいれて、もっと洒落た曲でもやればいいのに!キースくらいの才能であればいくらでも創れるだろうと思うのだが、あいかわらず、黒いロックンロール。(笑)

私が思うに、まず第一に、今まで自分たちの音楽を愛し続けてくれたファンに向けてキースは演奏するのだ。ファンの期待を裏切ってはいけない!ファンに応(こた)えないといけない。それがプロの演奏家たる務めだ!!と。

そして音楽的には、ここからが今回の本題なのだが、キースは自分が100%理解できる音楽しか手を出さないのだ。80%~90%わかっていても、曖昧(あいまい)な部分が少しでも頭にあれば、それはやらない。add9thを加えたコードで、いくらでも曲を創れるのだろうが、完ぺきにその曲を自分の肉体化することができない限りはやらないのだ。自分が100%できると思ったことしかやらないのである。そこが、ローリングストーンズがもう何十年間も世界の現役のトップバンドでい続けられる理由なのだと思う。偉(えら)そうに私の勝手な憶測(おくそく)で述べてしまった。(笑)

そう、ローリングストーンズの曲にはテンションが存在しないのだ。たぶんキースはテンションのことはそれなりにわかっているはずだが、100%確信が持てない限りは、そんな曲は要(い)らないのだ。プロ中のプロの演奏家なのである。

なんでこんなことを語ったかというと、前回テンションコードの話をしたので、今回、もう少しこのテンションについて掘り下げて行こうと思ったのであった。

コードにテンションをつけると、つけないとでは、音楽の世界がまるっきり違ってきて、亡くなってしまった、日本のカリスマ・ロックンローラー、忌野清志郎(いまわのきよしろう)も、売れない若い頃は9thやディミニッシュなんかを使った曲を創っていたのだが、さっぱり売れなくて、テンションを使うのは止(や)めてしまったと自伝で語っていた。それほど、テンション1つを入れることによって、曲の中の構造が複雑に動くようになって来るのだ。

自分はテンションのことをわかっているというつもりは更々(さらさら)無いのだが、いままで創った曲にはテンションコードがついた曲がざらにある。なんでそんな難しいコードをつけるのかと問われても、そう聞こえて来たから仕方がないじゃないか~!と言うほかなく、意識的に曲を難しくしようという気もないのである。できれば簡潔に!と言おうか、できる限り簡潔に!にしようと思って、余計な贅肉(ぜいにく)を削(けず)りに、削って、この様(ざま)である。(笑)テンションには苦労を散々(さんざん)かけられてきた。(笑)

そんな私が語る、前回に続いてのテンション話にお付き合い願いたい。(笑)前回は「銀座モード」というオリジナルソングを紹介したが、今回は「ブラボー運命曲」というピアノ弾き語り作品「YUKIO PIANO」7曲目に入っている唄だ。

「銀座モード」の回では、9th,11th,13thという音を含むテンションコードを紹介したのだが、実はテンションの種類はまだ他にもあって、この9th,11th,13thに♭(フラット)や♯(シャープ)をつけた♭9th,#9th,#11th,♭13thという別のテンション音がある。こうしたテンション音をオルタードテンションと言って、オルタードテンションばかりを使ったオルタードスケールなんてものまで音楽理論上では存在する。また、ややこしくなってきたな~。(笑)

自分の曲の中には、このオルタードテンションを使った曲もあったりするのだが、さすがにオルタードスケールを使う曲は無い。(笑)ジャズの中にはあるのだろうけど、一度、オルタードスケールを使った歌ものにお目にかかってみたいとは思っている。(笑)

今回紹介する「ブラボー運命曲」は、このオルタードテンション#11thを使った曲なのである。と言おうか、#11thを使わないと唄が成立しないと言ってしまった方がいいかもしれない。

他人(ひと)のウエブから無断で取って来てしまったが、上の図がキーがC(ハ長調)でのテンション早見表である。この表を拝借した”ベースの初心者”さんのウエブとてもわかり易いのでみなさんも見て下さいね!!ベース弾きたい方はぜひ!こちらになります。https://bass-beginner.com/index.html


この曲のヒントになったのは、Pファンクと言われている独特のファンクのリズムをもったパーラメントというバンドの曲で、もう曲名を忘れてしまったが、当時どっぷりとハマっていてよく聴いたのだった。ベースラインが独特で、「ブラボー運命曲」の方でも、確か同じベースラインを使っている。

ただ私の「ブラボー運命曲」の方ではそのベースライン(3音しか無いのだが)と唄がユニゾン、要は、唄とベースが同じメロディーになっていて、このままでは余りに奇妙で曲としては成立しないのだが、この#11thが奇跡を起こすのである。(笑)

当時、ピアノで弾いて、間違った音を出してしまったと思い、この#11thの音を弾かないようにしていたのだが、この音を省略すると完全に曲が崩壊してしまうのである。(9、13)thコード上での、ユニゾンの唄とベースが気持ち悪い。(笑)

何年もこの唄を封印(ふういん)してきたのだが、心を澄(す)ますと、やはりこの#11thの音を入れることにより、ベースラインも自然に動くようになることに気づき、なんとかこの曲を完成させることができたのであった。本当に、この曲を完成させるまで、何度溺(おぼ)れそうになったことか!!(笑)他の曲もそうだけどな・・・。(笑)

#11thは不協ではない!!

こう気づいてしまったのであった。(笑)

#11thの音は上の早見表を見てもらえばわかるように、そのコードのルートから3全音で、トライトーンの音でもある。”トライトーン”を検索してみるとウイキペディアでは”悪魔の音”であり、不協和音の中でも最も響きの悪い不快なものとされ、積極的に使われるようになったのはバロック期以降と書いてある。また♭(フラット)5thの音でもあり、黒人ブルースを演奏するブルーノートスケールでもこの音は外せない音でもある。

そういえば、ローリングストーンズの代表曲で”悪魔を憐れむ歌”というヒット曲があった。キースリチャードはこの曲で♭(フラット)5thの音を鳴らしているのだろうか?自分は耳が悪いのでよくわからない。(笑)

けど、自分はこのブログを最後まで読んでくれているキミに向かって自信をもって問(と)うことができる、

キミは#11thを聞けるか!?

と。(笑)

ブラボー運命曲」-“YUKIO PIANO”7曲目。音楽配信中です。ぜひ気に入ったらお買い上げいかがなものでしょうか?

「ブラボー運命曲」ダイジェスト

黒鍵弾きのゴーシュ

さて、前回は久しぶりに自分の音楽(YUKIO音楽)を本格的に自己解説してしまったが、今回もう1本くらい書いておこう。不器用で楽器も上手くないし、譜面も読めないけど、馬鹿(ばか)じゃないぞ!(笑)何も考えずに曲を創って来たわけじゃないことを証明しないといけない。(笑)

今回、解説しようと思うのは「銀座モード」という曲だ。15曲入りギター弾き語り作品”YUKIO”の最後から2番目に入っている唄で、このブログでも前に簡単にこの曲の成り立ちとかを説明したこともあったと記憶しているが、今回音楽的に、もう少し掘り下げて説明しようと思う。

まず、この曲を創ろうとした動機をあらためてもう一度、振(ふ)り返(かえ)ると、若い頃、昔(笑)、横浜のジャズバーで友達と飲んでいた時に、店内のBGMでかかっていた曲が変に耳に残ってしまい、「この曲いいね!何て曲なのかな!?」と、つぶやいたところ、ジャズに詳しい友達が「銀座モードだよ、銀座モード!」と教えてくれたので、「そうか!日本人でもこんな素敵な曲を創れるんだ!」と妙に感動すると、友達が「何を馬鹿(ばか)なこと言ってるんだ!この曲は外国の曲だ、アメリカの!」と突っ込まれてしまい、「だって銀座モードっていう曲名なんだから、日本の曲じゃないのかよ!」と。切り返したのだが、「銀座モードじゃなくて、インザムード。グレン・ミラーの有名なジャズの※ビッグバンドが演奏しているスタンダード曲だよ!」と呆(あき)れ顔されてしまったのがきっかけだった。(笑)

※ビックバンド-大人数編成によるアンサンブル形態のバンド。詳しくはウイキペディア

なんだよ~、日本人の曲じゃないのかよ~、、、と思い、だったら自分で日本語のビッグバンド風のオリジナル曲を創ってやれと思い立ったのであった。帰りの電車の中で、”銀座モードにのって・・・”と最初のメロディーが思い立ち、家に帰って、当時、生ピアノが置いてあったので、酔いの醒(さ)めぬまま、鍵盤に向かって、そのメロディーを確めたのが、この曲のすべての始まりである。

時が過ぎて、30年。ようやくその完成形を、自分は耳にすることができた。ところどころでむずかしくて、何度諦(あきら)めようとしたことか・・・。その葛藤(かっとう)を今回語りたい。

その当時、家にあった生ピアノで確かめたメロディーというのは、実はすべて黒鍵(こっけん)だけで動くものであった。

黒鍵メロディー・・・

これをどう料理するのか?その当時、若い自分にはわからなかったので、後回しにしたのだが、黒鍵のメロディーと共にどうしてもこの曲の成り立ちでこだわったのはトニックのルートから見た6度(6th)あるいは13度(13th)の音だった。

ここから音楽的な解説をしたいと思う。(笑)

この曲のキーはG♭で黒鍵メロディーなのだ。G♭(♭ソ)からはじまる黒鍵をみると♭ソ、♭ラ、♭シ、♭レ、♭ミとなり、音程の度数を見ると、1、2、3,5、6となる。これが何を意味するかと言うと、4と7が抜けた音階なのである。所謂(いわゆる)、ヨナ抜き音階という奴だ。ではヨナ抜き音階というのはどういうものであるかと簡単に説明すると、要は、我々、日本人が古来から持っている、日本人が大好きな音階なのである。歌謡曲の演歌というのは、西洋の音楽技法上でヨナ抜き音階を歌ったものだと、乱暴な言い方をすればできるとも思う。

あるいは、向こうのクラシック音楽家の人たちからは黒鍵弾きというのは、中国音階と言われていたりもする。20世紀の音楽に最も影響を与えたと言われているストラビンスキーも元々は中央アジア出身なので、好んで黒鍵音階を使ったとか、何かのテレビでやっていた。また、谷村新司(たにむらしんじ。日本の有名歌手)の代表曲の「昴(すばる)」という曲も、中国でやたらと人気がある曲らしく、「昴(すばる)」も黒鍵だけのメロディーになっていると本人自身が語っていた。谷村新司が中国の音楽学校の校長先生になれるわけだ。(笑)ヨナ抜き音階というのは、東洋人の血が騒ぐ音階と言っていいのだ。西洋人にとってみれば、日本人も中国人も同じだからね。(笑)

ただ、ヨナ抜き黒鍵メロディーを、西洋のビッグバンド風にしないといけない・・・。自分の頭の中に聞こえて来たのは、メロディーと共に4ビートの※ウオーキングベースなのだ。黒鍵を弾くだけでは「昴(すばる)」になってしまう・・・、リズムが裏で刻(きざ)まれる形にしないと、ウオーキングベースが聞こえて来ない・・・。この壁を超えるのに何年もかかってしまったのだった。

※ウオーキングベース-ウォーキングベースは4分音符を使い歩いているようにベースラインを展開させていくジャズでよく使われるものになります。

解決方法はひとつ。すべてを4和音にすることだった。特にトニック上の主和音に♭7度(♭7th)の音を足すことで、魔法がかかったかのように、すべてが解決できた。トニックのルート(♭ソ)から見た♭ミの音は6度(6th)ではなく、13度(13th)の音なのである。この13度(13th)の音が無いと、この曲は死んでしまうのだ。この13度(13th)の音のおかげで、リズムが裏になり、ウオーキングベースが聞こえて来るのだ。

“銀座モード”ピアノ弾き語り版 左手でウオーキングベースを弾いている

ギター弾き語りでは、ウオーキングベースも一緒に弾く技術を持ち合わせていないので、表現できないのだが、ピアノ弾き語りでは左手でウオーキングベースを弾いているので、自分の頭の中に描いた理想に近い形になっている。そのピアノ弾き語りも、♭7度(♭7th)の音、ミなのだが、このミという白鍵(はっけん)一つをのぞいて、すべてこの曲は黒鍵で動くのであった。(ただし、経過音として白鍵が交じるところが1箇所だけある。)

なぜ、こんな芸当ができるかと言うと、この曲のコード進行は、最初G♭7(13)→E♭m7→A♭m7の繰り返しになっているのだが、A♭m7の3度の音、シという音だけは白鍵になるのだが(無視していい)、この音以外は、何にも考えなくて黒鍵を弾いても、すべて、そのコードの※テンションになっているからだ。この「銀座モード」という曲中で、ミという白鍵一つを押さえるだけで、あとは黒鍵どこを弾いても唄えるのである。(笑)ウオーキングベースもコード進行のルートだけ間違えなければ、黒鍵の上(うえ)行(い)ったり、下(した)行(い)ったり、自由に動くのであった。

※テンションコード 説明例-コード表記の中に「9」「11」「13」を含むもので、構成音中の高音部に特定の音が付加されたコードを指してそう呼ばれます。一般的な三和音や四和音に比べ構成音が増えることで響きが複雑になるため、それらの和音が持つ緊張感を総称してテンション(緊張)コードという名称によって分類されています。ちなみに、この”銀座モード”というこの曲のトニックコードはG♭7(13)なのだが13と相性がいい9を足して、G♭7(9,13)というコードで試しで唄うと、あら不思議、中国風に聞こえるのであった。日本の銀座から、中国の北京(ペキン)の下町に一瞬の内にトリップしたような感じになってしまうのだ。(笑)自分は日本人なので、やはり北京ではなくて銀座がいいと思い、テンションの9は外したのであった。(笑)ヨナ抜きは東洋風に聞こえるのである。(笑)

こんな自由な曲ないぞ!

と、思うのだが、誰も聴いてくれない。(笑)

先日、このギター弾き語りとピアノ弾き語りを合わせるような形で、最後、打ち込みなのだが大がかりなホーンセクションも入れてビッグバンド風の「銀座モード」最終形が完成したのであった。おーい!「銀座モード」よ、オマエはこんな形の曲だったのか~!もう何十年もかかって、会いたいと思ってきたが、ようやくオマエに会えたよ!けど死ぬ前に、オマエに出会えてよかった。死んでたら、オマエに出会えることもなかったのだから。。。感無量(かんむりょう)になってしまった。(笑)

ただ、この曲も誰にも聴かれず、自分がお墓に持って行くのだろうけどね。(笑)

けど、生きてる限りは、他人(ひと)に聴いてもらう努力をしなきゃ。アコギの弾き語りしかストリーミングで配信してないですが、聴いてみませんか!?録音したものは、メロディーがヨナ抜き音階なので、思わず美空ひばりになったような気分になり、かなり肩に力が入ってしまった唄い方になっているのですが、いい曲ですよ。気に入ったら買ってみませんか?お待ちしております。おしまい。

音楽配信中 ギター弾き語り”YUKIO”14曲目です。

”銀座モード”フルアコ弾き語り版ライブ