祭囃子(まつりばやし)が聞こえて来る

先日、私の住んでる街はお祭りで大騒ぎだった。今日は暑いがもう夏も終わりだんだん秋の気配が漂ってきた。秋の祭りも都心から順番に西に移動していく。神輿(みこし)を担(かつ)ぐ掛け声が東から西に聞こえるに従って風も冷たくなっていくような気がする。

前に祭りで神輿(みこし)を担ぐのと、山車(だし)を出す地域の境界線がだいたい箱根くらいだと聞いたことがある。箱根の東、関東だと神輿(みこし)で、箱根の西、静岡、名古屋、関西、九州は山車(だし)だという。そう言われてみれば確かに京都だとか大阪の祭りはみんな山車(だし)で練り歩いている。東京は確かに神輿(みこし)だ。この違いは何なのだろうか?

不思議に思うのだが、こうした違いは祭りだけではなくていろいろあるような気がする。昔、新聞で読んだ話でお正月のお雑煮(ぞうに)に入れる餅(もち)の形が日本の東と西で違っているというのだ。西は丸餅、東が角餅で、その境界線が実は関ヶ原にあるという。確かに東京で丸餅など見かけたことがない。

どうでもいいこと話しているな・・・。実は近所のお祭りというのは阿波踊りで神輿ではないのだ。昔はお祭りというのは五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願って催するものだったのだろうが、今のお祭りというのは形だけがイベントとして残っていて不思議な感じがする。特に東京に住んでいると、隣街で沖縄のエイサー祭りだとか、はたまたどこかの街では青森のねぶた祭りなんかもやってたりしてなんでこんなお祭りやってるんだろう?とか思ったりもして、私の田舎の越中八尾の”風の盆”という静かな盆踊りもなぜか中央線沿いの街でやっていたりもする。

私も含めて、車や電車に乗って会社に通い冷房の中で汗ひとつかかずにオフィスワークに励む現代人にとって五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願うという感覚があるのだろうか?ちょっとそこに行けばコンビニがあってなんでも置いてある。

ただ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)はわからないが、自分の体の中に祭りのリズムが備わっていることだけはなんとなくわかる。そう日本的なリズムが。

8ビートだ16ビートだ、シャッフルだスイングだと言っていたとしてもそれはあくまでも勉強した頭で考えたリズムであって、祭りのリズムだけは誤魔化しようがない。自分に生まれ持ったリズム感なのだ。

”火の玉”という曲があって、じつはこの曲阿波踊りのリズム感を参考にしていたりもする。自分の中では日本的な2拍子という考え方で創った唄だ。

もう夏の終わりだ。どこからかまた祭囃子(まつりばやし)が聞こえて来る

音楽配信

音楽は学ぶものじゃない、楽しむもの

こんばんは、YUKIOです。久しぶりでございます。暫(しばら)くぶりに戻って参りました。森の石松でございます。(笑)

ブログを書く暇がありませんでした。めずらしく多少忙しくなりましてバタバタとやっております。もう少し忙しくならないと儲からないのでもう少し忙しく成田空港!ダジャレを言ってる場合じゃない。

このようにして実はこのブログ空いてる時間を使って書いているのですが、時間がありませんでした。今日は多少酔っぱらってる事情もありましてその勢いで書こうと思ってます。

ひっさしぶりに酔っぱらってる時にユーチューブを観ました。最近はもはや自分でやってるくせにユーチューブもフェイスブックも見ませんで、そのほうが気が楽といいますか何のために見ているのかよくわからないので見てなかったのですが、さっき日本の女の子がジミヘンのコピーをやってる動画がちょっと気になってたので久しぶりに他人の動画を見てみました。

私の動画再生回数は1回とか2回とか微々たるものなのですが、その娘の動画の再生回数は何万回か何十万回か凄いものでして比べようがないのですが、見て思ったのはこの娘ただジミヘンをコピーしてるだけで、当然圧倒的なギターテクニックがないと弾けないのですがただコピーしてる。

おもしろくないんだよ~!!

けどこうした動画の再生回数が何万回もあるということはみなさん、みんなコピー人間になりたいのかとフト思ってしまって、このブログを久しぶりに書こうという気になりました。

学校の授業と一緒で有名なコピーをたくさんとればそれは優秀な成績をおさめられるかもしれませんが、音楽に限らずその分野で本当にてっぺんにたっているのはその人たちの他人から何と言われようが微動だにしないオリジナリティー(創造性)のような気がして、学校の成績とは関係がない。

音楽は音を楽しむと書いて音楽と読む。音を学ぶと書いて音楽とは言わない。この娘のやっていることは音学であって音楽ではないような気がする。

音楽は学ぶものじゃない、楽しむものなんだ。(笑)

2019.8.22 酔っ払いを記念して。 音楽配信

ピアニスト、タイピストにあらず

梅雨(つゆ)が明けてから先ほど初めて雨がパラパラと落ちてきた。降ってきたという感じではなかったが、それでも幾分(いくぶん)涼しくなったような気がした。今はもう元に戻って太陽がガンガンと照りつけている。

先ほどまで朝から扇風機をかけて部屋でとある肉体労働していたらもう汗だくになってしまった。ようやく片付いて部屋にクーラーを入れて涼みながらこのブログ書いてる。疲れた。(笑)何書こう?

巷(ちまた)はお盆休みで昨日、一昨日の土曜、日曜日、街からは結構人が消えていて、みなさん帰省や夏の余暇をどこか遠くに行って楽しんでいるのでしょうが、私といったらここ何年かそうしたレジャーにはまったく無縁で、相変わらずこの中央線の狭いエリアの中をあっち行ったりこっち行ったり・・・なんとかしてくれ!こんな愚痴を垂れていても誰か助けてくれるわけでもなく、稼げない人間は節約するしかないのだ。寂しい~!

今年のお盆休みは1週間以上ある長いもので、大企業の人とかはそんなに休みを取れたりするのでしょうか?私の周りの人達はお盆休みというのではなく順番に夏休みを取っていくような感じが最近は多いような気がするのですが、世の中もどんどん変わって行くし、よくわからない!だんだん投げやりになってきた。(笑)

ペンが進まないよ~!ペンなんか使ってないじゃないか、キーボードの指が進まないだけだろうよ。わかったこのネタで行こう!

実は私、ピアノを弾くくせしてパソコンのキーボードではタイプライターを10本の指でカチカチ叩くような感じでは全然できなくて、基本右手と左手の中指1本ずつで交互に打っていくド素人(しろうと)人間なのだ。どうだ今時すごいだろう!馬鹿にしてくれ~!(笑)

ピアニスト、タイピストにあらず。

自分だけかもしれないが。あしからず。音楽配信

真夏の日本語レゲエ

今日も暑い。若い頃は夏によくレゲエを聴いた。レゲエを聴いたというかボブ・マーレーをよく聴いたと言った方がいいかもしれない。レゲエといえばトロピカルなイメージがあるが、歌詞は政治的な意味合いのものも結構あったりしてそんなビーチで聴くような音楽ではないと昔は評論家の人達は物知(ものし)り顔風に言っていたが、やっぱり暑くなるとレゲエが聴きたくなる。雪が降ってる寒い中では聴きたくない。(笑)

だって暑い国で生まれた音楽なんだから、歌詞がどうあろうと暑い時に聴きたくなるというのが筋(すじ)ってものだ。

レゲエというと若い頃ロックばかり聴いてた時期から黒人音楽にどっぷりとハマっていくちょうど過渡期に聴いた音楽だった。バンドでボブ・マーレーの有名な「ノーウーマンノークライ」という曲をやったりして、全然黒くならないので、真似(まね)るよりも、自分にあった身の丈(たけ)の自身の曲を創って唄った方がいいのだとその時感じて今に至っているような気がする。

ただヒップホップが流行って以来、押され気味でなんだか最近あまり街中でも聴くことがなくなってしまった。ボブ・マーレーのように有名な人が出てこなかったというのもあるのかもしれない。

彼の有名曲をいくらコピーしても全然本物っぽくならないので、自分のオリジナル曲でレゲエ調の曲をなんとか創れないかとずっと思っていてできた曲が「立ちっぱなし」という唄だ。

夏の暑い時期に、通りゆく車に排気ガスをかけられ”バカヤロー!”と叫んだかいもなく、無視され車は行ってしまう。虫っけらのような人生だがこんな人生にも意味があるんだよ!(笑)と、要約するとこんな感じの歌詞で笑ってしまうがちゃんとした立派な日本語のレゲエだと思っている。

今度の金曜日のライブで久しぶりにやってみるか?

夜になっても鳴りやまない蝉(せみ)しぐれが聞こえるビルの片隅(かたすみ)。裸足(はだし)で歩くには火傷(やけど)しそうなほど熱くなってるアスファルト。涼むためだけに意味もなく街をぶらつく若者達。みんなどこか暑さでイ・カ・レ・テ・ル。

真夏の熱帯夜。1曲だけだがレゲエを聴きに来ませんか?

8/9(金)夜8時より 大久保水族館 1ドリンク付き 料金1500円(本来お店の料金は1000円です。500円は私専用のミュージックチャージです。来ていただいた場合は500円、私、YUKIO本人に手渡してください。ご了解の上ご来店ください。)音楽配信