鳥たちが応援している。-メシアンの音楽-

今日はいい天気だが、昨日は天気予報だと雪が降るかもしれないということで小雨の降る寒い一日だった。にもかかわらず井の頭公園に行って唄って来てしまった。(笑)案の上、ポツリ私一人だけで他の大道芸人の人たちは誰もいなかった。

これくらいの小雨だと大丈夫だと判断し行ったのだが、公園はいつもと違って当然のごとく人がまばらであった。最近は寒いので唄い始める前にトイレに行くのだが、近くのトイレが工事中で遠くまで行かなければいけないので面倒くさい。

用を足し、唄い始めた。スラスラ、大分(だいぶ)歌詞を体で覚えて来たな。「YUKIO」というアコギ弾き語りの作品に入っている重要な曲の歌詞はほとんど覚えた。歌詞帳を見なくてもなんとなく大丈夫なような気がする。なんとなくじゃ駄目なので確信に変わるまでもう少し唄いこみたい。それと唄に感情表現も少し入れられようになって来た感覚もちょっとあったりなんかもする。やはり唄いこむということは大切だ。

公園では1曲唄い終わると、当然誰かが拍手してくれるわけでもなく、木々の中にいる鳥がざわめく。擬声語を入れて説明したいが、どんな擬声語にしようか上手く想像がつかない。ただ私の中では鳥たちが喜んで”いいぞ~!もっと唄え~!”と応援してくれているものだと感じている。(笑)昨日は小雨でそんな小鳥たちはざわめかなかったが、晴れた日には本当にたくさんの鳥たちが曲が終わると拍手してくれる。これが気持ちいい!いくら唄っても鳥たちが”ヨッ!オレたちの仲間!”と応援してくれる感じで疲れもふっとぶのだ。

昔はよく井の頭公園ではなく近所の善福寺公園に行った。毎朝善福寺公園を散歩した。自称公園好きなのである。(笑)公園の醍醐味(だいごみ)は鳥のさえずりや虫の鳴き声だと思っている。車の音や工事の音を聞いていてもちっとも楽しくない。

実は自分の中ではもうほとんどロックだとかジャズだとか流行歌に興味が無くなっていて現代音楽にだけは食指が動くのだが、その現代音楽の中でメシアンさんというフランスの作曲家がいる。はじめて白状するがメシアンが大好きなのだ。ただもう亡くなってこの世にいなくなって久しいが、いまだにメシアンの音楽というのは評価が定まってないらしい。

メシアンの音楽を聴くと、公園の鳥のさえずりを聞いている感覚に襲われる。何かの書物でメシアン当人がいろいろな鳥の鳴き声を録音機に録ってその波長を分析したという記事があったと記憶しているが、特にメシアンの代表作といえる”トゥーランガリラ交響曲”を聴くとまるで善福寺公園をそのまま散歩している感覚になる。

鳥の鳴き声といってもいろいろな種類の鳥がいるので、その種類ごとに鳴き声が違う。カラスは「カー、カー」、スズメは「チュン、チュン」といった具合か。そうした鳥たちのさまざまなハミングが ”トゥーランガリラ交響曲” から聴こえてくるのだ。

クラシックのコンサートには若い頃学校の授業の一環で何度か行ったことがあるが、モーツァルトやベートーベン系統の音楽だったような気がする。それ以来クラシックコンサートには行っていないのだが、一度でいいから ”トゥーランガリラ交響曲” を生(なま)のコンサートで聴いてみたい。

それとメシアンの作曲技法本も読んでみたかった。誰も買わないので日本では廃刊になっていたのだが、今ネットで調べてみるとamazonとか紀伊国屋でも売っているようだ。残り少なくなった自分の頭にある曲を全部おもてに出してから、じっくりその本を読みたいな。けどその頃もう自分はこの世にいないだろうなぁ。

とりあえずは自分の唄は周りの人間は支持してくれなくとも、森の鳥たちが応援してくれている。そう信じている。鳥たちと歓喜の唄をうたいに来週も井の頭公園に唄いに行くぞ~!(笑)音楽配信

味噌ラーメン屋の夜

先日夜、久しぶりに近所の味噌ラーメン屋さんに行ってきた。家に居場所がなくなると外に出て馴染(なじみ)の店長がいれば世間話(せけんばなし)をしてくるラーメン屋だ。その日店長はいなかった。余りに早い時間帯に行き過ぎたのかもしれない。まだ家族連れのお客さんがいたりして店は混んでいた。夜遅くに行くと、結構この人たちどんな関係なんだろう?といったカップルや仕事上がりかなんかの近所のタクシー会社の運ちゃんがラーメンをすすってたりする。

いつものようにビールだけ先に持ってきてもらって、モヤシをつまみに何週間か前発売のちょっと古い週刊新潮を読み始めた。こうなるともう、いくらお店が混雑していようとも自分のモードに入ってしまい、暫(しばら)くその場でくつろぐことになる。(笑)

スマホが世間に広がって以来、ラーメンや食事の外食の待ち時間をスマホを見て時間をつぶす人たちばかりになったからだろうか、お店のカウンターの下には前は漫画やエロ本やあやしげな週刊誌がごちゃ混ぜになって置いてあったのだが最近は見なくなってしまった。幸(さいわ)いにしてこの味噌ラーメン屋にはかろうじて週刊新潮と大人向けの漫画本とラーメンベスト100とかいう雑誌3冊が置いてある。

ビールをチビチビ飲みながら週刊新潮のページをめくる。もう何を読んだのか忘れた。この手の週刊誌を自分で買ったことは一度もなく、いや、東京に戻る帰りの東海道新幹線の中ではいつも売店で週刊現代を買って柿の種(たね)をポリポリ喰いながら缶ビールを飲んで、読んで来たものだ。(笑)

週刊現代の方が巻頭のグラビアが多少エロいのだが、記事の内容は新潮に比べてかなり薄い。たぶん読者層が多少違うのだと思う。現代は30~40代向け、新潮は40~50向けといったような感じか。

いつもこの味噌ラーメン屋で読む週刊新潮の中でお気に入りのページは小泉元総理の秘書だった飯島さんの直近の政治情勢を分析した記事である。飯島さん独自の視線があってつい読んでしまう。前はグーグル日本法人の社長さんだったなんとかさんの記事をいつもモヤシをつつきながら感心して読んでいた。

週刊新潮を読んでいると一人自分の世界に閉じこもるので、周りが見えなくなってしまう。ただこういう時間が自分にとって必要なのだ。気づくと「ラウンドミッドナイト」がかかっていた。モンク(セロニアス・モンク ジャズピアニスト ラウンドミッドナイトの作者)が弾いているものではなくて、誰かがやっているものだ。そんなにジャズに詳しくない私でもわかる。死ぬほどいろいろな人間が「ラウンドミッドナイト」を演奏してると思うのだが、マイルス・デイビス好きの私はマイルスとコルトレーンがやっている「ラウンドミッドナイト」が一番好きだ。

最近のラーメン屋はBGMにジャズがかかっている。ちょっと検索で調べてみたのだが、ジャズをかける理由はそんなに根拠があるわけでもなくてただなんとなくお洒(しゃれ)だからということだけらしい。しかし自分にとっては外食する時にはやはり自身がリラックスする音楽がかかっているお店を無意識の内に選んでいるのかもしれない。そう思ってしまった。

ここの味噌ラーメンも美味(うま)いが、BGMがジャズじゃなくて今の流行歌だったら、これほどまでこのお店に通っただろうか?たぶんそんなこともないような気がして、よく自分が行った外食のお店のBGMに何がかかっていたか思い出してみた。

お昼によく「やよい軒」という和食チェーン店さんに行った。「やよい軒」のBGMはやはりこの味噌ラーメン屋さんと同じモダンジャズだった。朝早くのドトールコーヒー(コーヒーチェーン店)でコーヒーを飲むのが好きだった。ドトールはいつも朝ボサノバ系がかかっている。歯医者の帰りにいつも寄るリトルマーメイドのパン屋(チェーン店)も朝ボサノバがかかっている。癒し系カフェ音楽というらしい。(笑)確かに癒された気分にもなる。

こう見ると自分が外食に行くお店のBGMにはやはり共通点があるように思う。BGMを馬鹿にしてはいけない。ただジャズやボサノバばかりだ。ジャズといってもスイングジャズやビバップ、フュージョンとかいろいろあるのだが、(現にドトールに夕方行くとフュージョンがかかっているような気がする。)自分が聴いて落ち着くのは電気を通してない生楽器のモダンジャズや女性の唄ものなのだ。別に自分はお洒落で格好いい人生を送ってきたつもりはないのだが、こうした音楽を聴くとついくつろいでしまう。

一日の波長もあるのかもしれない、朝から小難しいモダンジャズは聴きたくない。朝は軽くボサノバで聞き流したい。夜暗くなって、お酒が入ってようやくモダンジャズを聴きたくなるのだ。不思議と。

そんなこと考える内(うち)ふと気づくと、店内ではまた違った人間がやっている「ラウンドミッドナイト」がかかっていた。音もいいので天井(てんじょう)にかかっているスピーカーをよく見るとBOSEの結構高そうなやつだった。音にも見えないところでこだわっているのかもしれない。あわてて券を渡していた味噌ラーメンを持ってきてくれと頼み、急いで食べて帰って来た。馴染(なじみ)の店長さんがいないせいか出てきたラーメンはいつもと違って普通盛りだった。こちらの方が歳(とし)をとった自分のお腹(なか)には実は丁度(ちょうど)いい量なのだ。

いつも野菜を山盛りにしてくれて、チャーシューまでおまけしてくれる店長さんの親切心をあらためて感じた夜だった。店長さん元気なのかな?しばらく会ってないな。音楽配信

YUKIOのカバー曲

ホームページやこのブログでの自分の売り文句は、”世界のどこにもないオリジナルソング唄ってます!”ということなのだが、実は他人のカバー曲もやったりするのだ。どうだ、驚いたかい?(笑)オリジナル曲しか唄えないわけじゃないぞ~!

3曲ほど実は唄える。(笑)

ひとつは坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」、ひとつは美空ひばりの「りんご追分」、そしてもうひとつは鶴田浩二の「街のサンドイッチマン」という曲を唄ったりする。

私の曲調とは違う結構古い曲ばかりだが、なぜこうした曲を唄えるようになったかを今回お話したいと思う。

昔、飲み屋での私のライブで、私より年配のとある紳士が偶然飲んでいて、私の曲を聴いて”なかなか良いよ・・・!ライブまた次やるんだったらまた来るよ。”と言ってくれたのだった。ここまでは誰にでもよくある話なのだが、この紳士次のライブに本当に来てくれたのだった。

音楽をやっていると、”良かった!”、”素晴らしかった!”等、美辞麗句の言葉をウンザリするほどよくかけられる。芸能全般がそうなのかもしれないが、本当にそう思っているのかと言ったら勿論そんなわけはなく、挨拶(あいさつ)程度のものなのだ。そうした言葉をかけてくる人たちはみんな悪い人たちで信用しないなんてことはないのだが、どうも自分自身は余りそうした言葉を額面通り受け取ったりする性格ではないのだ。それだからかもしれないが自分にはミュージシャン仲間がいないのだった。(笑)

”次また行くよ!”と楽しそうにいろいろな所で言われたが、また本当に来てくれたのは今までにこの紳士だけだった。口先だけでなく具体的な行動を取ることが現実だと思っている。だからこの紳士に自分の心を開いたのだった。紳士は大酒飲みで、酒の飲み方をよく知っていた。また音楽を志(こころざ)す者を応援し支えようとするファンの心構えというものもよく理解していた。

紳士が来てくれたライブの飲み代は私の分も含めすべて持ってくれたのだった。さらにライブが終わった後にも2次会、3次会にも連れてってくれ、その遊興代も全部向こうで持ってくれた。紳士はカラオケが好きで、よくカラオケスナックで昔の古い唄を唄った。自称歩くジュークボックス、新宿生まれらしく「新宿育ち」という演歌を十八番にしていて、私は隣でよくその曲に合わせてマラカスを振った。また、以前このブログにも書いたように私は余りカラオケが好きでないと説明するのだが、紳士は気にすることも無く ”YUKIOさんも何か唄ってよ!”と催促されるので渋々、私の知っている古い邦楽「上を向いて歩こう」を唄ったのだった。

ライブに誘うと結構来てくれるので、その内この紳士に楽しんでもらいたいと思い、紳士にライブで私の唄を聴いてもらうだけでなく紳士にも唄ってもらおうと企んだのだった。それで紳士も私も知っている二人共通の「上を向いて歩こう」の譜面を買ってきて練習して、ライブで紳士に唄ってもらったのだった。

二人の生演奏はひどいものだった。(笑)

ピアノバーでやったのだが、私のピアノ演奏も間違いだらけで、紳士の方も紳士が得意なフランク永井の「東京ナイトクラブ」や「有楽町で会いましょう」といった曲に比べて「上を向いて歩こう」はちょっと難しいとのことだった。やはり作曲者の中村八大は只者(ただもの)ではない。

演奏もひどいし、あと譜面通りにピアノを弾くのもどうも楽しくない!譜面通りに弾くのであれば自分より上手いやつは世の中にごまんといる。そう思い、だったらもう自分のアレンジで思いっきり演歌を崩してやれと取り組んだのが、子供の頃なぜか印象に残っていた美空ひばりの「りんご追分」だった。

ただ、この紳士に唄ってもらおうと思ってアレンジしたのだが、ライブで紳士がたまたま用事で来れなくなって自分で唄ったら結構ウケてしまって、それ以来この曲を自分のレパートリーの中に入れてしまった。(笑)

紳士とはウッドベースも交えて、3人で一度だけYUKIO流「りんご追分」を唄ってもらった。紳士が言うには”「りんご追分」も難しいよ~、なんでYUKIOさん難しい曲ばかり選んでくるのよ~。」とのことだったので、よし!ではもうすこし簡単な曲にするべし!と思い、これも若い頃友達の家で聴いていたのか聴いていなかったのかよくわからないが、なぜか知っている鶴田浩二の「街のサンドイッチマン」という古~い曲をアレンジしてやれと取り組んだのだった。

「街のサンドイッチマン」のアレンジは苦難を伴った。(笑)そうこうしてる内に、紳士は病(やまい)を患(わずら)い私のライブにも来れなくなった。たまに連絡するのだが、もうお酒は飲んでないらしい。そうだよな、あれだけ深夜遅くまで酒を飲んでカラオケ唄っているといつかは体もどこかおかしくなるよ。

紳士は深夜カラオケスナックからタクシーを使って家に帰るのだが、私の分も呼んでくれそうになるのでいつも断って一人ぽつりと夜道を歩きながら帰って来た。”YUKIOさんはいつもタクシーだけは断るね。”といつも紳士に笑われた。

紳士が酒を飲まなくなってもう何年も会っていない。「街のサンドイッチマン」 のアレンジ完成しましたよ。ちょっと難しいけど、唄ってみませんか!?素面(しらふ)でも大丈夫ですよ!と今度そう書いて来年の年賀状を送ってみようか。

お酒を飲まない紳士と私、二人で会話できたりするのかな?けど、喫茶店かどこかでお茶をすすりながら、ただ空を眺めているだけでもいいような気がする。音楽配信

明日に向かって唄え!

日当たり良好。窓から日差しが眩(まぶ)しいくらいに差し込んで来る。長袖(ながそで)を羽織(はお)っていたのだが脱いでしまい、半袖(はんそで)になっている。

このブログを書くのも久しぶりだ。井の頭公園で休みに唄いに出て以来、時間が取れなくなってしまった。まあ、人気ブロガーになりたいわけでもないのでいいか。今は久しぶりに羽を伸ばしてモニターに向かっている。

何を書くにも今回は井の頭公園での体験を語るしかないのだろうな。ほとんど最近は休みになると1日中、日が暮れそうになるまで唄ってくる。先週は高円寺フェスの路上ライブもあって連続で唄ったりして休み明けには多少声が枯れたが、今はもう戻っている。

50過ぎてる大人のやることじゃないな。と、思いつつもたぶんずっと続けて行くのかもしれない。若い頃、自分の親を見て50代なんてずいぶん分別があって大人の顔をして世の中を語っていたように思うのだが、自分を顧(かえり)みてなんだこの様(ざま)は!?と思ってしまうのであった。

鏡(かがみ)だけを見れば、髪を染めてないので、50代半ばのおじさんがそこにいる。ただ気持ちはなんだろうか、大人の世界に憧(あこが)れていた子供の時のままだ。傍(はた)から観ると白髪だらけのおじさんが公園でわけのわからない唄をうたっているだけで、何のために生きているのか分からないのかもしれないが、自分とすれば幸せなのである。やっぱり自分は唄をうたっていたい。それをかみしめてしまった。

SNSでライブ配信してやろうと思いスマホで撮るのだが、なぜだか5分も持たない内に終了になってしまうので、最近使っている安い専用の小さいカメラで撮って家に帰ってから録画された動画を見たりする。自分の唄のチェックをするためだ。

ギターをジャカジャカ弾くだけなのだが、ギターを弾くことに注意が行ってしまい唄がどうも疎(おろそ)かになっていることに気づいた。自分の唄はあくまでも唄が中心であって、楽器を鳴らして聴かせたいわけではないことを再認識してしまった。たくさん唄うので歌詞帳を載せるために譜面台を立てているのだがやっぱりできるだけ歌詞は覚えて唄った方がいいと思った。井の頭公園で唄っている間に歌詞を全部覚えたいといおうか、体に覚え込ませたい。それがなんとなく自分の幸せ感のような気がする。

今週の土曜も唄いに行く。明日がどうなるかわからない日々が続くが、唄っている時だけはすべてを忘れて唄に集中していたい。音楽配信