安眠(あんみん)ソング

この歳(とし)になると、もう最近は他人(ひと)の音楽をほとんど聴かなくなってきていることを告白しよう。(笑)コロナ前からずっとCDを買っていないし、サブスクのストリーミングサイトで聴くはずもなし。その割には自分の音楽を売ることに執着(しゅうちゃく)ばかりしている。(笑)

自分の音楽情報源というのは、1週間に1回、土曜日午後、音楽喫茶に行ってクラシックを聴くことくらいだ。(笑)これでよく自分の音楽をやっているな。(笑)先月は健康診断があるため、夜お酒を抜いたので風呂上りによくジミヘンを聴いた。もうあまり歌ものとかも聴きたいとは思わなくなってきているのだが、ジミヘンだけはなぜかこの歳(とし)になってもいまだに飽きない。それどころか歳と共に、ジミヘンばかり聴いてしまう自分がいるのであった。(笑)

このノイジーなギタリストの曲と優美なクラシック音楽のシンフォニーとは、なにか共通項があるかと言えば何もなく、(笑)興味があるから聴いているだけの話だ。

今、流行りの音楽に興味がないことはないのだが、疲れてしまって・・・、人生長く生きていると、今流行っているものも、4、5年すればあっという間に忘れられちゃって、次の流行りにみんな飛び移っていくのを何度も目のあたりにしているので、なんだか馬鹿馬鹿しく感じてしまうのだった。

では他人(ひと)の音楽は聴かないのだが、音楽が聴きたいと思った時、最近何を聴いているかと言えば実は自分の曲なのであった。馬鹿だねオレも。(笑)いつも聴いているわけではないのだが、忘れた頃に自分の過去の作品を聴いたりして時間を過ごしたりしている。

そうすると自分の曲にある特長があることに最近は気づき始めた。自分の曲を自身で褒(ほ)めたりするのも馬鹿なので、なるべく客観的に言うのだが、私の曲には眠気(ねむけ)作用がある。(笑)なんだか聴いていると、しらない間(あいだ)に眠りこけてしまうのだ。(笑)

ピアノ室に行って練習する時は録音してきたものを、家に帰って必ず聴くのだが、その時も結構知らないうちに寝てしまうことはままあって、それはいつも昼ご飯を食べたあとに聴くので、原因はご飯にあるものだと思っていた。しかし、最近はご飯を食べていない時でも自分の曲を聴くと、なんだか知らないあいだに寝ちゃっているのである。(笑)

気づいた時には曲が終わっている。(笑)歳(とし)を喰ったからかな?(笑)

原因はメロディーの繰り返しが多いということなのかもしれないが、それはどの曲だって繰り返しをするのであって、繰り返すことが音楽とも言えるのである。繰り返しのない音楽は音楽でない。(笑)

ただ曲が単調なので退屈になって寝てしまうというのとは、ちょっと違っているような気がして、自分の曲の特長なのかなとも最近は思ったりもしている。(笑)

こんな私のオリジナルソング聴いてみませんか?けっこう、気持ち良く熟睡(じゅくすい)できますよ!1曲だけだと短いので、作品を通して聴くことをお勧(すす)めします。

奥さん。安らかな眠りをお届けいたしますよ。

今回は枕メーカーの宣伝みたいな文章になっちゃいました。(笑)

オリジナルソング「感謝」歪み系の曲です。(笑)

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。

荒野(こうや)

窓から暖かい日差しが差し込む休日午後、お昼にカレーを食べたあとコタツでウトウトしてしまった。何をすることもなくパソコンに向かっている。先日、井の頭公園の事務局からメールが来ていた。井の頭公園での路上パフォーマンスを来年度に繰り越すかどうか返事をくれとのことで、一応繰り越しますと送っておいた。

コロナ・パンデミックも日本では多少おさまって来たので、巷(ちまた)ではライブパフォーマンスをはじめエンタメ業界も徐々に前のように動き始めている感じが肌触りでわかる。

井の頭公園の路上パフォーマンスも先月から再開されて、常連の大道芸の人達なんかはもう毎週のようにやっているみたいなのだが、なにせ自分は歌唄いなので声と共に内臓から菌を吐き出すのでまだ自重(じちょう)気味である。今、大声で公園で唄うとどこからか石が飛んで来そうで怖い。(笑)それで来年度に繰り越すことを決めたのだ。

コロナ前まで、毎月定期的にやっていたライブもまだ再開していない。街を歩くと結構ギターケースを背負って歩くおにいさん、おねえさん達を見かけたりもするのだが、まだ自分とすればそんな気になれない。フェイスシールドまでして唄いたくない。(笑)やるからには何か、以前とは違う動機が必要な気がする。

前は儲かりもしないのに、ただ単に希望的観測の上で唄ってばかりいた。考えたつもりでいたが、周りの人たちと同じように流されて自己満足で唄っていただけだ。どうせ客がいないというあきらめの感じが心のどこかにあって、それをずっと変えようとしてきた。しかし方法が見つからない。一番、簡単なのは流行(はや)りに乗ることなのだけれど、流行っているということはそれだけ人もそこに集まるので自然と競争率が高くなり、私のような何の経歴をもっていない人間は真っ先にはじき飛ばされてしまう。

自分が今後進むべき道はどこなのか?道と言ったって、そもそも道なんてどこにもないじゃないか!誰か先人が通ったであろう轍(わだち)すらないだろう!と思ってしまうのである。そう思うとなんだか心が荒(すさ)むと言おうか、見ている周りの風景が荒野(こうや)に感じられたりもするのだが、もともと荒野の中を誰に何を言われようと一人で進んで来たじゃないか!という思いもあって、チクショー、なにかいいアイデアがないかと考えるのだが、現実はいいアイデアなんて一向(いっこう)に無いのである。(笑)

現実はひとつ、ひとつの地味(じみ)な作業の積み重ねしかないのだろう。誰かが自分を見定めてくれるなんてことは無いのである。他人(ひと)を振り向かせる力(ちから)が欲しい。その力(ちから)とは、やはり自分にとっては不思議と音楽なのだ。

毎月1曲ずつ、spotifyなどでストリーミング音楽配信してみようかと考えていたりもしたのだが、やめた。(笑)自分の音楽は、ちょっと気にくわなければ、ポンと曲を飛ばして次の曲に行ってしまえる、そんな今風のストリーミングサービスには合わない。やはり最初、”なんじゃこれは!?”というような感覚なり、違和感を感じたりして、徐々にその曲なり、そのミュージシャンを好きになって行くという聴き方をしてきた自分の音楽には合わないのだ。流行っているって言うだけで、我慢して合わせる必要はないと思ってしまった。自分が納得しない音楽はやらない!という理屈とおなじ理屈だ。(笑)自分が納得しないと思うことは、行動も起こさない!そういうことである。

時代遅れで結構!目の前には荒野(こうや)が広がっているぞ~!!嵐が襲ってくるのか、野獣に喰われそうになるのか、わからないが、後ろを振り向いても荒野だったのだからいい。

今日も荒野に立ち尽くす自分なのである。

オリジナルソング「道」

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。

追悼チック・コリア

本日もいい天気。お昼に眼医者に行ってきました。かなりものもらいが治って来てるのですが完治まであともう少し、目薬が切れる頃に来てくれと言われました。中野から歩いて帰ってきて疲れちゃったので、コタツで横になってみかんを食べたのですが、やることが無くなり、自分の頭の中になんだかこのブログを書かなければいけないなんて、強迫観念(きょうはくかんねん)のようなものまであってりして、、、とうとう今、パソコンに向かったのでした。誰かに言われたわけでもなし、書きたくなければ書かなきゃいいのにね。(笑)

このブログにしろ、ユーチューブ、インスタ、ツイッターのSNSにしろ、なんだかネット上で始めた自分のページを常に更新していくことが辛(つら)い。(笑)こんなことに時間をとられて一体なにが楽しいのだ?前からずっとこんな風に思っていたりして・・・、やはり何をやるにしても継続(けいぞく)させるということは一番重要なことだと思うのですが、人間それがなかなかできない。(笑)大切なことは、経験上楽しくないと続かないということです。

楽しもうと思って、無理してがんばっても続かない。(笑)楽しいからこそ続けられる。私の考え方は基本こうなっていて、根性で何とかしろ!とか体育会系の先輩の人とかに子供の頃何度も言われたりしたことがあるのですが、どうしてもなじめず、こういう人生になってしまったのでした。(笑)

気晴らしに、今回も音楽をかけながらこのブログを書いておりますが、何を聴いてるかって?それはヒ・ミ・ツ・・・なんて言う気はさらさら無くて、(笑)珍しく本日はハービー・ハンコックの”処女航海”を久しぶりに聴いているのでした。先週もビル・エヴァンスを聴いていたしな。ジャズピアノを続けてるな、、、こうなったらチック・コリアかけよう!

かけちゃいました。チック・コリアも先日亡くなってしまって、なんとお悔(く)やみの言葉をかけていいのかわかりませんが、まぁ、会ったことも、話したこともない私からお悔やみなんていらないよ!と天国のチック・コリアから言われてしまいそうですが、残念なことであります。

ちなみに、 ビル・エヴァンス 、 ハービー・ハンコック 、 チック・コリア と3人のジャズピアニストのCDをなんで持っているかと申しますと、みんなマイルス・デイビスのバンドでピアノを弾いていた人達ばかりで、それで格好いいピアノ弾くな~!と思い、その人たち名義の代表的な作品を買ったのでした。

買ったのは良かったのですが、じつはこの3人の人達のジャズピアノ作品、私が想像していたものとはちょっと違っていて、すべてジャズファンにとっては歴史的名盤と言われているものばかりなのですが、私とすれば買った当時、期待外れ的な感じがしたのでした。

歴史的名盤を侮辱(ぶじょく)する気か!と、多くのジャズファンからお𠮟(しか)りを受けてしまいそうですが、私としてはマイルス・デイビスの作品の中での3人のピアノ演奏が好きで、その延長線上のものを期待して買ったのですが、けっこう違っていて、、、そこに戸惑ってしまったのでした。

マイルス・デイビスがいかにこの人達をうまく使っていたか今さらながら畏敬(いけい)の念(ねん)を覚えるのであります。

話がジャズピアノになってしまいましたが、なにも書くことがなかったので、本日はこれで良しとしよう。(笑)

チックさん、あの世でお幸せに!

なんかいいお悔やみの言葉が、思い浮かべられない。。。もう少し適切な言葉があるような気がしますが、

「リターン・ツー・フォーエバー」の最後の曲が終わったということでしょうか。

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。