自分のホームページの変更に3月は時間をとられてしまったが、一区切りつけたので、最近はまた自分の音楽の制作の方に戻ってきた。年末から正月明けにかけて録音した、かつてのギター、ピアノ弾き語りでしか唄ってなかった作品の完成形の今は※2ミックスをしている。

※2ミックス・・・パート毎(ごと)の多数のトラック(マルチトラック音源)をL+Rのステレオ2チャンネルにミックスダウンすること。

30曲近くあって大変なのだが、若い頃からずっと頭の奥底でうごめいてきた得体の知れないものの最終形を目の当たりにしていると言うか、何年もかけて表現できなかったものを歳をとった今ようやく現実世界に形として残せるようになったと言おうか・・・、時間を超えた不思議な感覚がある。

二十歳(ハタチ)そこそこで曲を創った若かりし自分の姿がそこにあって、歌詞なども若いな・・・とも思うのだが、他人にどう思われようと今さら全然気にしない今の自分もいて、この曲たちを唄うために自分はこの世に生まれて来たと思っている。(笑)

今回の録音ではじめて高級録音マイクをレンタルして使ってみたのだが、その影響がミックスをしている今になってようやくわかって来た。前は音楽ソフトに入っているイコライザーやコンプレッサーなど音を装飾するエフェクター系プラグインを色々駆使してわかりもしない感じで使っていたと言おうか、使わざるを得なかったと言おうか、現在の流行歌のすべてがそうしたプラグインの重ねがけで出来上がっていると思うのだが、高級録音マイクで録った音源は、余りプラグインを必要としない。

と言うか、何のためにエフェクターがあるかと言うと、音の不足分を補(おぎな)うために使用するのが本来の目的であり、音そのものが良いと思えば別にエフェクターを使う必要がないのだ。そう思ってしまい、特に唄にかけるエフェクターなどは今回ほとんど使っていない。

プラグイン(エフェクター)を使わないと、音が細くなって古臭い感じになるのだが、もういい。(笑)時代に合わせるつもりももう無い。(笑)だってエフェクトを何もかけない素(す)の唄が一番気持ちよく聞こえるのだもの!

こんな感じになってしまい、今ミックスしている作品は音の質感が今までとはちょっと違って薄い感じになると思う。

正月明けにバックコーラスを入れた時もそうだった。幾重(いくえ)にも重ねて録ってみたのだが、よくよく聞いてみると必要が無い。ハモリがあると派手に聞こえるのだが、形があるだけで意味がない。必要があるところだけにした。

録音された自分の声をはじめて聞いた時を思い出して欲しい。”何!?この変な声?”と誰もが思う。けどそれが一番かけがえのない大切な自分の声なのだ。人生にすれて、自分の声が美声だと思っている歌手やミュージシャンもたくさんいる。しかし私とすれば声にいい声、悪い声など違いなど絶対に無いと思っている。そんなの世間が後から色々な理屈をつけて洗脳した、魅力的な声とはこう言うものだと決めつけた声でしかないはずだ。

この

”何!?この変な声?”

と思った自分の声を最大限に自分らしく相手に聞かせるために、最初リズムを作り、ベースを入れ、礎(いしずえ)を築いた後、鍵盤やギターをその上に乗せて、時間をかけて創り込んで行く。ただし必要ない音はいらない。

できるだけシンプルに。わかりやすく。聞く側に立って。

これが私の音楽制作における信条である。

自分の正直な心の叫びを声に乗せるのだ。

そうすると、”何!?この変な声?”も、魔法がかかったように”何だかいい感じ!?”に聞こえて来たりもするのだ。(笑)

音楽配信中!!

YUKIO PIANO ダイジェスト

凡才(ぼんさい)プログラマー

久しぶりに、このブログに向かってしまった。日曜午前中、とてもいい天気。窓辺からは春らしい日差しが差し込んでいる。桜はもう散ってしまったが、我が家のプランターには、種(たね)をまいた覚えがないのに、なぜだか朝顔の双葉(ふたば)がたくさん出て来ている。もう何年も同じところに朝顔を栽培しているので、昨年の種が落ちて自然と芽が出たらしい。土が痩せているので、はたしてこの芽が大きく育つのかどうか怪しい気がするが、期待もしている。どうかすくすく育ってくれるように。

そう言えば、玄関の横に置いてある梨の木にも緑がいっぱいつきだした。枝の剪定(せんてい)の仕方がわからなくて何にもしてなかったのだが、冬に多少余計だと思うようなところを切ってみた。するとなんだかこの春になって活き活きと葉が伸びて来たような気がする。はじめて買って来た年には病気にもなって、いろいろ薬も与えたのだが、今年は元気に小さくてもいいから実(み)をつけてくれないかな。楽しみにしている。

さて、前回ブログを書いたのは2月の終わりで、今日がもう4月のアタマ。ひと月ほどの間隔が空いてしまった。ブログというものは定期的に書いて行かないと誰も見てくれないらしいのだが、ブロガーになりたいわけでもないので、そんなにこだわりがあるわけでもなく、ほったらかしにしてしまった。更に私にとって一番大切な音楽制作の時間も差し置いて実はほかのことに夢中になってとりかかっていたのだ。

それは私のホームページ、https://yukio.asia/ をもう少し機能させようと思い、ああでもない、こうでもないと手探りで作り変え作業をおこなっていたのだった。その詳細を久しぶりにこのブログで語ってみることにする。

このブログも上記yukio.asiaの一部分で、https://yukio.asia/blog/となっている。ただこのブログはワードプレスという無料のソフトウェアを使って、フォーマットに沿って書いていくだけなのだが、ほかのページは自分自身で作成しているものなのだ。

なぜこうなったかと言うと、まだそんなにスマホが世の中に出回ってない時にホームページを知り合いに頼んで作ってもらったのだが、その内次第にパソコンよりもスマホが普及して行って、パソコンとは別のスマホ用のサイトの方が主流になっていったので、それに対応するために、自分自身で作り直さざるを得なくなってしまったのだ。

当時、スマホでyukio.asiaを見ると、パソコンでみる画面と同じものが映るだけであったのだが、気づくと周りは結構みなさんスマホ対応に切り替えられていて、これに乗り遅れては命取りになると思い、ただ自分の音楽で、業者にお金を払ってまでサイトをスマホ対応にするほど儲かっているわけでも何でもないので、自分でやるしかないと思ったのだった。プログラミングの知識は、サイト上のライブの日時を自分で変更することくらいしかできなくて何にもなく、最初、どこか一つ、肝心なところを変更すれば、一発でスマホ向けのサイトに変わると思い、本屋でそうしたプログラミングの本を立ち読みしていたのだが、段々わかってきたのは、どうやらそんな魔法の方程式のようなものはなく、業者が宣伝文句として簡単にスマホ用に作り変えられると言っているだけだということに気づいてしまった。

それで初めて、※HTML(ウェブサイトをつくるために使用するコンピューター言語。詳しくはウイキペディア)と※CSS(HTMLで作られたページの要素に装飾を与えることができる仕様のひとつ。詳しくはウィキペディア)の入門用のプログラミングの本を買ってきて、その本の中に出ているサンプル例に合わせる形で、自分のホームページyukio.asiaをスマホ用に一から作り直したのだ。確か2年前のお正月3日間くらいかけてやったと思う。その時にこのブログも作ったのだった。

※正確には”HTML”も”CSS”もプログラミング言語では無いらしい。

三日間集中してやったので、パソコンの前で足が寒いのでストーブをつけていたのだが、夢中になってしまい、足の裏を火傷(やけど)してしまい、医者に行くと珍しいところを火傷してるねと笑われてしまった。(笑)

今から考えれば、ブログだけでなくホームページ全体をワードプレスで作り変えればよかったかなと思ったりもするのだが、画像の素材とかも残っていて、フォトショップ(プロ用画像編集ソフト)とか持っているわけでもないので、こうした素材を使ってスマホそしてパソコンにも対応する形だけのサイトを一から自分で作り直したのだった。

タテに長いスマホ画面と横に広いパソコン画面、両方に対応するデザインを※レスポンシブルデザインと言って、これがやっかいなのだ。ワードプレスなどは元々がレスポンシブル対応になっているので、わざわざレイアウトをいじくる必要もないのである。その2年前にやり残していたと思っていたことを、今回ひと月かけてなおしたのであった。

※正確には”レスポンシブ(responsiv)”だと思われます。(笑)

それは、HTMLとCSSだけではできない動的なサイトを作るということであった。動的なサイトとはどういうものなのかというと、要はトップページの上のイメージ画像が映り変わるサイトがどこにでもあると思うが、そうしたものである。私もそれがやりたかったのだ。(笑)ただ、そうした動的サイトを作るには、HTMLとCSSの知識だけではできなくて、※Javaスクリプトというまた別のプログラミングの知識が必要になってきて、時間がなくて2年前は諦めたのだが、いつかは絶対に自分のホームページを動的サイトにしてやる!と思い、2年前の正月以降、ネットの進研ゼミみたいなベネッセの基本プログラミング授業を空いてる時間とかに見ていたりもしたのだが、お酒を飲む方が好きで、そちらに時間をとられ(笑)、なかなかJavaスクリプトの講義のところまで行かず、こんなことやってると、死ぬまで動的ページはつくれない!これでは駄目だ!と思ってしまって(笑)、本屋でJavaスクリプトの入門書を買ってきて、手っ取り早くそれを参照にyukio.asiaを1ヶ月かけて動的ページに作り変えたのだった。(笑)

※Javaスクリプト(Java Script)はプログラミング言語とのこと。プログラミング言語かどうかは、どちらでもいい。私にとっては初めての経験と言うか、難しいのだが、理解しなければいけないもののような気がする・・・。

まず最初に取りかかったのは、前は”音楽”というアイコンをクリックすると、ギター弾き語りページに飛んで行っていたのだが、これはおかしいとずっと思っていて、クリックすると”ギター弾き語り”、”ピアノ弾き語り”、”バンド形態”、”バンド形態”、”バンド形態”と5つのアイコンが下に出て来るようにして、そこから各(かく)私の作品ページに飛んでいく形にした。そして、再度”音楽”アイコンをクリックすると5つのアイコンが閉じるという形式になっている。どんなもんでぃ!えへん。

次にページ上の”YUKIO”の隣にハンバーガーメニューというものを追加してみた。ハンバーガーメニューとはどういうものなのかと言うと、それをクリックすると横からメニュー一覧(いちらん)が現れ、そのサイトの各ページに飛んで行けるというものだ。パソコン画面では無くて、スマホ画面に付いているみたいで、全然今まで気にしたことはなかったのだが、よくよく見ると、みなさんみんな付けてるみたいで、負けじと自分も付けてやった。(笑)ただハンバーガーメニューからはyukio.asiaの音楽サンプルページへ飛ばすことはせずに、直接tunecoreの私の音楽配信ページに飛べるようにした。

tunecoreのページも今は、歌詞も読めるようになっていて、サンプル音源も各曲聴けるようになっているので、ぜひこちらのページも見てください!

そしてハンバーガーメニューの横から出て来るページをつくったことで、日本語、英語、フランス語、スペイン語の各ページをそれぞれはっきりと色分けすることにした。日本語ページは青、英語はオレンジ、フランス語は紫、スペイン語は緑と、イメージを4つに区分し、もう面倒くさかったのだが、がんばってパソコンのアドレス上の横に出て来るファビコンもそれ専用に色分けしたものを作った。

“MOVIE”をクリックするとユーチューブの昔の私の音楽トップページの画面を貼り付けただけのページだったのだが、4つばかり動画に直接飛んで行ける形にした。パソコンだと上2つ、下2つ。スマホだと上から下に4つ並べてみた。レスポンシブルでどうすればできるのだろう?と1日がかりで悩んだりもした。(笑)

最後にメイン、”YUKIO”下の画像をとうとう映り変わらせることに成功した。これまでの動的動作のチャレンジはすべて自分なりに考えて成功してきたのだが、本屋で買って来たJavaスクリプトの入門書には、私がやりたかったスライドメニューとは微妙に違うものが載っていて、ウエブ上で調べてやるしかなくなった。なんとか画像が映り変わるようにはなったのだが、画像が左に寄ってしまい、次、なんとか真ん中にすることができたのだが、最後、スマホ画面にすると、スライド画像だけが横に縮んでいかない・・・。一日がかりで考えたのだが、どうにも解決策が見つからない・・・。このパターンのスライドショーではなくて、違うモノにするしかないかな・・・と思いつつも最後の最後、これで駄目なら諦めようと、※プログラミングの相談サイトに右も左もわからず悩みを上げてみたところ、プロのエンジニアさんなのだと思うがあっという間に解決してくれた。

※プログラミング相談サイトteratailの私が相談したページ。プログラミングがわからない場合はこのteratailを使うといい!とても便利。

自分が悩んだあの時間を返してくれ~!

とも思うのだが、人生とはこんなもの。(笑)世の中にはいろいろな人がいる。この人に出会えてよかった。何回か前のこのブログでも書いたがパソコン修理でわからなくなり、ああでもないこうでもないと悩んだりもしたのだが、今回のプログラミング経験も同じようにたくさんのアタマの冒険をしてきた。結構、ハラハラ、ドキドキ。まだなおしたいところはいっぱいあるのだが、とりあえずしばらくはyukio.asiaはこの形態でいこうと思う。肝心の自分の音楽がおろそかになってはいけない。(笑)ぜっかくなおしたのでホームページ https://yukio.asia 見てね! 上の画像、変わって行くので。ただ12秒間隔にしているので、せっかちな人は待っていられないかもしれない。(笑)画像は足りなかったので10年以上前によく散歩した善福寺公園の風景を入れたりした。

しかし、今年の春から小学校ではプログラミングの授業が始まると言う。どんな授業なのだろう?一緒に受けたい気がするのは私だけだろうか・・・?。小学生レベルの凡才(ぼんさい)プログラマー。

音楽配信中!!聴いてね。

エスプレッソ

昔、博多(はかた)に行った時に名物の屋台(やたい)に入ってみた。街の道路のいたるところに出ていて、基本こうしたお店が嫌いではない人間なので、一番集まっている中洲(なかす)の屋台に入ってみた。

誰もお客さんがいなくて、まだ夕方だった。いつも近所で行く屋台風の飲み屋では知り合いと馬鹿話をして盛り上がるのだが、一人で飲み屋に入るのは久しぶりだった。いかにもどこか外から来た、よそ者姿(すがた)だったからだろうか、お店の人も目の前にお客の自分がいるのに全然話しかけてくれなくて重たい空気になってしまい、一人さみしくチビチビ酒を飲んだのであった。(笑)

その内、暗くなるにつれて並んでいる屋台街にもお客さんが入ってくるようになり、自分もお酒が体に回り始めたので、ようやくその屋台の店主に向けて口を開いたのであった。その会話の中で自分がどこからやって来たのか問われて、東京だと言うと、なんだかすごくかしこまれて、博多は何の楽しみもない街で、いつもホークス(プロ野球チーム)が勝ったか負けたかの話題しか無く、大人も呑んだくれが多い、東京の人間にとってみれば刺激のない街ですよとかなんとか言われて返答に困ってしまった。

東京の人間に思われている・・・。

確かに、もう何十年も東京に住んではいるが、東京で生まれ育ったわけではない。富山の片田舎生まれで、そこで青春時代を過ごして東京に出て来たのである。所謂(いわゆる)昔の言葉で言うと、”おのぼりさん”だ。

いや、東京に住んでますが、出身は富山で、富山の人間からすれば博多なんて大都会で、、、

と、顔から流れ出る汗を拭き拭き、答えたのだが、地方に行くと何度かこういう経験をして来た。

東京の人間というだけで、なんだか格上の人間のように見られるのだ。コロナ禍の現在は逆に、東京の人間は田舎には来るな!と差別されている気もする。(笑)東京はそれほど日本の中では特別の街なのだ。よく考えると、田舎で暮らした年月より、東京に住んでいる年月の方が長くて、自分は東京人だと言っていい気もするが、東京で生まれ育った人間からは、この田舎者(いなかもの)!!と心の底で蔑(さげす)まれているなと思われる経験は何度もしている。

一番の思い出が、エスプレッソコーヒーだ。今でこそ、「スターバックス」というお洒落(しゃれ)なコーヒーチェーン店が日本全国津々浦々(つづうらうら)、すべての都道府県にできたと数年前ニュースで報じられていたが、昔はこんな洒落たコーヒーなんかは田舎に無かった。ホットコーヒーかアイスコーヒー、よくてブレンドかアメリカンで、アメリカンなんて聞いた時には、どんなものかと思ったものだ。それが東京に出て来ると、エスプレッソが美味い、エスプレッソも知らないのか!?という感じで馬鹿にされてしまい、田舎者の自分にとってみれば、エスプレッソコーヒーは想像だにできない都会に出て来た象徴的な飲み物だったのである。(笑)

エスプレッソだけではなく、私の経験でしかないのだが、こちらの子供は紅茶をダージリン以外にも、アールグレイだとかいろいろ知っていて、更にはジャスミン茶なんかも頼んだりなんかして洒落ていた。(笑)スターバックスがあれば今はもうそんな都会と地方間の差は無いのだろうが、そんな田舎者コンプレックスを表現してみたいと思って”おのぼりさん”だった若い頃、創った曲が「ESPRESSO」だ。

エスプレッソを出すようなお洒落なカフェは、なぜだか昔から外にテーブルとイスを出していて、そしていつもそこには外人が英字新聞なんかを読んでいたりなんかする。(笑)今もスターバックスのお店の前には不思議と外人が長い足を組んで座っていて、パリとかに行けば当たり前の風景なのかもしれないが、田舎に暮らしてきた普通の日本人にとってみれば、まだ憧れの光景のようにも見える。隣にはサングラスをかけたお洒落な都会のカップルが楽しそうに会話したりなんかしている。自分が今どこにいるのかわからなくなって来そうなほど都会の幻想的な世界。

けど、そんなカップルや外人たちも他人(ひと)には言えない自分の過去や、さまざまな悩みを抱えながら現実の中で暮らしているのだ。一見、きらびやかには見えるが、家に帰ればイビキをかいて寝てたり、朝のゴミ出しをしたりなんかしているのだろう。「ESPRESSO」の苦味(にがみ)は、人生の苦味(にがみ)のような気がして、大人となった今もピアノ弾き語りでたまに唄ったりしている。

都会のカフェは田舎者のボクには苦過ぎて~♪

と。音楽配信中(歌詞、読めるようになりました)。聴いてみませんか?

YUKIO PIANO ダイジェスト