ファンクの帝王ジェームス・ブラウン氏に捧ぐ

自分でオリジナルの曲つくって何十年、誰にも相手にされず何十年。(笑)しかし、いまだに自分の中じゃ世界のどこにもない曲を創ってると思ってる。オリジナルといっても本当に0(ゼロ)からなんて創れるはずもなく、必ず誰かの影響を受けているものです。今回は私が誰に影響を受けたかすぐにわかってしまう”いちごジャムROSE”という曲を紹介したいと思います。

曲の内容はわけのわかないシュールなものになっていまして、猫のニャンコ1号と2号が登場してきて、いいことしてる最中に邪魔をするなとか唄ったりなんかして、”1号”と”いちご”で韻(いん)を踏んで”いちごジャムろ~ぜ!、いちごジャムろ~ぜ!”と叫んで、録音した作品では”ぜ”のところだけをハモったりもしています。

昔、若い頃住んでたアパートの1階の部屋に夜中、子猫がどこから入って来たのか”ニャー、ニャー”言って私になついてくるので、そこからヒントを得てこの曲を創ったのでした。そういえばあの頃不思議な出来事がいっぱいあって、夜玄関の横の草むらで見ず知らずのおじさんが倒れていて救急車を呼んだこともありましたっけ?

そしてこの曲最大の特長(とくちょう)がコード=和音、進行がひとつしかないということです。普通、歌ものでは3コードといって最低でも三つくらいはコードを使うのですが、この曲はたった一つ。なんでこんな唄が出来たかといいますと、その当時私はアメリカのある黒人歌手の音楽をよく聴いていまして、彼と同じような1コードの曲をつくれないかとずっと思っていて、ようやくできたのがこの曲でした。

彼とは誰だって?そう聞いて驚くなかれ!レディース・アンド・ジェントルマン!じゃじゃじゃーん。彼の名は、キング・オブ・ソウル!ジェ~ムス・ブラ~ウン!!!!!

そう、ジェームス・ブラウン(頭文字だけでJ・Bと呼ばれる)が1コードの曲をよくやってまして、いわゆるファンクミュージックというやつでそれに影響を受けたのです。

もう死んでしまいましたけれど、日本では昔カップヌードルのCMに出ていて”ミソッパ”のオジサンで知られていたり、本場アメリカではソウルの帝王とか、ヒップホップで死ぬほどパクられていたりとかものすごく偉大な人で、私も例に漏(も)れず若い頃多大な影響を受けたのでした。

コンサートにも行ったことがあって、確か代々木かどこかで観ましたが、その時はもう齢(とし)で終わり30分くらいで登場してきて、ちょこっと唄って最後有名なマントショーをやって舞台袖に去っていきましたけど、私なんかは生(なま)のJBのマントショーを見られただけで感動ものでした。

1コードの曲というのは日本語の有名な歌では聴いたことが無く、日本人はたぶんこうしたファンク音楽というのは余り好きではないのかもしれません。しかしJBの音楽の革新性にいまだに時代は追いついてないと思ってます。

JBの誉め言葉ばかり並べてしまいましたが、単に1ファンとしてだけではなく、”いちごジャムROSE”という曲はJBファンクを私なりに消化した唄だと思っています。JBの曲と聴き比べてもらえればわかります。”いちごジャムROSE”と同じ曲は無いですから。ぜひ私なりの日本語ファンク聴いてみませんか?音楽配信

ラーメン屋さんのB.G.M

ラーメンブームといわれここ久しいが、もはやラーメンは日本食なのかもしれない。昔はよくさびれた中華屋さんで食べたような気がするが、いまや東京で50m歩くとどこかのラーメン屋さんにぶつかるほどの勢いだ。

多種多様なお店が乱立して、ラーメンどころかつけ麺屋さんまでここ最近登場してきてブームなんてものじゃないほどの盛り上がり方である。

そんな最近のラーメン屋さんと昔ながらのお店の違いは、店舗がお洒落になっていたりとかいろいろあると思うのだが、音楽をやっている私としては一番気になるところがB.G.Mである。私が好き勝手に分析したところ(笑)

最近のラーメン屋さんのB.G.Mはジャズかビートルズなのだ。

昔は、B.G.Mをかけていないか、かけていても演歌だったような気がする。ラーメンがまだお酒を飲んで酔っ払った後のシメで平らげるものだったのが、ラーメンそのものが外食の主食として家族やデートで楽しめるものに変わったからなのだろうか?

私もそうした今どきのラーメン屋さんにはよく入るのだが、ほとんどがジャズがかかっているかビートルズがかかっている。たぶんジャズやビートルズをかけると売り上げが違ってくるとかそんなデータがあるのではないのかとかんぐったりもしてしまう。

最初に気付いたのは、まだ東京の西荻窪に住んでいた20年前ほどのことで、そのお店ではビートルズがガンガンにかかっていて、店主の好みなのかな?めずらしいなと思っていたところ、駅前の他のお店でもビートルズがかかったいた。なんでローリングストーンズやレッドツェッペリンじゃないんだろう?

そのお店は”ひごもんず”というラーメン屋さんで、とんこつラーメンのかなり有名なお店みたいで、そのお店の名前のカップラーメンが出てたくらいである。

そして内装がお洒落なお店ほどジャズがかかっている。ジャズはやっぱりお洒落な音楽なのかな?

ラーメン屋B.G.M-ビートルズ、ジャズ理論を確かめるべく、ネットでそうした記事がないかと検索したところ、残念ながらそんなこと思っている人はどこにもいなかった。(笑)ただ、ラーメン屋でかかるジャズを4ビートのスイングジャズとモダンジャズに分けて分析している人がいて笑ってしまった。

じつは私のオリジナル曲の中にこうした最近のラーメン屋での不思議に思ってきたことを表現した1曲がある。曲名はそのまま「ひごもんずとビートルズ」。歌詞は

飲んだ帰り ひごもんず♪ なんでかかる ビートルズ♪

しかなく、しかもワンコードで進んでいくという(笑)アバンギャルドな曲だ。ぜひ一度聴いてみてはいかが?

音楽配信